まんぷく第69話感想「追徴課税」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の69話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第69話のタイトルは「追徴課税」です。

 

まんぷく68話のあらすじで、東(菅田将暉)弁護士を紹介され福子(安藤サクラ)と一緒に萬平(長谷川博己)に会い、東京の子会社を売却することが決定します。

 

その続きとなるまんぷく第69話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、69話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「追徴課税」です。

まんぷく69話のあらすじ

東先生は、たちばな栄養食品販売会社を少しでも高く売れるように駆け回ります。東京の子会社を売却して7万円になったことを萬平に伝えます。すると、福子は萬平をここから出してくれないかと無理なお願いをします。

 

萬平が刑は確定しているから無理だと福子を止めます。東先生は、考えますと思わず答えてしまいます。事務員からこの仕事はお金になりそうもないといわれてしまいます。

 

一方、神部(瀬戸康史)など東京組は、大阪に戻ります。鈴(松坂慶子)は占い師のところに行き福子の運勢を心配します。男運がない。萬平がよくないという鈴に対し、占い師は萬平は大器晩成だからまだまだ山あり谷ありだといわれます。

 

泉大津に戻って、福子はここでまんぺい印のダネイホンを作るように頑張るよう声をかけます。そして、みんなでお土産の浅草のおこしを食べているところに電話がかかってきます。

 

関東財務局からの電話で、脱税したお金に追徴課税をかけるという内容でした。そのことで泣きそうになる福子。まんぷく69話のあらすじはここまで。まんぷく70話のあらすじにつづく。

 

まんぷく69話の感想

まんぷく69話のあらすじで、罰金7万円の支払いを終え東京にいた人は全員大阪に戻りました。しかし、今度は関東財務局から10万円の追徴課税が課せられると電話があります。

 

なぜ罰金を支払って、そのうえで追徴課税を支払う必要があるのかわかならいって人が多いと思いますので念のためお伝えすると、罰金は刑事罰になります。今回のケースでは進駐軍に支払うもの。

 

脱税という犯罪が確定したことで、懲役(重労働)と罰金の両方の刑罰が科せられたのです。それに対して、追徴課税は、本来払うべき税金+その支払いを意図的に逃れたとして一定金額かせられたものです。

 

こちらは、いまでいうところの税務署(行政)にお金を払う方になります。なので、10万円の支払いは税務署に支払うものと考えればいいと思います。本来かかる税(奨学金に対する税金)にプラスしたものがかけられて10万円になっています。

 

7万円の支払いでも厳しいのに、ここから10万円をさらにお金を捻出するのは至難の業ですよね。どうやって支払うのでしょうか?なんか倒産に赤信号が点滅している感じですね。

 

苦労してたちばな栄養食品をつくって、萬平印のダネイホンで一気に人気になったのに・・・出る杭は打たれてしまいましたね。福子は、東先生に相談することになると思います。

 

優秀ですけど、ちょっと頼りないところがあるのでやや心配ですね。ダネイホンの製造と泉大津の会社も売ることになるのかな。明日がとっても重要な岐路にたっていますよね。まんぷく69話の感想はここまで。まんぷく70話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第70話感想「信じます」

東太一のモデルはどんな人なの?

萬平(長谷川博己)モデル・安藤百福の人生まとめ

安藤仁子の人生はどんなものだったの?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)