菅田将暉(東太一/あずまたいち)

このページは、朝ドラ「まんぷく」の中で、東太一(あずまたいち)を演じるキャスト菅田将暉(すだまさき)さんについてくわしく紹介しています。

 

また、菅田将暉さんが演じる東太一がどんな役どころで、ドラマないでどんなところに見どころがあるのかなども後半に詳しく解説していきます。

 

少し先にご説明すると、菅田将暉さんが演じる東太一は弁護士になります。会社整理を得意とする弁護士になります。萬平(長谷川博己)や福子(安藤サクラ)とどんな関係なのかは後半をご覧ください。

 

その前に、まずは菅田将暉さんがどんな俳優なのか。これまでにどんなドラマや映画などに出ているのかを見ていきます。

 



 

菅田将暉はどんな俳優なの?

auのCM「三太郎シリーズ」、鬼ちゃんでもおなじみの菅田将暉さん。演技の幅が広い期待の若手俳優さんですね。個性的な役はもちろん、どこにでもいる普通の青年の役までしっくりこなす傍ら、歌手としての才能も発揮されています。

 

改めて、菅田将暉さんはどんな俳優さんなのでしょうか? 菅田将暉さんは、平成の仮面ライダーの中でも人気の高かった『仮面ライダーW』で桐山漣さんと共に主演をしています。

 

菅田将暉さんは仮面ライダー史上、最年少での起用だったそうです。2人で1人の仮面ライダーという設定はシリーズ初となり、変身シーンもライダーファンの間では話題になったとか!?

 

菅田将暉さんは当初、アイドル的な活動が多かったそうですが、2013年に主演した映画『共喰い』で、激しい濡れ場に挑戦するなど、本格的な俳優として一目置かれる存在になります。

 

この作品で菅田さんは第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。それ以降、菅田将暉さんは映画、ドラマへの出演が続き2016年にはオリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得するなど、女性だけではなく男性からの支持も高い俳優さんとして活躍が続いています。

 

2013年映画『男子高校生の日常』、2016年『セトウツミ』『溺れるナイフ』など、原作が漫画を実写化した映画での主演も多いですね。

 

菅田さんが出演された作品を見ると、胸キュンのキスシーン、シリアスなシーン、切ないシーンなど本当に演技の幅が広いことがわかります。同年代の俳優の中でも群を抜いていますね。

 

2017年には、NHK大河ドラマ『 おんな城主 直虎』で大河初出演を果し、映画『キセキ -あの日のソビト-』『帝一の國』、『火花』など、話題作に立て続けに主演するなど、活躍はめざましいです。

 

現在もテレビや雑誌で見ない日はないかと思います。ビジュアルだけではなく、実力の伴った素敵な俳優さんですね!まんぷくでは、弁護士役なのでスーツ姿の菅田さんを見ることができそうですね。

 




 

まんぷくの東太一の見どころ

菅田将暉さんがまんぷくの中で演じる東太一は、福子が依頼する弁護士になります。理不尽に逮捕された萬平をなんとか救おうとして依頼したのが東太一になります。

 

弁護士事務所を開業してまだ2年目と若いですが、東京帝大の法学部を首席で卒業します。そのため、頭がすこぶる切れる人物になります。なかなか目を合わせてしゃべれない人見知りのところもあります。

 

ただし、正義感は人一倍強いタイプの人間のため萬平をなんとか助け出そうとします。それが原因で、自分まで家宅捜索に合うことになってしまいます。

 

見どころとしては、脱税の容疑で逮捕されている萬平にどのようなアドバイスを送るのか。会社のためにアドバイスしてくれるのか。福子と萬平と信頼関係をつくることができるのかというのがポイントになります。

 

正義感が強い人物ですので、どんな手法をつかって国を相手に戦うのか。そこが一番の見どころになります。個人的には、早く登場してほしいキャストの一人になります。楽しみです。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく あらすじ・ネタバレを最終回まで暴露

まんぷくのキャスト一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)