まんぷく第15週ネタバレ・あらすじ「後悔しているんですか?」

このページは、NHKの朝ドラまんぷく」の第15週「後悔しているんですか?」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

まんぷく第14週のネタバレ・あらすじで、萬平(長谷川博己)は信用組合の理事長をお願いされて引き受けることにしました。そして、信用組合には経営に詳しい真一(大谷亮平)も一緒に働きます。

 

その続きとなる「まんぷく」15週ネタバレあらすじは、下記にのせています。まんぷく第15週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。まんぷく15週ネタバレのタイトルは「後悔しているんですか?」です。まんぷくの15週のネタバレをお楽しみください。




まんぷく第15週ネタバレ・あらすじ

萬平が信用組合の理事長になってから8年が経過しました。真一が右腕となって働いてくれているおかげもあって、信用組合の運営は順風満帆で地域の事業発展に貢献していました。

 

福子(安藤サクラ)は、家事だけでなく喫茶店で仕事をしていました。特に経済的に困っているわけではなかったのですが、空いた時間で出来るのでウエイトレスの仕事をしています。

 

タカ(岸井ゆきの)は大阪大学を卒業してから神部(瀬戸康史)と結婚をしています。そんなある日、福子に話があると親友の敏子(松井玲奈)が小さな町工場の資金を助けてあげてほしいと言われます。

 

福子は萬平に話を伝え、萬平と真一でさっそくその町工場に出向きます。その会社は、ジューサー・ミキサー・野菜をみじん切りにできる1つの調理器を作っていました。萬平はその物に興奮します。

 

すぐに売れると判断して融資を決定します。それから、萬平はその会社の「小田島製作所」に仕事終わりに毎日のように通うようになります。そんなある日、萬平を訪ねて世良(桐谷健太)がやってきます。

 

世良は、福子になぜ萬平がいないのか聞きます。福子は毎日、残業で遅くなっていると話す福子に世良は信用組合に連絡したら定時に帰っていると言われたという。

 

その晩、鈴(松坂慶子)は萬平に残業と言って何をしているのかと追及されます。萬平は、小田島製作所でお手伝いをしていると話すのでした。

 

翌日萬平には内緒で、福子は萬平が小田島製作所で作業をしているところを見ます。その活き活きとした表情を見て本当はものづくりをしたいのではないかと感じます。

 




 

自宅の土地・建物が担保に?

萬平と同じように、やがては神部(瀬戸康史)までもが小田島製作所で仕事終わりにものづくりに協力するようになります。そんな矢先です。

 

不景気のあおりをうけて、信用組合に出資してくれている梅田銀行が新規の融資は協力できないと通知してきます。萬平は、このままだと小田島製作所の万能調理器が完成しない。

 

そこで、真一に止められたにもかかわらず信用組合に残っているお金で小田島製作所に追加で融資を行います。しかし、信用組合に残っているお金には限界があるので梅田銀行以外のの出資先を探します。

 

萬平は、あらゆる金融機関をあたりますが融資をしてくれる金融機関はありませんでした。仕方なく再度、梅田銀行にお願いに行こうとする萬平に真一は、融資してもらうには担保が必要だという。

 

やがて、万能調理器が完成しますが今度は商品化するための資金が必要になります。そこで、萬平は自宅の土地、建物を担保に梅田銀行にかけあおうと考えます。

 

そのため、福子と鈴に説明をします。信用組合の仕事というより応援したい気持ちで貸してあげたい。だから、個人の家の土地・建物を担保にしたいと説明するのです。

 

鈴も福子もその説明に仰天します。家がなくなることになるかもしれない。子供もいるのに、なぜそこまでするのか鈴には理解できませんでした。しかし、萬平は本当にやりたかったのはこういうことだと目を輝かせるのです。

 

鈴は止めますが萬平の懸命なうったえに、福子は涙をにじませながら家と土地を担保に入れることを了承します。まんぷく15週のネタバレ・あらすじはここまで。まんぷく16週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第16週ネタバレ・あらすじ「後は登るだけです」

萬平モデル・安藤百福の漫画はコチラ

安藤仁子の家系図/まんぷく実在モデル一覧はコチラ!

まんぷく ネタバレ・あらすじまとめ

まんぷくのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です