MENU

まんぷく第4週ネタバレ・あらすじ「私がみつけます!」

まんぷく第4週

 

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第4週「私がみつけます!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

 

 

まんぷく第3週のネタバレ・あらすじで、鈴(松坂慶子)が福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)の結婚を許しました。

 

 

 

その続きとなる「まんぷく」4週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第4週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

 

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。まんぷく4週ネタバレのタイトルは「私がみつけます!」です。まんぷくの4週のネタバレをお楽しみください。

 

 

 

 

まんぷく第4週ネタバレ・あらすじ

 

1944(昭和19)年、福子と萬平は結婚から1年を迎えました。世の中は、戦争がどんどん進み一般庶民の生活は苦しさを増してきました。

 

 

 

福子は、ホテル勤務を結婚と同時に退職し現在は萬平を支えています。萬平はというと、赤紙は届くも入隊のための検査がパスできなかったために出征できていません。

 

 

 

そのため、「飲料水製造機」の制作を毎日行っている状況です。再々の空襲に疎開する人も多く、福子たちも疎開を考えていました。

 

 

 

しかし、鈴(松坂慶子)は自分の住む場所を守るのだと疎開を拒みます。そんな鈴の気持ちを突き動かしたのは、アメリカの爆撃機でした。

 

 

 

B21は空からチラシをまきました。戦争が終わるまでは爆撃するというものです。それを見て鈴は、ようやく疎開することを決意したのです。

 

 

 

 

2度目の召集令状

 

萬平と福子、そして鈴は萬平の親戚のいる兵庫県に疎開しました。相変わらず鈴は、萬平に憎まれ口をたたきますが、環境はよく萬平はのびのびとしていました。

 

 

 

近所の子と一緒に魚をとったりすることで、より職への執着心を見せることもありました。それは、憲兵に逮捕され食うものに困ったことがおおきなきっかけとなっていたのです。

 

 

 

そんな中、日本は戦争でどんどん追い込まれていきます。同盟国であるドイツが降伏しアメリカ軍は沖縄に上陸します。そして、萬平に2回目の召集令状がやってきました。

 

 

 

そのことを不安に思う福子。しかし、萬平は翌日に腹痛に見舞われます。慌てて病院に行くと腹膜炎と診察されます。かなり重い病気で、入隊検査はもちろん不合格になります。

 

 

 

そのため、またしても出征することができませんでした。安堵する福子に対し、萬平はみんな戦っているのに自分がいけなかった。そう福子の前で悔し泣きをするのでした。

 

 

 

それを見た福子は、出征しなくてもできることはある。萬平に私は生きてほしい。そう涙ながらに訴えるたのです。まんぷく第4週のネタバレ・あらすじはここまで。まんぷく第5週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

まんぷく第5週ネタバレ・あらすじはコチラ

 

まんぷく公式ブックはコチラ

 

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

まんぷく ネタバレ・あらすじまとめ

 

まんぷくの動画(見逃し配信)はコチラ

 

 

 

 

 


このページの先頭へ