まんぷく第31話感想「塩」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の31話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第31話のタイトルは「塩」です。

 

まんぷく30話のあらすじで忠彦(要潤)と克子(松下奈緒)の家から萬平(長谷川博己)、福子(安藤サクラ)、鈴(松坂慶子)、神部(瀬戸康史)が泉大津の方に引っ越しをします。

 

その続きとなるまんぷく第31話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、31話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「塩」です。

 



 

まんぷく31話のあらすじ

引越してきた家には、海が近くにあって福子と萬平、神部がはしゃいでいました。引越してきた家に文句ばっかり言う鈴に、克子の家におればよかったやないと福子はいいます。

 

萬平は、部屋に鉄板が80枚あることが気になっていました。釣り竿があったので、神部はすぐに釣りにいきました。福子と鈴は、掃除を一生懸命します。そこに、福子の親友のハナ(呉城久美)が訪ねてきてくれました。

 

ハナは、畑でとれた野菜をもってきてくれます。ごはんを食べる4人ですが、魚が一匹しか釣れてないことを責められる神部。萬平は、食事中もずっと80枚ある鉄板の使い道を考えていました。

 

福子は、鉄板のことをずっと考えている萬平を海に誘います。萬平は、暮らしの目途がたたないから鈴が心配しているんだろうと考えます。しかし、福子はあの鉄板をつかってなにをしてくれるんだろうとワクワクしているという。

 

福子は、鈴は孫が欲しいと思っていると打ち明け手を握りしめます。翌日、萬平たち4人はラーメンを食べにいきます。鈴が塩が足りないという。店を開いている2人は塩が配給でない。闇市で高い値段で買えないという。

 

萬平は立ち上がって、あの鉄板で塩をつくれないかと思いつきます。塩といえば赤穂だと・・・明日さっそく赤穂に行くという。まんぷく31話のあらすじはここまで。まんぷく32話のあらすじにつづく。

 

まんぷく31話の感想

まんぷく31話のあらすじでは、海のそばに引っ越しをしたけどまだ何をするか決めていなかったところに塩をつくることを思いつくという内容でしたね。

 

まんぷく31話を見ておもったのは、やっぱりこの夫婦がうまくまわっているのは福子のおかげなんだなあって思いました。普通、心配で心配でたまらないってのが女性は多いですよね。

 

鈴みたいに大丈夫なの?って心配するのが普通の思考だと思うんです。でも、福子は今度は萬平が何をするのか楽しみっていう考え方をしてくれます。スーパーポジティブですからね。

 

萬平がある程度、発明家として自由にさせてくれるのは福子というパートナーのおかげなんだろうなって感じました。そして、そんな中で萬平がなにをしようか思いつく。ここが二人のすごいところなのかなって思います。

 

立花萬平は発明家なので、塩っていうといまいちピンときませんが・・・ハンコの時もそうだったようにまずは食うことを考えてのことなのでしょうか。もちろん、ラーメン屋の二人が塩に困っている。

 

そんなこともあるのでしょうけど、塩をとるっていう発想にはなかなかならないですよね。とりあえずは、神部と一緒に塩をとっていこうとするのでしょうか?

 

新しい展開になってきたので、楽しみですね。でもやっぱり、なんで神部が一緒なのかって不思議ですよね(笑)まんぷく31話の感想はここまで。まんぷく32話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第32話感想「茶色い塩」

まんぷく6週ネタバレ・あらすじ「お塩を作るんですか!?」

忠彦モデルの有元一雄は画家として成功したの?

まんぷくのネタバレ・あらすじまとめ!

まんぷく公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です