まんぷく第90話感想「池田の産業のために」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の90話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第90話のタイトルは「池田の産業のために」です。

 

まんぷく89話のあらすじで、萬平(長谷川博己)が担保に入れていた家と土地が差し押さえられていました。福子(安藤サクラ)は明るく振舞っていましたが、敏子(松井玲奈)に泣きながら不安をこぼしました。

 

その続きとなるまんぷく第90話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、90話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「池田の産業のために」です。

まんぷく90話のあらすじ

織田島製作所は追加融資はいつになるのかと真一(大谷亮平)が問い詰められます。真一が萬平じゃないとわからないし、萬平は自分のことよりも池田の会社のことの方が大事に思っている。そういって説得します。

 

一緒にいた神部(瀬戸康史)は何かあったのかと忠彦(要潤)と克子(松下奈緒)が家が差し押さえにあったことを説明します。一方の福子の家では、質素な昼食を食べていました。

 

喫茶店から福子に電話がかかって、ママがぎっくり腰になってしまったので手伝ってほしいという連絡を受けたのです。福子はもう一人ぐらいほしいと言われて、武士の娘だという鈴(松坂慶子)も強引に手伝わさせます。

 

そのころ、萬平は梅田銀行に行っていました。萬平は矢野を超えて頭取に話があると面会に行っていました。喫茶店は大忙しで、鈴がはりきって手伝っていました。

 

客がすいているときに、敏子(松井玲奈)と世良(桐谷健太)が喫茶店にやってきました。世良は、家を差押えられたことを聞いたとその話をします。世良は、世の中なにが起こるかわからない。

 

だからといって、中国明朝の5000円の皿を萬平との友情の証としてプレゼントするという。すると、喫茶店のママが同じものをもっているという。デパートの安売りで買ったという。まったく同じものだったのでがっくりする世良。

 

一方、萬平は梅田銀行の会議にいました。萬平は、池田で活躍をしている会社を挙げて池田の街には伸びしろがある。今回の責任はすべて自分にある。そのため、理事長を退任して梅田銀行から理事長を派遣してほしい。

 

そして、池田の産業の発展に協力していただきたい。そう頭を下げてお願いします。まんぷく90話のあらすじはここまで。まんぷく91話のあらすじにつづく。

 

まんぷく90話の感想

まんぷく90話のあらすじでは、池田の産業のためになんとかしようと萬平が直接梅田銀行の頭取にお願いしにいきました。世良も立花くんのためにとお皿を持ってきてくれました。

 

しかし、織田島製作所は本当にかってな会社ですよね。ここまで萬平がやってくれていて、それでもあれだけお金が借りれなくなると思うというわけですから。

 

だからこそ、萬平はあそこまで入れ込んだらあかんのですよね。適切なラインで仕事とは切り分けておかないと結局、恩義ではなく最後は貸してくれなかったとなるわけです。

 

お金借りれるってなれば調子いいこといいますが、本来はそれは自分の会社で他の金融機関をかけずりまわってでもするべきことなのです。しかし、それを萬平が必要以上にいいですよ。

 

お金の心配はしないでくださいというからこんなことになるんですよね。ただ、萬平はすごいって思ったのは、この問題から逃げるのではなく正面から梅田銀行の頭取に訴えかけていったこと。

 

ここは、すごいなあって純粋に思いました。自分の身ぐるみもはがれて、それでも池田の産業のためにって頭を下げれるところが人間的に大きいなって思います。

 

家族はその影響をもろに受けたので大変でしょうけどね。あと、久しぶりに登場した世良は相変わらず面白かったですね。もっと出てほしいなって思ったりするのですが・・・。

 

お皿のシーンは笑ってしまいました。世良みたいなタイプの人でもバッタもんつかまされるんですね。そこが面白かったですね。まんぷく90話の感想はここまで。まんぷく91話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第91話感想「リスタート」

まんぷく17週ネタバレ・あらすじはコチラ

萬平のモデル・安藤百福の人生まとめ

タカの実在モデルはどんな人ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)