まんぷく第13週ネタバレ・あらすじ「覚悟を決めます」

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第13週「覚悟を決めます」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

まんぷく第12週のネタバレ・あらすじで、萬平(長谷川博己)に追徴課税が来たために、ダネイホンの製造方法や商標を売却して、たちばな栄養食品は解散します。

 

その続きとなる「まんぷく」13週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第13週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。まんぷく13週ネタバレのタイトルは「覚悟を決めます」です。まんぷくの13週のネタバレをお楽しみください。

 



 

まんぷく第13週ネタバレ・あらすじ

福子(安藤サクラ)たちは、克子(松下奈緒)の家に居候させてもらうことになります。福子は、刑務所に入っている萬平に会社の解散と社員の就職などの報告を東京に行ってします。

 

そして、大阪に帰ったあとには三田村(橋爪功)の入院している病院にお見舞いにいきます。三田村は、自らも病気であるにもかかわらず福子に萬平を支えるようにとアドバイスします。

三田村会長のモデル/杉道助はどんな人物なの?

 

福子の出産は、予定日よりもはやくなりました。元気な女の子で名前は「幸」とつけます。名前は、萬平が決めていたものでした。福子の福とあわせると幸福になるからという理由でした。

 

出産の喜びを感じながらも福子は萬平がいない寂しさを感じていました。そんなある日、財務局の職員がやってきて・・・福子の貯金通帳を強引にもっていってしまいます。

 

会社の解散により課税出来ていなかった所得税の追徴課税をとるため通帳と印鑑をもって行ったのです。それを東弁護士(菅田将暉)に相談して、萬平と東の面談で国を訴えることにします。

 

しかし、それがきっかけで東の弁護士事務所が財務局からの強制捜査が入ります。それは、訴えを取り下げるように国がかけた圧力でした。





不当逮捕に一般市民のデモ

東は、訴訟のために様々なことを調べると萬平の容疑がなかったものだと知ります。萬平は奨学金を支払ったことで脱税の容疑で逮捕されました。

 

しかし、奨学金には税はかけない非課税との通達があったのです。そのため、東は国が行った不当逮捕であることをマスコミにリークします。

 

東は東京に、世良(桐谷健太)は大阪のマスコミにリークします。すると、一般人のデモがおこります。それを知った進駐軍は、訴えを取り下げれば萬平の釈放をすることを東にもちかけます。

 

しかし、訴えを取り下げたら萬平はダネイホンの販売で作った汗の結晶のお金をとられてしまうと考え、訴えの取り下げをしないと東にいうのです。それを聞いた福子は、生まれたばかりの幸を連れて東京に行きます。

 

萬平に過去のことは忘れて新しくスタートしてほしい。萬平には、世の中の人に役立ちたいというものをまた作ってほしい。そういって、刑務所から出てくることを訴え「幸」の手をさわらせます。

 

萬平は、福子のその気持ちを受け入れ国との取引を了承することにします。そして、萬平は釈放され福子と子供2人との生活がスタートします。まんぷく13週のネタバレ・あらすじはここまで。まんぷく14週のネタバレ・あらすじにつづく



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第14週ネタバレ・あらすじ「みんな幸せに」

まんぷく ネタバレ・あらすじまとめ

安藤仁子の家系図/まんぷく実在モデル一覧はコチラ!

まんぷく世良(桐谷健太)のモデルはコチラ

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です