まんぷく第20週ネタバレ・あらすじ「できたぞ!福子!」

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第20週「できたぞ!福子!」のネタバレ・あらすじを詳しくお伝えしていきます。

まんぷく第19週のネタバレ・あらすじの最後に、萬平(長谷川博己)は、福子(安藤サクラ)が天ぷらをあげているのに、これだとひらめきます。

 

その続きとなる「まんぷく」20週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第20週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

まんぷく第20週ネタバレ・あらすじ

萬平はさっそく、ラーメンを油で揚げるように準備をすすめます。そして、実際にラーメンをスープにつけてあげてみます。そして、お湯をかけて2分たって食べてみます。

 

すると、美味しい。揚げたことで香ばしさも加わりました。これがどうして美味しくなるのか知りたくなった萬平はダネイホンの際に協力してもらった大阪帝大の教授・近江谷に連絡します。

 

翌日、近江谷は顕微鏡で調べると高野豆腐と同じ形になっているのだと説明を受けます。無駄だとおもっていた失敗が生かされていたのです。

 

「ついに完成ですね」と喜ぶ福子に、萬平は「これからだよ」と言って揚げ方や油の温度を計測します。揚げ方を毎回うまくいくようにしたいと考えた萬平は金型の枠を使おうとします。

 

しかし、それだと均一に熱がいきわたらない。その問題が解決しないまま時間がすぎていきました。そんなある日です。真一(大谷亮平)が福子の家に訪ねてきます。

 

福子は、真一にだけお金がもうそこをつくという話を打ち明けました。真一は、自分で貸せる額なら貸すよと言ってくれます。しかし、真一は条件も出しました。

 

現時点のラーメンを食べたいというのです。萬平は、完璧主義なゆえに神部(瀬戸康史)以外に食べさせていませんでした。そのため、福子は萬平に相談をします。

 

萬平は、OKを出し真一と福子が一緒に食べます。これが驚くほどおいしく出来上がっていたため、真一も目を丸くします。それでも、萬平はすべての工程をもう一度見直して完成させるといいます。





まんぷくラーメン誕生

そして、昭和33年6月にようやく萬平は即席ラーメンを完成させました。萬平は試食してもらうために香田家に行きます。福子は、完成したものをパーラー白薔薇にもっていきます。

 

萬平は、香田家の面々とパーラー白薔薇に集めた全員がおいしいと言わなければ、もう一度作り直そうと思っていました。みんなが美味しいという中、あれだけ否定していた鈴も「これはおいしい。」と認めたのです。

 

その日の夜、家族でラーメンの名前を決めます。福子が提案した「まんぷくラーメン」に商品名が決定します。そこに再び真一が訪ねてきました。

 

真一は、「まんぷくラーメン」を商品化するためにすぐに会社をつくるべきだといい、信用組合をやめて手伝うと言ってくれます。

 

しかし、萬平と福子は信用組合で立場のある真一はすぐにやめるべきではないと説得し、当面は信用組合で働きながら手伝ってもらうことになります。

 

そこにパーラー白薔薇でラーメンを食べた世良(桐谷健太)もやってきます。「立花くんが作って僕が売るって最高のコンビやないか」そういって、まんぷくラーメンを売らしてほしいと土下座して申し出てきます。これまでの付き合いから無碍にはできないので、世良にも協力してもらうことを決定します。

 

翌日、萬平は忠彦(要潤)の家を訪れます。萬平は、ラーメンの袋のデザインを忠彦にお願いします。画風が新しくなった忠彦だからこそお願いしたいというと、忠彦は萬平のためにデザインすると決めます。

 

忠彦は、ラーメンの包装のデザインにしばらく悩みます。そんなさなか、タカ(岸井ゆきの)に陣痛がやってきて元気な男の子を出産します。その様子を見た忠彦はデザインを思いつきます。

 

デザインには、「製造元 まんぷく食品」と書かれていました。忠彦が想像でつけたものでしたが、萬平も福子も「まんぷく食品」がいいと会社名がまんぷく食品に決定します。

 

これから大量生産に入るために、資金を池田信用組合から借りるように真一が段取りをつけます。真一は、その借入の仕事が終わると「まんぷく食品」に入社することを決めていました。

 

そして、福子もラーメンつくりに忙しくなりパーラー白薔薇を退職して「まんぷく食品」の仕事に専念することになりました。製麺は、近所の会社にお願いすることになりますがスープと袋詰めは立花家で行います。

 

そのため昼間に鈴、夕方には真一と吉乃がやってきて手伝ってくれます。源や幸も袋詰めを手伝うことになります。それから2週間後には5000個の袋詰めが出来上がります。

 

世良は、百貨店でおいてくれるようにかけあい8月中に発売を開始するように段取りをしてくれました。そんな矢先、福子が倒れてしまいます。医師の診断によると過労によるものだという。それを聞いて、鈴は萬平たちと一緒に住んで手伝うことを決めます。

 

鈴が家にずっといることで、福子もやがて体調が回復してきます。そして、いよいよ「まんぷくラーメン」が発売日が決まります。値段は強気の20円。鈴はこれに反対しますが、福子は試食をしてはどうかと提案します。

 

大急百貨店と大阪の商店街で試食にと動き、いよいよ発売日がやってきました。まんぷく20週のあらすじ・ネタバレはここまで。まんぷく21週のあらすじ・ネタバレにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第21週ネタバレ「作戦を考えてください」

まんぷく公式ブックはコチラ

まんぷく あらすじ・ネタバレ最終回までまとめ

次の朝ドラ「なつぞら」ネタバレ・あらすじ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)