まんぷく第6話感想「告白」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の6話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第6話のタイトルは「告白」です。

 

まんぷく5話のあらすじで、福子(安藤サクラ)は萬平(長谷川博己)に商工会の宴会で再会をしました。福子のことが気になる萬平。

 

その続きとなるまんぷく第6話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、6話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「告白」です。

 

 



 

まんぷく6話のあらすじ

咲(内田有紀)が体調を崩したこと知る福子。咲は、ただの風邪やという。一緒に映画でも行ってくれる男性はいないのと逆に福子が聞かれます。

 

そこに、真一(大谷亮平)が帰ってきます。そして、おかゆをつくろうと買いものに行ってくれます。福子は、真一をみてあんな夫婦もいいなあと思いながら帰ります。

 

その帰りに、白馬に乗った歯医者さんの牧善之介(浜野謙太)がやってきていました。福子が結婚していることを明かすと、牧はがっくりして帰っていきます。

 

その話を福子は鈴(松坂慶子)に嬉しそうに話します。そして、克子(松下奈緒)の家に行った後に偶然ですが萬平と再会します。

 

萬平が屋台のラーメンに誘い福子と一緒に食べます。萬平と話すると、電話交換手に外国人につながれたことがあるといい・・・福子はその時の交換手が自分だという。

 

その後、お礼を言い合ってわかれます。一方、萬平が会社に戻ると共同経営者の加地谷(片岡愛之助)に世良(桐谷健太)に見学を認めたことを追求されます。

 

世良がやってくると、加地谷と世良が一触即発の状態になってしまいます。世の中は、アメリカと戦争が始まります。

 

そして、萬平はアメリカと戦争が始まりましたね。といいながら僕と付き合ってほしいと福子に告白をします。まんぷく6話の感想はここまで。まんぷく7話の感想につづく。

 




まんぷく6話の感想

まんぷく6話のあらすじでは、萬平が福子に告白するという回でしたね。なんか、福子にとっては奇跡的な感じですね。白馬の王子様がやってきたような。

 

しかし、付き合ってくださいというのにその前にアメリカと戦争が始まりましたねって言葉は必要やったんかな?そんなことを思いました。

 

そこがまた萬平の面白いところですけどね。まんぷくは、ちょいちょい笑いを入れてくれますよね。福子がラーメン食べて帰った後に鈴が鍋をつくったとか(笑)

 

そのバランスがちょうどよいなって思います。笑いが多すぎるでなく、恋愛が多すぎるでなくそのバランスがすごくいいなって1週間見てから思いました。

 

そして、もう一つ気になったのが萬平の仕事ですね。加地谷と同じ会社で働くよりも世良と一緒に仕事をする方が萬平のためにはいいような気がするんですけどね。

 

まだ、そのあたりの感覚っていうのをわかっていないんかなって思います。萬平はどうしてもものづくりの職人のところがあるので、世良ぐらいの相手がパートナーの方がいい。

 

加地谷は、偉そうにしているけど・・・あまりよい印象ないんですよね。世良を無碍に追い返すところはあかんよねって思います。世良は商社ですからいろんな商品を置くのは当然。

 

加地谷は、それを技術が盗まれるって思ったんでしょうけど・・・萬平と福子の恋はどうなるんかな。まんぷく6話の感想はここまで。まんぷく7話の感想につづく

 



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第7話感想「プロポーズ」

まんぷく第2週ネタバレ・あらすじ「・・・会いません、今は」

まんぷくのネタバレ・あらすじまとめ!

まんぷく公式ブックはコチラ

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)