まんぷく第25週ネタバレ・あらすじ「できました!萬平さん!」

福ちゃん

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第25週「できました!萬平さん!」のネタバレ・あらすじを詳しくお伝えしていきます。会話形式にしていますので、これまでよりも読みやすくなっていることをお約束します。
まんぷく第24週のネタバレ・あらすじで、幸があこがれていたレオナルドがアメリカに帰り結婚することになります。そのため幸は失恋し大泣きします。一方のまんぷくヌードルは、源がアイデアを出したフリーズドライでいろんなものを作りはじめました。

愛菜ちゃん

その続きとなる「まんぷく」25週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第25週全体のネタバレあらすじを開始します。タイトルは「できました!萬平さん!」です。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

まんぷく第25週ネタバレ・あらすじ

源は、スクランブルエッグをフリーズドライにしてまんぷくヌードルの具材にしようと考えます。その試作を萬平(長谷川博己)に試食してもらいます。

萬平さん

卵の味もよく出ているし、これはうまい

萬平は、試食で源のつくった卵を具にすることを決定します。

萬平さん

ただ、最低でもあと2つは追加したい。そうだ、肉だ。
チャーシューをいれたいの?

萬平さん

ちがう。それだと普通のラーメンになってしまう。スープにしみこむような肉を入れたい。肉は、イメージが浮かんでいるので私が考える
もう一つは、エビでどうでしょう?華やかだし、ラーメンにエビが入っているのをみたことがありません。

神部くん

萬平さん

神部くんよくおもいついた。エビですすめてくれ。

 

萬平は、その日の仕事を切り上げさっそくミンチを買って家に帰ります。帰宅が早いことに福子(安藤サクラ)が驚きます。

福ちゃん

どうしたんですか萬平さん。こんなに早くに。
まんぷくヌードルに入れる肉を作りたいんだ。福子も手伝ってくれ。

萬平さん

福ちゃん

わかりました。

こうして、萬平と福子が協力してまんぷくヌードルに入れる肉をつくりはじめます。

 

開発チームでは、えびをフリーズドライにする研究をします。しかし、エビはたくさんの種類があるのでどれを選んでいくべきか悩んでいました。車海老や伊勢海老は再三がとれないので選んだのは芝エビ、桜えび、甘えびの3種類。

神部くん

そしたらこれをボイルに包んでみよう

 

そういって、3種類のエビをフリーズドライにします。フリーズドライは時間がかかるのでその日の作業はそこまでです。翌日、フリーズドライされた3種類のエビを見て神部が嘆いていました。

神部くん

あかん。どれもあかん。

 

芝エビだと色が悪い。桜えびは小さい。甘えびはボロボロに崩れていってしまいます。そうやってエビの取捨選択をしていきます。エビは、2500種類以上あると弱気になる社員に神部は発破をかけます。

神部くん

社長ならあきらめんぞ。これは俺らに任されているんや。とことんやったろやないか。

 

萬平が肉を研究してから3週間が経過したころに、肉が完成します。四角い肉のようなものだったので、これが本当に肉の味がするのか不安の声が社員から上がります。しかし、萬平は・・・

萬平さん

これが肉だ。正確には、大豆や野菜も入っているから肉のようなものだ。

それを開発チームの全員で試食するとおいしく仕上がっていて歓喜の声があがります。

萬平さん

あとはエビだ。エビの方はどうなっている?

神部くん

それが・・・300種類以上もう試したのですがいいものが見つからなくて
味も形もどれもこれだってものがないんです。

萬平さん

探せばある。必ずあるから絶対に諦めるな。
はい。

神部くん

 

そのころ、福子の家に克子(松下奈緒)が遊びにきていました。そして、お互いの近況を話しています。

克子姉ちゃん

忠彦さんの弟子の名木さん、最近彼女ができてうれしそうなの。でも忠彦さんのファンだから名木さんのこと本当にすきなのかわからないのよ。
克子姉ちゃんが若い子の恋をいうのはお節介すぎるわ。

福ちゃん

克子姉ちゃん

タカもそうよ。茂さんの帰りが遅いことに毎日愚痴っているの。吉乃もおんなじ

そのころ、吉乃は岡と結婚して10歳の子供もいました。まんぷく食品の幹部社員になった岡は、忙しくて帰りが遅いのです。

吉乃

萬平おじちゃんのせいやわ。自分はまんぷくヌードルの開発に没頭しているんでしょ。もう少し社員のこと考えてくれたらええのに。
萬平さんのせい?

福ちゃん

鈴さん

恨まれてるわよ。あなたの旦那様は。
せやけど、源かてやりがいもって頑張っているのよ。

福ちゃん

克子姉ちゃん

そりゃあやりがいあるわよね。でも周囲は大変よ。

 

そんな話をしていると鈴(松坂慶子)が突然お腹をおさえて倒れてしまいます。

鈴さん

いたい・・・お腹が痛い・・・

 

病院に救急車で運ばれ、鈴は盲腸ではないかと診断されますが・・・はっきりしないという。鈴は内臓の位置が逆になっているタイプなので、切らずにしばらくは抗生剤で様子を見るという選択をされます。

 

