まんぷく第32話感想「茶色い塩」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の32話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第32話のタイトルは「茶色い塩」です。

 

まんぷく31話のあらすじの最後に、萬平(長谷川博己)が福子(安藤サクラ)、鈴(松坂慶子)、神部(瀬戸康史)とラーメンを食べているときに塩をつくるといい始めます。

 

その続きとなるまんぷく第32話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、32話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「茶色い塩」です。

 



 

まんぷく32話のあらすじ

あの鉄板で塩をつくれないか。赤穂に行って塩づくりを勉強するのだという。鉄道の中で、そんなに簡単に塩ができるのかと聞く神部に簡単にはできないから赤穂に行くのだと説明します。

 

福子と鈴は、近所に挨拶周りをかねて着物とお米を交換してほしいとお願いしてまわります。福子のハナ(呉城久美)の家にも着物をもって挨拶にいきます。ハナの夫は、上等な着物を見て300円で買ってくれます。

 

福子は、ハナにお礼を言います。萬平と神部は、赤穂について塩の作り方を学びます。萬平と神部は海水から塩をとる手順を教えてもらいます。漢字を必要に聞く神部、萬平は作り方を聞きます。

 

鈴は萬平の行動を不信に思います。明日も明後日も暮らしていかないけないという鈴に、福子はまだいい着物を持っているのではないか。そう追求します。萬平と神部は帰ってきて、ご飯も食べずに今日見てきたことを実験します。

 

お腹をぐうぐう鳴らせながらも、2人は夜中になっても仕上げると気合いを入れます。ご飯を待つ福子と鈴は、先にご飯を食べます。福子は、夜ご飯を食べながら結婚式の時の留袖はどこにいったかききます。

 

翌日、青空が広がり神部と萬平は塩をつくる作業を開始します。福子と鈴は、翌日もハナの家に行き一番の留袖を500円に換えてもらってきます。家に戻ると、神部と萬平は塩を作っています。

 

鈴は、一人部屋で留袖がなくなったことを悲しんでいました。そこに、福子が鈴を呼びます。萬平と神部が塩を完成させたのです。塩をなめる萬平と神部、福子。しかし、鈴は茶色いといいなめようとしません。

 

喜び合う神部、萬平、福子に鈴はずっと茶色いと嘆いているのでした。まんぷく32話のあらすじはここまで。まんぷく33話のあらすじにつづく。

 





 

まんぷく32話の感想

まんぷく32話のあらすじでは、萬平と神部で塩を作るという回でしたね。福子と鈴は、ハナのところで着物を売る。そんな内容でした。しかし、鈴は相変わらずなのですが・・・今日はちょっとかわいそうって思いました。

 

自分の大切にしていた着物を福子に感づかれ、それをハナのところで売られるって・・・さすがにちょっとかわいそうですよね。もちろん、生きるためには仕方ないことなのですが、着物をあれだけ売りたくない。

 

そう話していた鈴が一番お気に入りの留袖を売らなければならないっていうのはちょっと複雑ですよね。鈴からすると萬平と神部は塩をつくってなにするのかわからないし、どうやって生活するのかな。

 

そんな不安でいっぱいだと思います。福子は、どーんと構えていますけど普通は鈴と同じ反応になるような気がしますよね。塩をつくってどうするかも決まっていない。そんな状況だと塩がいくらとれてもね。

 

しかも、見るからに茶色いし。福子は学生っぽいノリですけど、鈴は大人。そんな印象を受けてしまいます。夢と希望だけでは、不安しかないっていうのが大人なら普通。特に女性はそうなんですけどね。

 

萬平と神部は、塩ができたので今後どうするんでしょうか。とりあえずは、ラーメン屋に売るのかな?今後、塩がつくれることがわかってどうするのか。何をしようと考えるのか。そこが気になりますね。まんぷく32話の感想はここまで。まんぷく33話の感想につづく

 



 

あなたにおススメのページ

まんぷく第33話感想「人集め」

まんぷく6週ネタバレ・あらすじ「お塩を作るんですか!?」

神部のモデル・砥上峰次はどんな人?

まんぷくのネタバレ・あらすじまとめ!

まんぷく公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です