まんぷく第30話感想「無事に戻った桜の絵」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の30あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第30話のタイトルは「無事に戻った桜の絵」です。

 

まんぷく29話のあらすじで、萬平(長谷川博己)は加地谷(片岡愛之助)に再会します。加地谷を怒る福子(安藤サクラ)ですが、萬平は加地谷にハンコをプレゼントして生きていくことを願います。

 

その続きとなるまんぷく第30話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、30話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「無事に戻った桜の絵」です。

 





 

まんぷく30話のあらすじ

福子は、萬平がハンコをつくっているけど本当のあなたは違う。みんながびっくりするようなものを作って世の中の役に立つ。それが萬平だといいます。福子に励ましてくれたことのお礼を萬平は言います。

 

はんこ屋が儲かると知って同業者がたくさん出てきてしんどくなってきます。一方、戦争で目が見えなくなり絵が描けなくなった忠彦ですが、キャンパスに向かっていました。

 

今までのような絵は無理でも、色がわかならないなりの絵が描ける。許してほしいという忠彦の言葉にあなたは画家やないかと言って克子(松下奈緒)は喜びます。

 

そして、萬平は克子の家を出ると鈴(松坂慶子)に打ち明けます。萬平は、なにをしようかと考えて世良(桐谷健太)に相談します。ちょうど空いている倉庫があるので、値段は掛け合ったるのでどうかといわれます。

 

克子の家に真一(大谷亮平)が顔を出します。戦地から無事に帰ってきたのです。真一はこれから会社に戻るという。そして、預かってもらっていたサクラの絵を忠彦が真一に返します。

 

真一は、そのサクラの絵を見て涙します。忠彦は、その涙を見て真一が地獄を見てきたことを感じます。そのまま真一は涙をながして挨拶することなく帰ります。

 

そして、2人は泉大津に行くと克子らに報告します。神部(瀬戸康史)もついていく。鈴もついていくという。克子の家は忠彦の実家が助けてくれるからなんとかなる。

 

忠彦や克子は快く萬平たちを送り出してくれます。子供たちはみんながいなくなることが寂しくて涙します。ここから将来に向かって別々の道を進むことになったのです。まんぷく30話のあらすじはここまで。まんぷく31話のあらすじにつづく。

 



 

まんぷく30話の感想

まんぷく30話のあらすじでは、真一が戦地から帰ってきたという回でしたね。そして、萬平たちが克子の家から出ることを決めたかいでもありました。

 

まんぷくの30話は、いよいよ動き出してきたという感じですね。どちらかというと静かな回でしたがサクラの絵を忠彦が真一に返すシーンはちょっとジーンと来ました。

 

そのサクラの絵を見てなく真一が戦争で嫌な思いをしてきたんだろうというのをすごく感じさせましたね。咲(内田有紀)がなくなり戦争から帰ってきた真一。

 

真一が今後どのように生きていくのかも気になるところですね。地獄を見てきただけに、幸せになってほしいなって思います。さて、福子たちは克子の家を離れることになりましたね。

 

ハンコ屋をして、やや余裕ができたこともあるのでしょうけど新しい世界に旅立ちましたね。萬平は世良に相談したのは正解かなって思います。いろいろ手伝ってくれそうですしね。

 

いい場所も紹介してくれそうですから、今後泉大津で萬平がどんな活躍をするのか楽しみですね。それにしても、鈴も一緒についてくるとは思わなかったです。鈴は不満を言うことが多いので克子の家の方がよかったかも。

 

神部は、克子の家に残るのもおかしな話なのでついてくることは予想できましたけど、泥棒で入ってなんでこんな仲が良くなっているんやろって疑問はどうしても残りますね。まんぷくの今後が楽しみですね。まんぷく30話の感想はここまで。まんぷく31話の感想につづく。

 





 

あなたにおススメのページ

まんぷく第31話感想「塩」

まんぷく6週ネタバレ・あらすじ「お塩を作るんですか!?」

忠彦モデルの有元一雄は画家として成功したの?

まんぷくのネタバレ・あらすじまとめ!

まんぷく公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)