福子は、鈴を心配してその日は病院に付き添いました。翌朝、鈴が目を覚ますと弱気になっていました。

鈴さん

私はもうダメ。夢で源義経が出てきたの。私は川を渡ろうとして・・・あれは三途の川やわ。
三途の川を渡るのは、死んだ人でしょ。

克子姉ちゃん

タカちゃん

おばあちゃん生きてるじゃない。
これから死ぬのよ。

鈴さん

福ちゃん

お母さんはこれまで大きな病気もしてなかったらか気弱になっているんよ。
簡単にいわないで。

鈴さん

克子姉ちゃん

武士の娘が弱気になったらだめよ。
そうや。お母さんフリーズドライのエビが決まったんやって。

福ちゃん

そんなことで喜べるわけないでしょ。

鈴さん

一方、エビが決まり具材が決まりましたが、カップの大きさやデザイン、ふたなどまんぷくヌードルの課題は山積みでした。萬平は福子に布団で相談しました。

福ちゃん

ふた?
かぶせふたしか思いつかないだ。

萬平さん

福ちゃん

かぶせ蓋ではだめなんですか?
かぶせ蓋だと開いてしまうかもしれない。密閉もできない。

萬平さん

福ちゃん

そしたら、貼り付けたらだめなんですか?
なにで?接着剤だと・・・

萬平さん

そこで、萬平は昔アメリカに行った時の飛行機で食べたマカデミアナッツのふたを思い出します。あれは、ぴったりと密閉されていたのに接着剤のような止まり方をしてなかったことを思い出したのです。

福ちゃん

萬平さんすごく感心していましたよね。どこかにしまっていたと思います。

そして、福子が押し入れの箱の中から出してくれます。萬平は、そのマカダミアナッツの箱を見て声をあげます。

萬平さん

これだ

 



 

まんぷくヌードル完成

萬平は、さっそくマカダミアナッツの容器と同じものの試作品を発注し、すぐにとどきました。会議の際にカップにふたをつけて萬平が披露すると一同がすごいと驚きます。しかし、神部から報告されます。

神部くん

社長、あらたな問題がみつかりました。

 

金型に入れて麺を揚げる際に、上が細かく下が荒くなるので容器に入れる際に下のほうが砕けてしまうと説明されたのです。萬平は出来上がりを見ていいます。

萬平さん

これはよくないな。

 

萬平は、家に帰って改良をかんがえます。その時、福子が偶然に揚がった麺を小さなカップに入れます。すると、中間ではさまって下までいかないので砕けることもありません。

萬平さん

これだ。

 

福子が間違って小さい容器に入れたことで、中間に麺がとまります。それをヒントにあえて中間で止めようと萬平は考えたのです。翌日、萬平はすぐに開発チームにいきます。

萬平さん

これまでよりも麺を少しだけ大きくして、カップの中間に固定するんだ。

開発チームからこれでうまくいくと喜びの声があがり、実験をすることになります。ちょうどそのころ、鈴の病気が急変し、福子が泣きながら萬平に電話します。

萬平さん

すぐ行く。

 

そういって、源を連れて一緒に病院にいきました。鈴は盲腸ではなく、腸が破裂している大病だったのです。そのため、緊急手術です。手術は無事成功します。3週間経過を見て鈴は退院できる目途がたつという。

 

鈴が手術をしてから1週間で、回復に向かいます。そのころ、まんぷくヌードルの方は会議が行われていました。

神部くん

社長が考案した麺を中間にする方法はとてもうまくいきました。麺の戻りもムラがなく、カップもより丈夫になります。
私の思っていたとおりだ。

萬平さん

神部くん

しかし、新たな問題も発生しました。
なんだ

萬平さん

神部くん

製造ラインでうまく麺が入らないのです。

工場の機械で麺が水平を保ちカップに入るのが難しいのです。つまり、工場で大量生産するには中間に固定する作業がどうしてもできなかったのです。また、岡(中尾明慶)も営業としての問題点をだします。

カップのデザインを決めてもらわないと商品化できませんが。

萬平は真一(大谷亮平)に忠彦(要潤)にデザインをお願いするように依頼います。

 

その会議以降、萬平は家でも毎日、麺を中間に固定させる方法を考えて何度も試行錯誤していました。

ご飯の時ぐらい仕事を忘れてよ。
萬平さん、冷めてしまうから食べてくださいよ。

福ちゃん

まんぷくヌードルが商品化できるかどうかはここにかかっているんだ。まんぷくラーメンの時みたいに手作業ではできないから。
でも・・・

福ちゃん

もういいから・・・ほっといてあげて。

 

そんな調子の日が毎日のように続いていました。ある日、萬平は上下がすべてさかさまになる夢をみます。

萬平さん

うわあ~

怖くて飛び上がる萬平に、福子も思わず起きてしまいます。

福ちゃん

どうしたんですか?萬平さん。怖い夢でも見たんですか?

萬平さん

思いついた。思いついたぞ福子。

萬平は、さかさまの夢をみたことで逆の発想を思いついたのです。これまでは、カップを固定して麺を入れ込むのではなく麺を固定してその上にカップを乗せてみるという方法でした。

 

実際に試してみると麺をまっすぐに固定することに成功しました。さっそく製造ラインでうまくいくか確認します。10月までにはいけるとの答えがでました。

 

製造ラインも完成して、いよいよ「まんぷくヌードル」はデザインのみになりました。萬平は忠彦に忠彦(要潤)に電話をしました。

忠彦さん

今回は名木くんにお願いしているんだ。
忠彦さんのお弟子さんですよね。

萬平さん

忠彦さん

新しくて、洋風で世界をイメージしたデザインであれば若い名木くんの方がいいものができると思って。もちろん、仕上がってから僕もチェックするから

その名木がデザインを完了したころに鈴は病院を退院しました。

 

そして、たくさんの困難を乗り越えて「まんぷくヌードル」は完成して発売しました。まんぷく25週のあらすじ・ネタバレはここまで。まんぷく最終週のあらすじ・ネタバレにつづく。





 

あなたにおススメのページ

まんぷく最終週ネタバレ・あらすじ「これで終わりじゃないんです」

次の朝ドラ「なつぞら」ネタバレ・あらすじはコチラ

まんぷく公式ブックはコチラ

まんぷく あらすじ・ネタバレ最終回までまとめ

まんぷくの動画(見逃し配信)はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)