中尾明慶(岡幸助/おかこうすけ)

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」の岡幸助(おかこうすけ)を演じるキャストの中尾明慶(なかおあきよし)さんについて紹介しています。

 

また、まんぷくの中で中尾明慶さんが演じる岡幸助がどんな役を演じるのか。まんぷくの中でどんなところに期待したいのかなども後半に詳しく解説していきます。

 

役どころを少しだけ解説しておくと、岡幸助は萬平(長谷川博己)がひらく会社の従業員という役です。詳しい内容は後半をご覧くださいね。

 

その前に、まずは中尾明慶さんがどんな俳優なのか?これまでにどのような活躍をしてきたのかをドラマや映画などからみていきたいと思います。

 



中尾明慶はどんな俳優なの?

中尾明慶さんはいつまでも若く見える俳優さんですね。子役時代から多くのドラマなどに出演されているので、中尾明慶さんはベテラン俳優といってもいいでしょう。

 

中尾明慶さんは2001年『3年B組金八先生(第6シリーズ)』のチュー役で出演していました。第6シリーズは上戸彩さん演じる生徒が向き合っている「性同一障害」をテーマにしたなかなかハードな内容でしたね。

 

中尾さんはまだ小柄な可愛い中学生の印象が強かったです。2004年ドラマ『WATER BOYS2』では、主演の市原隼人さんとともに男子シンクロ部を支える副部長役を演じました。

 

お母さん思いの優しい高校生でした!爽やかな青春ドラマです。2005年ドラマ『ドラゴン桜』では、双子の弟に劣等感を抱き悩みながらも、東大に合格する高校生を演じています。

 

中尾さんは恋愛ドラマよりも青春ドラマへの出演が目立っています。さらに中尾さんの活躍が目立った作品は、2008年ドラマ『ROOKIES』です。高視聴率で話題となったこのドラマで市原隼人さんと再演されています。

 

中尾さんの金髪モヒカン姿もインパクトがありましたね。鍛えられた体はまさにプロボクサーのようでした。2010年映画『時をかける少女』では主演を仲里依紗さんがつとめ、中尾さんは彼女が70年代に出会う青年役を演じました。

 

この共演がきっかけでお二人は、2013年に結婚を発表されています。時折、幸せそうな写真をSNSに公開するなど、今でもラブラブな様子です!若手実力派俳優と名高い中尾明慶さん。朝ドラ「まんぷく」での活躍も楽しみですね!





まんぷくの岡幸助の見どころ

まんぷくの中で、中尾明慶さんが演じる岡幸助は萬平が起こした会社の従業員になります。戦争前は、別の仕事をしていましたが戦時中に職場がやけ働くところがなくなっていたところに萬平の会社の募集を聞いて入社しました。

 

なので、もともと萬平と仲がよかったとか縁故で入ったというわけではない関係です。そのためか、会社の同僚と喧嘩したりする気性のあらいところがあります。真面目なのですがとてもプライドが高いのです。

 

また、喧嘩っぱやいので警察につかまり会社に迷惑をかけることもあります。見どころとしては、どのように萬平と知り合ったのか。福子(安藤サクラ)とは仲良くやっていけているのか。

 

そういったところが最も気になるところです。そして、ゆくゆくは出世していくタイプの人間なのか。それとも、ずっと出世しないのかといったところも気になるところです。

 

根は、まじめなのでそのあたりを萬平や福子が教育できるのかというのが気になるところです。個人的には、岡幸助のキャストの中尾明慶さんに喧嘩っぱやい役がどうなのかなと思ったりはします。

 

どっちかっていうと、真面目なキャラを演技してきたイメージの方が強いですね。そういった意味では、中尾明慶さんの演技にも期待したいです。注目ですね。



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)