安藤サクラ(今井福子/いまいふくこ)

このページは、第99作品目のNHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」の今井福子(いまいふくこ)役のキャストの安藤サクラ(あんどうさくら)さんについて紹介します。

 

また、「まんぷく」の中で今井福子がどんな役どころで見どころがどこにあるのかなども後半に詳しく解説していきたいと思います。

福子のモデル安藤仁子はどんな人物だったの?

 

少しだけ今井福子について事前に触れておくと、今井福子は主役になります。なので、安藤サクラさんは今回の朝ドラのヒロインになります。

 

詳細な役どころや見どころについては後半をご覧いただけたらと思います。その前に、まずは今回の朝ドラヒロインの安藤サクラさんがどんな女優なのか?

 

これまでに、どういった作品などに出演している女優さんなのかなどから具体的に見ていきます。安藤サクラさんはすでにかなり有名ですので知っている人もいるかもしれません。

 

ただ、知らないって人もいると思いますので・・・まんぷくの今井福子の見どころもありますので最後までお付き合いいただけたらと思います。

 



 

安藤サクラはどんな女優なの?

カンヌ国際映画祭での最高賞であるパルムドールに輝いた映画『万引き家族』が話題ですね。是枝裕和監督は、21年ぶりの日本人受賞者となりました。

 

『万引き家族』は、親の死亡届を出さずに不正に年金を受け取っていた事件が明るみになった社会問題がもととなっています。この作品でリリー・フランキーさんとW主演をされている安藤サクラさん。

 

万引きで生計を立てる一家の母親という複雑な役を演じられています。では、安藤サクラさんはどんな女優さんなのでしょうか?安藤サクラさんのご両親は奥田瑛二さんと安藤和津さん、お姉さんは映画監督の安藤桃子さんです。

 

そして2012年に結婚したご主人は俳優の柄本佑さん。柄本さんも2世俳優さんですね。映画デビューは2007年『風の外側』で、お父さんの奥田瑛二さんが監督をされています。

 

この作品で両親と共演、またお姉さんも助監督として作品に携わっておられます。安藤さんがひときわ存在感を放っていた作品は2009年、園子温監督映画『愛のむきだし』でした。

 

この映画はR-15指定でさらに上映時間が237分と長く、狂気に満ちた作品です。安藤サクラさんは、新興宗教団体の一人で、教祖の右腕となっている壮絶な役柄を演じています。

 

「こんな人がいたら怖すぎるっ!」と誰もが思う演技でした。この作品でヨコハマ映画祭 助演女優賞、高崎映画祭 最優秀新人賞を受賞されています。安藤サクラさんは、邦画での活躍がめざましく、その後もたくさんの賞を受賞されています。

 

特に2013年映画『かぞくのくに』は、在日コリアン2世である監督自身の経験を基に描くフィクション映画です。安藤さんは25年ぶりに帰国する兄を迎える妹を演じています。

 

この作品での演技が評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞と助演女優賞を受賞され、ダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めてのことだったそうです。すごい方ですね!

 

2014年映画『百円の恋』では主演をされました。安藤さんはこの映画で、ひきこもりの自堕落な32歳の女性がボクシングで成長していくものだったので、ストイックな肉体改造を披露しています。

 

女優さんってすごいですね。映画を見るとその体の変化に誰もが驚くそうです!そして第39回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞しています。連続ドラマでは2016年の『ゆとりですがなにか』で初ヒロインを務めました。

 

ゆとり第一世代の女性をリアルに演じていました。高い演技力に視聴者が引き込まれた作品だったそうです。安藤サクラさんは「二世女優」の名前がなくても、十分に実力ある女優さんだということがわかりました。

 

さらに今回の「まんぷく」にヒロインで抜擢されています。朝ドラ史上初30代のヒロインに抜擢されています。国民的女優さんへ確実に近づきますね!どんな演技を見ることができるのか、今後のご活躍が楽しみです。

 




 

まんぷくの今井福子の見どころとは?

安藤サクラさんが「まんぷく」の中で演じる今井福子は主役になります。三姉妹の末っ子で、父親を早くに亡くしているため自分がなんとかしなければという気持ちが強くあります。

 

ただ、普段はおおらかで楽天的な性格です。女学校を卒業後は、母や姉を助けるために職業婦人になります。ホテルで電話交換の仕事につきます。夫の萬平(長谷川博己)とは偶然にも運命的に出会います。

 

最初は、結婚を考えていなかった福子だったが萬平の押しに、ここまで想ってくれるのであればと結婚を決意します。どんどん新しい事業を行って失敗する萬平に最初はなにも言わない妻でした。

 

しかし、やがては強い女性になり夫を支え引っ張っていく関係に変化していきます。見どころとしては、主人公なのでたくさんあるのですがやはり一番は萬平との出会いになりますね。

 

どのように出会って、どんなアプローチを受けるのか。その辺りが最も気になるところです。また、夫が事業に失敗したときにどんな対応をするのかというのも気になるところです。

 

福子は、安藤仁子(まさこ)さんをモチーフに描かれていますが、夫の安藤百福さんと異なりどんな人物であったのかあまり資料が残っていません。そのため、脚本家の福田靖さんがどのように描くのか。

 

ヒロインのキャストをつとめる安藤サクラさんがどのような演技をしてくれるのかなどにも注目ですね。30代初の朝ドラヒロインなので、その演技力に期待したいです。

 



 

関連記事

福子のモデル安藤仁子はどんな人物だったの?

萬平のモデル安藤百福の人生まとめ!

長谷川博己(立花萬平/たちばなまんぺい)



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です