まんぷく第102話感想「不味い麺」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の102話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第102話のタイトルは「不味い麺」です。

 

まんぷく101話のあらすじで、萬平(長谷川博己)は麺をつくる作業にうつりました。それを心配していたのが鈴(松坂慶子)でした。

 

その続きとなるまんぷく第102話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、102話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「不味い麺」です。

まんぷく102話のあらすじ

薄くならないためのスープを完成させた萬平ですが、徹夜で仕事をする萬平に食事をとるように福子はお願いをします。食事を一緒にしていると、源の顔がケガしています。

 

学校の友達が馬鹿にしてきたから喧嘩した。ほんでも源は勝った。泣かせてやったという。男には受けてたたないといけないときがある。そういって、たくましくなっていました。

 

福子も萬平の仕事を手伝います。福子は、萬平に頼まれて製麺機をまわします。そんな時に、鈴も家を訪ねてきます。食材をもってきてくれたのです。

 

萬平のことを聞く鈴は、なぜか萬平と福子を手伝います。そして、出来上がった生麺を食べてみると著しくまずいと全員が口をそろえます。さっそく生地からやり直す萬平。

 

鈴は、克子(松下奈緒)たちに食べられたものではなかったと打ち明けます。しかし、克子は新しく来たモデルが気になって話をあまり聞いていません。克子は、モデルが忠彦に色目をつかってると不安そうにいいます。

 

萬平は、その後も改良を重ねながら麺をつくっていきます。しかし、生地がうまくできても麺が出来上がりません。萬平は、麺ができないことにイライラしていました。まんぷく102話のあらすじはここまで。まんぷく103話のあらすじにつづく。

 

まんぷく102話の感想

まんぷく102話のあらすじでは、萬平が麺をつくろうとしますがなかなかうまくいきません。そのことにイライラするというストーリーでした。

 

102話については、あまり進展がなかったですね。面白かったのは、なぜか鈴まで手伝っていたところです。突然、割烹着をきて手伝っていたのでびっくりしました。

 

なんとも面白いシーンでした。あと、源はよかったですね。いじめに負けずにやり返してやったみたいですね。問題はそんなに簡単なものじゃないと思っていたのでよかったです。

 

泣かせてやったってぐらい仕返しができれば大丈夫ですね。芯は強い子だったのかもしれませんね。やられたら、やりかえさないとどんどんいじめはエスカレートしていきます。

 

なので、早いうちに問題解決できてよかったです。あとは、もう萬平がラーメンをつくるってだけの状況になりますね。ただ、これが簡単にできない。

 

家庭で食べるってことがなかったラーメンを簡単にできるようにするのですからなかなかうまくいかないですよね。ちょっと、萬平の気持ちが切れないかそこが最も心配かな。

 

毎日のように、寝ずにやってもうまくいかない。そんな時は、福ちゃんの出番なのかなって思ったりしますが・・・今後、福子が励ましていくのかな。

 

そんなことを最後に感じました。萬平の奮起に期待したいです。まんぷく102話の感想はここまで。まんぷく103話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第103話感想「悩む萬平」

まんぷく19週ネタバレ・あらすじ

福子のモデルはどんな人物なの?

萬平のモデル・安藤百福の人生まとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)