まんぷく第120話感想「まんぷく食品の大番頭」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の120話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第120話のタイトルは「まんぷく食品の大番頭」です。

 

まんぷく119話のあらすじで、「まんぷくラーメン」が福子(安藤サクラ)のテレビCMでお客さんが殺到します。それまでの5倍の売上があがります。そして、問屋からの注文も入りはじめました。

 

その続きとなるまんぷく第120話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、120話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「まんぷく食品の大番頭」です。

 



 

まんぷく120話のあらすじ

世良(桐谷健太)は全国で販売することになったと喜びます。社会現象やという世良に真一(大谷亮平)は生産が間に合わないという。そのため、岡(中尾明慶)と森本と神部(瀬戸康史)に正社員にならないかと聞きます。

 

神部はとっくに正社員のつもりでいたといいますが、岡と森本は泣いて喜びます。また、吉乃もまんぷく食品で働くという。人手が足りないからみんなで協力するのだという。

 

萬平と福子は鈴(松坂慶子)に経理をお願いします。鈴は嫌がっていましたが、福子が鈴は「まんぷく食品の大番頭になる」というと、鈴は喜んで経理をすることを決めます。

 

その晩、福子の枕元に咲(内田有紀)が出てきます。まんぷくラーメンに生卵を落としていました。それから1月後に工場ができ森本や岡たちも工場で働きはじめます。相変わらず「まんぷくラーメン」は売れ続けます。

 

まんぷくラーメンは大ヒット商品になりました。福子は職場でみんなでまんぷくラーメンを食べるときに生卵を落として食べることを伝え新しい食べ方をします。

 

そこに、世良がやってきて「まんぷくラーメン」のバッタもんがたくさんできていました。まんぷく120話のあらすじはここまで。まんぷく121話のあらすじにつづく。

 

まんぷく120話の感想

まんぷく120話のあらすじで、まんぷくラーメンは大ヒットになり全国に販売をスタートさせます。そのため生産が間に合わず「まんぷく食品」は工場を建てます。そして、ついにまんぷくラーメンをパクったものが出てきました。

 

しかし、ヒットしている最中に誰も気づいてなかったのかな?ダネイホンの時のようにパクられるって。気づいていて対策を立てていたらええんやけど・・・この問題は難しいですよね。

 

世の中に即席ラーメンを広げようと思うと、違う味っていうのも認めなければならないですね。いろんな即席ラーメンができて初めて即席ラーメンが食文化になったということができます。

 

しかし、最初につくった萬平の努力を考えるとパクられるはちょっと辛いですね。ただ、萬平があれだけ努力してつくったものがそんなに簡単にまねできるとも思えません。

 

なので、粗悪品の可能性が高いですね。でも消費者からすると、どれが粗悪品であるのかってなかなかわかりにくいですよね。より安い方に飛びついてしまいます。

 

そのあたりのことを考えると、そんなに心配することはないのではないか。多少は売上が落ちても長い目でみれば「まんぷく食品」が勝つような気がしますね。

 

この後に、どんな展開になるのかというのが楽しみになってきましたね。いつも波乱万丈の萬平さん。今度こそうまくいってほしいなって思います。まんぷく120話の感想はここまで。まんぷく121話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第121話感想「パクリ」

まんぷく21週ネタバレ・あらすじ「作戦を考えて下さい」

神部のモデルはどんな人なの?

福子のモデルはどんな人物なの?

萬平のモデル・安藤百福の人生まとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)