まんぷく第97話感想「即席ラーメン」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の97話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第97話のタイトルは「即席ラーメン」です。

 

まんぷく96話のあらすじで、幸と源がいじめられていることを萬平(長谷川博己)と福子(安藤サクラ)が知りました。そして、福子は幸と源にあっと驚かすラーメン屋になるからと励まします。

 

その続きとなるまんぷく第97話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、97話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「即席ラーメン」です。

 



 

まんぷく97話のあらすじ

萬平は、あの日いらいますます研究に没頭するようになりラーメンを食べ歩きます。そのため家計は苦しいですが、福子が働いたお金でなんとかやりくりしていました。

 

萬平は福子と出汁の話をすると、鶏がらがいいのではないか福子はいいます。味がちょっと物足りないのでごま油をパーラー白薔薇で借ります。

 

麺は生麺だと保存がきかないなどといって一緒にラーメンをつくっていきます。そうめんのように乾麺でつくりたいと萬平はいいます。子供たちは試食をしますがおいしくない。

 

こんなん毎日食べられない。そういって、また改良を加えようと考えています。5箇条を試行錯誤しながら検討します。すると、福子が昆布をお湯にさらした状態をみてこれだと思いつきます。

 

お湯をかけるだけで、できるので昆布みたいな麺をつくりたいとひらめきます。麺に味をつけてお湯をかけるだけでできるものだと言いますが福子はまったく理解できません。

 

忠彦(要潤)の家で、萬平が説明しますが誰も理解できません。そのラーメンを鈴(松坂慶子)は即席ラーメンと名付けます。パーラー白薔薇では、世良(桐谷健太)は絶対無理だからやめとけって言われます。

 

しかし、福子は即席ラーメンは絶対にできるし、絶対に売れるといいはります。そして、福子が家に帰ると萬平は畑に研究所を建てていました。まんぷく97話のあらすじはここまで。まんぷく98話のあらすじにつづく。

 

まんぷく97話の感想

まんぷく97話のあらすじでは、福子が昆布にお湯を注いでいるのをみて萬平はラーメンも同じようにお湯だけでできるものを作ろうと考えました。

 

そして、それを鈴が即席ラーメンと命名しました。鈴のネーミングセンスはすごくいいですよね。即席ラーメンって今でもいわれますからね。

 

ただ美味しいラーメンをつくるってだけでなく、イメージをするためにっていうことを忠彦がいったのは正解だったかなって思います。

 

いくらおいしい、おいしいって言われても食べてみなければわからない。でも、誰も食べていないものは怖いので食べたくないですよね。

 

そこに、いいキャッチフレーズがあるとすごく入ってきやすいですよね。そういう意味では「即席ラーメン」はすごくしっくりくるキャッチフレーズでした。

 

萬平のラーメンってほかにないものなので、まだまだぼんやりしているところがありすぎますよね。それを一つひとつクリアしていくとなると相当時間かかりそう。

 

そんな気がします。萬平一人が自分の中で考えているものなので、なんともアドバイスのしようもないですしね。今後、即席ラーメンが萬平の手で誕生するのでしょうか。まんぷく97話の感想はここまで。まんぷく98話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第98話感想「愛のリヤカー」

まんぷく18週ネタバレ・あらすじ「完成はもうすぐ?」

萬平のモデル・安藤百福の人生まとめ

福子のモデルはどんな人物なの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)