藤山扇治郎(野呂幸吉/のろこうきち)

このページはNHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」の中で、野呂幸吉(のろこうきち)を演じるキャストの藤山扇治郎(ふじやませんじろう)さんについて紹介します。

 

また、「まんぷく」の中で藤山扇治郎さんが演じる野呂幸吉がどんな役どころで・・・見どころがどこにあるのかなどを後半に詳しく解説していきます。

 

少しだけ先にどんな役か説明すると、野呂幸吉は福子(安藤サクラ)と同じホテルで働く人物の一人です。福子にずっとアプローチをする男性になります。

 

詳細は後半をご覧ください。その前に、まずは藤山扇治郎さんがどんな芸能人なのかをこれまでの出演作品などから具体的にみていきましょう。



藤山扇治郎はどんな芸能人なの?

藤山扇治郎さんは藤山寛美さんを祖父にもち、藤山直美さんを伯母にもつ俳優さんです。幼い頃より小唄などの素養を身に付けており、歌舞伎などで子役として活躍していました。

 

大学卒業後に本格的に俳優として活動されている藤山扇治郎さんはどんな俳優さんなのでしょうか?過去の作品などから調べてみました!2009年本名の酒井扇治郎で本格的に俳優デビューを飾っています。

 

その後単身上京し2010年より劇団青年座研究所へ入所して本格的に演技を学んでいます。2012年ドラマ『鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記』で初めて連続ドラマへのレギュラー出演を果たすと、同年ドラマ『赤い糸の女』でヒロインの恋人役を演じています。

 

『赤い糸の女』は過激な展開が話題となったドラマでした。2013年には再び藤山扇治郎と改名した後松竹新喜劇より声をかけられて入団しています。

 

2015年4月からはKISS-FM神戸『週刊神戸式』で初のラジオパーソナリティを務めるなど、多方面で活躍中です。2017年『家族はつらいよ2』で映画初出演を飾っています。

 

憎めない雰囲気の溢れる藤山扇治郎さんは作品を盛り上げています。将来を担う喜劇俳優として活躍されている藤山さん。朝ドラでは幅広い年齢層のファンの心を掴む演技を見せてくれるのではないでしょうか?




まんぷくの野呂幸吉の見どころ

まんぷくの中で、藤山扇治郎さんがキャストの野呂幸吉はヒロイン・福子と同じホテルの厨房で働くコックさんです。3年間にわたり福子にアプローチを続けますが、そのことに福子は気づいてすらいません。

 

まっすぐで、一途に思う野呂幸吉ですが福子にふられ失恋してしまいます。根はやさしくいい青年なのですが、恋愛関係はからっきしダメです。その後、恵(橋本マナミ)に恋してアプローチをします。

 

しかし、これもなかなかうまくいきません。なので、見どころとしてはどうやって福子にアプローチするのか。また、どのように福子にふられるのかが一番大きな見どころになるのかなと思います。

 

優しい人物なので、その後に恵とうまくいくのか。結婚までいくことができるのか。それともまたしても振られるのか。その辺りが野呂幸吉の見どころになります。

 

野呂幸吉は、今回の「まんぷく」では愛すべき男という表現がぴったりあてはまる役になります。キャストの藤山扇治郎さんがどんな演技をしてくれるのかというのも期待したいです。



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)