MENU

まんぷく第14週ネタバレ・あらすじ「みんな幸せに」

まんぷく14週

 

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第14週「みんな幸せに」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

 

 

まんぷく第13週のネタバレ・あらすじで、萬平(長谷川博己)が刑務所から出所して、福子(安藤サクラ)たちと家族4人で生活できるようになりました。

 

 

その続きとなる「まんぷく」14週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第14週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

 

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。まんぷく14週ネタバレのタイトルは「みんな幸せに」です。まんぷくの14週のネタバレをお楽しみください。

 

 

 

 

まんぷく第14週ネタバレ・あらすじ

 

福子たちと萬平は、香田家に居候させてもらいます。そこには、毎日のようにマスコミがやってきます。有罪判決を受けたにもかかわらず釈放を勝ち取った萬平は、世間から英雄視されていたのです。

 

 

 

いくつかの取材を受ける萬平ですが、その後は取材をすべて断ります。居留守をつかって福子がその対応をしていました。福子は、もう過去のことなので取材を控えてほしいとお願いします。

 

 

 

鈴(松坂慶子)は今後のことを心配します。子供2人に福子、萬平がいるのでこの先どのように生活していくのかを萬平に聞きます。

 

 

 

しかし、萬平は残ったお金の2万円で何かを始めようとはまだ考えていませんでした。そんな矢先にうれしい知らせを神部(瀬戸康史)が届けてくれました。

 

 

 

克子(松下奈緒)の娘・タカ(岸井ゆきの)が大阪大学に合格したのです。タカは萬平の事業を手伝ってくれていたので、克子の家だけでなく福子の家で一緒になってお祝いをします。

 

 

 

 

信用組合の理事長

 

萬平は、まだ何をするか決めかねていた矢先に大島勘一という男が訪ねてきます。萬平たちが住んでいる池田で、信用組合をすることになったので萬平に理事長をしてほしいとお願いにきたのです。

 

 

 

大島は、すでに銀行からの出資も決まっている。しかし、理事長にふさわしい人物が萬平以外に見当たらないと土下座をしてまで頼みます。萬平も福子もただただ困惑します。

 

 

 

萬平は悩んで真一(大谷亮平)に相談します。萬平の本心は、金融などやったことがないし有名になったことでただ神輿としてかつがれているだけではないかと感じていました。

 

 

 

しかし、真一は人の役に立てるかもしれないし・・・信用組合の理事長はやりたくてもできる人はいないとアドバイスして背中をおしてくれました。萬平は、真一に相談して理事長になることを引き受けます。

 

 

 

ただし、萬平は理事長になるにあたって条件をだしました。それは、真一を一緒に経営に参画させることでした。自分は金融の知識も経験もないので真一と一緒ならば受けるといったのです。

 

 

 

大島は萬平の条件をのみ、真一と一緒に萬平が信用組合の経営に参画することになったのです。まんぷく14週のネタバレ・あらすじはここまで。まんぷく15週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

まんぷく15週ネタバレ・あらすじ「後悔しているんですか?」

 

まんぷくの動画(見逃し配信)はコチラ

 

まんぷく第13週ネタバレ・あらすじ「覚悟を決めます」

 

まんぷく ネタバレ・あらすじまとめ

 

まんぷく公式ブックはコチラ

 

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