まんぷく第19話感想「牧恵」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の19話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第19話のタイトルは「牧恵」です。

 

まんぷく18話のあらすじで、萬平(長谷川博己)と福子(安藤サクラ)は鈴(松坂慶子)の許しを得て結婚をしました。

 

その続きとなるまんぷく第19話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、19話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「牧恵」です。

 





 

まんぷく19話のあらすじ

戦争が激化して、新聞記事も節約されています。生活必需品も配給制になり、庶民の生活は苦しくなっています。克子(松下奈緒)は福子がうらやましいと鈴(松坂慶子)に漏らします。

 

しかし、鈴は萬平が兵役に行けなかったことを恥ずかしいと話します。福子と萬平は1年たっても新婚のように仲良く食事をします。

 

そして、何よりも大事なのは食事だと憲兵に捕まった時に思ったと萬平は話します。福子は、久しぶりに恵(橋本マナミ)に会います。恵は妊娠しています。

 

恵は牧(浜野謙太)と結婚して、牧恵になっていました。福子と恵は近況を話し合います。萬平は、加地谷(片岡愛之助)のことを恨んでいないということに恵は驚きます。

 

そんな福子と萬平を見て似たもの夫婦だからいい夫婦になるとほめます。恵は、野呂(藤山扇次郎)が兵隊に行った後に競争相手がいなくなって余裕が出てきた牧のことをいつの間にか好きになったのだという。

 

恵の子供は七夕が予定日だという。その後、福子は鈴の家に行きます。鈴は、福子に萬平が身体検査に引っかかったことを愚痴ります。そして、孫がみたい。

 

福子は一緒に暮らさないかというけど、鈴は武士の娘ですと言いやんわり断ります。その3か月後に戦争は激化して初めて空襲が北九州をおそいました。まんぷく19話のあらすじはここまで。まんぷく20話のあらすじにつづく。




 

まんぷく19話の感想

まんぷく19話のあらすじでは、恵が歯医者の牧善之介と結婚して妊娠していることが判明した回でしたね。その他には、いよいよ戦争が激化してきていましたね。

 

本格的な空襲が始まります。しかし、恵は野呂と牧のどっちを選ぶのかなって思っていましたが牧の方を選択していたのですね。牧を選ぶならお金持ちが目当てなのかな。

 

そう思っていましたが、野呂が戦争に行っていなくなったので身体検査に引っかかった牧とゆっくり話せるようになってって理由が野呂からすると複雑ですよね。

 

恵は、どちらかと結婚しなければいけないわけではないのに・・・馬に乗ってくるようなかわっている人と結婚するってね。なんか、面白いなって思いました。

 

福子と萬平は、鈴と一緒に暮らすと思っていたのですが・・・今のところ同居はしていないのですね。これから戦争が激化したらそうもいってられないかもしれませんね。

 

でも、鈴の私は武士の娘ですからって言葉を本当に連発していますよね。それが面白いんですけどね。武士っていっても足軽かもしれませんしね(笑)

 

今後、大阪も大きな空襲に襲われると思うのでなんとかみんな無事で生きていてほしいですね。その時に、鈴が一人だと心配なので萬平たちと一緒に生活してほしいな。

 

そんな気持ちになりました。福子が鈴をどのように説得するのか楽しみですね。まんぷく19話の感想はここまで。まんぷく20話の感想につづく。

 





 

あなたにおススメのページ

安藤仁子の家系図/まんぷく実在モデル一覧はコチラ!

まんぷく第18話感想「鈴の涙」

まんぷくのネタバレ・あらすじまとめ!

まんぷく公式ブックはコチラ

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)