まんぷく第17週ネタバレ・あらすじはコチラ

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第17週ネタバレ・あらすじを史実に基づいて予想で詳しくお伝えしています。

 

まんぷく第16週のネタバレ・あらすじで、萬平(長谷川博己)は仕事を失い自分の土地・建物がなくなり、福子(安藤サクラ)と萬平は借家住まいになります。

 

その続きとなる「まんぷく」17週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第17週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。まんぷくの17週のネタバレをお楽しみくださいね。

 



 

まんぷく第17週ネタバレ・あらすじ

信用組合の理事長職を失った萬平のもとからたくさんの人が去っていきました。そして、お金も家も失ってしまった萬平と福子でしたが萬平は信用組合の時よりも楽しそうに生活をしていました。

 

それは、それまで萬平がずっと考えていた人の役に立つ発明をしたいというおもいをかなえるべき実験を行っていたからです。福子も萬平も大好きなラーメンをお湯だけで作ろうと考えたのです。

 

しかし、お金もなければ人もいない。麺づくりの素人である萬平はそんなことはお構いなしに、自分が信じる実験を繰り返していきます。当然、失敗の連続でした。

 

その光景を見た鈴(松坂慶子)は福子に辞めて働くように言いますが、福子は萬平が嬉しそうに実験をしている姿から止めようとはしませんでした。むしろ、応援していました。

 

麺を調達しに行っても、この人はなにをするのだろうという白い目で見られることもありましたが・・・萬平にとってはそんなことはまったく関係ありませんでした。

 

ただ、自分が作りたい理想のラーメンがあるので・・・それを作り出すために実験を繰り返したのです。萬平は、安く調理を簡単にということを念頭に置いてラーメンをつくります。

 

そのため、麺に味のついている着味麺にお湯をかけるスタイルを作ろうと考えていました。しかし、それは素人の発想で簡単につくれるものではありませんでした。

 

朝5時~夜中1時まで毎日実験に明け暮れますがそのヒントすら思い浮かばない。そんな状況の毎日を送っていました。そんなある日、萬平は家で大きなヒントを見つけます。

 





着味麺は福子の天ぷらをヒントに

萬平は、福子が天ぷらを子供たちに食べさせようと揚げ物をしていたところを何気なくみていました。そして、天ぷらと同じように麺を揚げてみたらどうかをその日から実験しはじめたのです。

 

それまでは、まったくあてのない形の実験をくりかえしていましたがそこからは、萬平が作りたいラーメンが一気に進んでいきます。麺を揚げることで半年以上の保存がきくようになります。

 

しかも、麺を揚げていますがお湯をかけるとそれが簡単にラーメンになるという調理を簡単にするというテーマにぴったりのものができることが実験を通してわかってきたのです。

 

そして、スープには鶏ガラを採用しました。もともと、立花家の近所では鶏がたくさんいてそれを調理して食べていました。しかし、息子の立花源が鶏を殺しているところを見てしまいます。

 

それからもう、大好きだったチキンライスですら食べることができなくなってしまいます。そんな源がラーメンを作る際に、鶏ガラのスープでだしをとるとそれは食べられる。

 

だから、だれもが食べれる鶏ガラのスープを麺に味付けることにしたのです。こうして、これまでどこにもなかった魔法のラーメンが萬平の手によって完成したのです。

 

萬平は、さっそく福子や鈴、タカ(岸井ゆきの)などの近い人物に試食をしてもらいます。魔法のラーメンは誰もこれまで食べたことがないようなものでした。

 

萬平の考えでは、必ずしも今あるラーメンと競争する必要はないと思っていました。まったく違うもの。そう考え完成させたのです。まんぷく17週のネタバレ・あらすじはここまで。まんぷく18週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です