MENU

桐谷健太(世良勝夫/せらかつお)

桐谷健太

 

このページは、NHKの連続テレビ小説「まんぷく」の世良勝夫(せらかつお)を演じるキャストの桐谷健太(きりたにけんた)さんについて紹介いたします。

 

 

 

また、桐谷健太さんが演じる世良勝夫はどんな役で「まんぷく」の中でどんな見どころがあるのか等も後半に詳しくみていこうと思います。

 

 

 

少しだけ先に解説しておくと、商社を経営している人物として萬平(長谷川博己)と出会い、その才能に目をつける人物になります。

 

 

 

詳細は後半をご覧ください。その前に、まずは桐谷健太さんがどんな俳優なのか?これまでどんな作品に出演したのかなどをみていきます。

 

 

 

 

 

 

桐谷健太はどんな俳優なの?

 

auの人気CM、三太郎シリーズの浦ちゃんとしておなじみの桐谷健太さん。浦島太郎名義で配信したオリジナルソング『海の声』でもおなじみですよね。

 

 

 

海の声で、『第58回日本レコード大賞』優秀作品賞を受賞し、第67回NHK紅白歌合戦に出場を果たすなど、歌唱力も素晴らしい方ですね。

 

 

 

三線の演奏もご自身でされるなど多才な俳優さんです。さらに2015年、2016年と2年連続で『CMタレント好感度ランキング』の男性部門で第1位を獲得されています!

 

 

 

桐谷さんは幼少のころにすでに俳優を志していたそうです。高校卒業後に上京し、養成所やモデル事務所を経て、現在の事務所に所属しています。

 

 

 

2002年ドラマ『九龍で会いましょう』で俳優デビュー後、多数の作品に出演されています。その中でも桐谷さんの知名度を上げた作品は2008年ドラマ『ROOKIES』ではないでしょうか。

 

 

 

このドラマは新人教師と学園の不良生徒たちが野球を通して繰り広げる熱い青春を描いたストーリーで原作は少年漫画です。

 

 

 

人気若手俳優がたくさんキャスティングされている中、桐谷さんは“平塚平”という憎めないキャラを演じました。2009年に映画にもなりましたね!

 

 

 

原作が漫画といえば、2009年『JIN-仁-』にも出演しています。大沢たかおさん演じる仁の下で経験を積む医師、佐分利祐輔を演じました。

 

 

 

桐谷健太さんはさらに2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』で池内蔵太役を演じ、幅広い年齢層にも知名度を広げています。

 

 

誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」をドラマ化した2010年ドラマ『ストロベリーナイト』では、竹内結子さん演じる姫川のもとで命を落としてしまう刑事を演じていました。

 

 

 

桐谷さんはデビュー当時、竹内結子さん主演の人気ドラマ『ランチの女王』にゲスト的に出演していたことがあります。映画初主演は2007年『GROW 愚郎』の村上敦役です。

 

 

 

同年映画『クローズZERO』で、辰川時生役を演じています。この作品には小栗旬さん、山田孝之さんも出演しています。『ROOKIES』桐谷さんは不良役で知名度を上げていますね。

 

 

 

2010年映画『ソラニン』では本格的なドラム演奏を披露し、同年映画『BECK』ではラップヴォーカルを披露しています。多才な方ですね!

 

 

桐谷さんは純愛ドラマや、サスペンスドラマでも活躍していますので、どんな役柄もこなす俳優さんとして着実にキャリアを積まれていることがわかります。

 

 

また、ナレーションやドキュメンタリー番組のナビゲーターを務めるなど、活躍の場も広げられていますね。今回の「まんぷく」でもその演技に期待したいですね。

 

 

 

 

まんぷくでの世良勝夫のみどころ

 

朝ドラ「まんぷく」の中で桐谷健太さんが演じる世良勝夫は、萬平の技術に才能をみいだす人物です。もともと、商社を経営していましたが萬平の才能に勝てないと考えた世良勝夫は自分でものをつくることをやめます。

 

 

 

そして、萬平がつくったものを売るというスタイルに変更していく人物です。性格は、つねに自分が得するかどうかだけを考えている人物です。なので、萬平に対して見限ることも早いです。

