片岡愛之助(加地谷圭介/かじやけいすけ)

このページは、NHKの朝ドラ「まんぷく」の中で加地谷圭介(かじやけいすけ)を演じるキャストの片岡愛之助(かたおかあいのすけ)さんについて紹介します。

 

また、まんぷくの中で片岡愛之助さんが演じる加地谷圭介がどんな役どころなのか。見どころがどこにあるのかなども後半に詳しく紹介していきます。

 

少しだけ説明すると、加地谷圭介は萬平(長谷川博己)と一緒に経営をする共同経営者という役どころになります。詳細は後半をご覧ください。

 

その前に、まずは片岡愛之助さんがどんな芸能人なのか。これまで、どんな映画やドラマに出演しているのかなどをくわしくみていきます。

 


 

片岡愛之助はどんな芸能人なの?

片岡愛之助さんといえば、藤原紀香さんを妻に持つ歌舞伎俳優さんです。“ラブりん”と呼ばれるなど、歌舞伎役者のイメージは薄く女性関係でも派手なイメージもあります。

 

厳しい歌舞伎の世界において一般家庭出身でありながら六代目片岡愛之助を襲名した、異色の存在の方です。片岡愛之助さんがブレイクした作品はなんといっても、2013年ドラマ『半沢直樹』です、

 

『半沢直樹』の中で演じた“オネエ”言葉を発する国税局査察部 統括官、黒崎駿一役でした。社会現象化したこのドラマの視聴率は40%越えを記録し、片岡愛之助さんも十二分に一役を買っていました。

 

2015年「金曜プレステージ」での『名探偵 神津恭介シリーズ』では、主人公の探偵役もこなしておられます。シリーズ化している作品として、ドラマ『刑事7人』があります。

 

警視庁内随一のサイバーセキュリティー能力を持つ「最強のスペシャリスト7人」の1人で、事件解決に臨んでいた刑事を演じた片岡愛之助さん。こちらでもくせのある役を演じており、作品を盛りあげています。

 

こういう役柄、完璧ですよね!2016年NHK大河ドラマ『真田丸』では大谷吉継(おおたに よしつぐ)を演じました。仕事の幅が広がった愛之助さんを歌舞伎役者としては良い風に思わない人もいたようです。

 

それも、片岡愛之助さんがドラマで演じた役柄が好評を得た結果ですよね。一時は話題に事欠かなかった片岡愛之助さんですが、「まんぷく」でも活躍に期待しています。

 




 

まんぷくの加地谷圭介の見どころ

片岡愛之助さんが「まんぷく」の中で演じる加地谷圭介は、萬平と一緒に共同経営者ですが常に上から目線で話をするプライドの高い男です。

 

同じ共同経営者ですが、水と油の関係です。理想的な話をして目を輝かせる萬平に対して、加地谷圭介はいたってクールです。なので、見どころとしては萬平との意見の相違ですね。

 

そして、なんで意見が異なるのに一緒に経営をやっているのかというその始まりも気になるところですね。萬平と加地谷圭介がどのように知り合って、共同経営者になっていくのか。

 

そこに注目したいと思います。また、キャストの片岡愛之助さんがプライドの高そうな共同経営者ということでナイスなキャスティングだなあと思いました。

 

半沢直樹のときもそうでしたが、ちょっと高飛車な感じの役がぴったりなんですよね。この辺りは、奥さんの藤原紀香さんも同じかもしれませんね。

 

歌舞伎役者さんですが、大河ドラマや朝ドラに登場してくれると嬉しいですね。演技上手ですしね。まんぷくの中でも注目のキャストですね。

 


 

関連記事



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)