 

 

 

萬平のことを親友だとヨイショすることもあれば、うまくいっていないときはすぐに関係を切ります。かなりドライなところがある人物になります。

 

 

 

ただ、状況判断が優れていて見極めるつぼみたいなものを兼ね備えているために、自らが損失をこうむることはないタイプの人物です。

 

 

 

とても、要領がよくかしこい人物なので根っからの悪者というわけではなく、冷静に判断した結果で物事を決めます。見どころとしては、萬平との出会いや技術屋をやめるところが一番になるでしょう。

 

 

 

世良勝夫は、もともと技術屋ですので職人としてのプライドもあります。そのため、職人をあきらめて販売に転身したところが一番の見どころになると思います。

 

 

 

そして、生涯の萬平との関係がどのように変化していくのか。そこも大きな見どころですね。また、キャストの桐谷健太さんの演技にも注目したいです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


関連ページ

松坂慶子(今井鈴/いまいすず)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の主人公・今井福子(安藤サクラ)の母・今井鈴を演じる松坂慶子(まつざかけいこ)さんについて紹介します。
安藤サクラ(今井福子/いまいふくこ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の今井福子(いまいふくこ)を演じる安藤サクラ(あんどうさくら)さんについて紹介します。
松下奈緒(今井克子/いまいかつこ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の今井克子(いまいかつこ)を演じる松下奈緒(まつしたなお)さんについて紹介します。
内田有紀(今井咲/いまいさき)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の今井咲(いまいさき)を演じる内田有紀(うちだゆき)さんについて紹介します。
長谷川博己(立花萬平/たちばなまんぺい)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の立花萬平(たちばなまんぺい)を演じる長谷川博己(はせがわひろき)さんについて紹介します。
大谷亮平(小野塚真一/おのづかしんいち)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の小野塚真一(おのづかしんいち)を演じる大谷亮平(おおたにりょうへい)さんについて紹介します。
要潤(香田忠彦/こうだただひこ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の香田忠彦(こうだただひこ)を演じる要潤(かなめじゅん)さんについて紹介します。
岸井ゆきの(香田タカ/こうだたか)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の香田タカ(こうだたか)を演じる岸井ゆきの(きしいゆきの)さんについて紹介します。
松井玲奈(鹿野敏子/かのとしこ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の鹿野敏子(かのとしこ)を演じる松井玲奈(まついれな)さんについて紹介します。
呉城久美(池上ハナ/いけがみはな)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の池上ハナ(いけがみはな)を演じる呉城久美(くれしろくみ)さんについて紹介します。
橋本マナミ(保科恵/ほしなめぐみ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の保科恵(ほしなめぐみ)を演じる橋本マナミ(はしもとまなみ)さんについて紹介します。
藤山扇治郎(野呂幸吉/のろこうきち)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の野呂幸吉(のろこうきち)を演じる藤山扇治郎(ふじやませんじろう)さんについて紹介します。
浜野謙太(牧善之介/まきぜんのすけ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の牧善之介(まきぜんのすけ)を演じる浜野謙太(はまのけんた)さんについて紹介します。
瀬戸康史(神部茂/かんべしげる)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の神部茂(かんべしげる)を演じる瀬戸康史(せとこうじ)さんについて紹介します。
片岡愛之助(加地谷圭介/かじやけいすけ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の加地谷圭介(かじやけいすけ)を演じる片岡愛之助(かたおかあいのすけ)さんについて紹介します。
橋爪功(三田村亮蔵/みたむらりょうぞう)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の三田村亮蔵(みたむらりょうぞう)を演じる橋爪功(はしづめいさお)さんについて紹介します。
中尾明慶(岡幸助/おかこうすけ)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の岡幸助(おかこうすけ)を演じる中尾明慶(なかおあきよし)さんについて紹介します。
芦田愛菜(あしだまな/ナレーション)
このページは、朝ドラ「まんぷく」の語り(ナレーション)をする芦田愛菜(あしだまな)さんについて紹介します。
このページの先頭へ