まんぷく第41話感想「真一の協力」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の41話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第41話のタイトルは「真一の協力」です。

 

まんぷく40話のあらすじで、福子(安藤サクラ)はタカ(岸井ゆきの)を心配して克子(松下奈緒)の家に行きました。そこで忠彦(要潤)の絵に対する気持ちを知ります。それ以上のことはなにも言えませんでした。

 

その続きとなるまんぷく第41話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、41話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「真一の協力」です。

まんぷく41話のあらすじ

鈴(松坂慶子)も心配だから一緒に行くといいますが福子は余計ややこしいことになるからと一人で行きます。萬平(長谷川博己)は社員から闇市で世良(桐谷健太)を見たといわれます。

 

神部(瀬戸康史)は、世良が闇市に流したのではないかと疑います。萬平は友達を悪く言うなと神部をしかります。しかし、心配になった鈴は、専売局に連絡すると少ない数を受け取ったといわれます。

 

一方の福子は真一(大谷亮平)の家に行き忠彦のことを相談します。そして、真一と一緒に福子が克子の家に行きます。福子は、萬平も仕事をはじめると食事を忘れます。

 

しかし、体を壊してまで仕事をしてほしくない。家族は心配する権利があるのではないかという。真一もその福子の意見に同意します。福子は鏡を渡して自分の顔をみてといい、克子も毎日心配で眠れないと本音を打ち明けます。

 

その帰りに、真一と一緒に歩いているところを従業員が偶然に見かけてしまいます。その仲良さそうな感じを見て疑ってしまいます。その晩、忠彦は絵に向かっていましたが描くのをやめ、お茶漬けをつくってほしいと克子にお願いします。

 

そして、忠彦は克子に謝罪しぎゅっと抱きしめます。一方、萬平は世良のことで悩んでいました。そこに従業員が戻ってきて・・・福子が男と一緒に歩いているのを見たと伝えられます。

 

福子が帰ってきて、今日は誰と会っていたのかを萬平が聞こうとするとちょうど克子から電話がかかってきます。克子から福子はお礼を言われタカ(岸井ゆきの)が来てくれると安心します。まんぷく41話のあらすじはここまで。まんぷく42話のあらすじにつづく。

 




 

まんぷく41話の感想

まんぷく41話のあらすじでは、忠彦が鬼の形相で絵をかいていくのをやめ家族とのバランスをとることを約束してくれました。一方で、萬平は世良の仕事のことや福子の浮気を疑いはじめるところでしたね。

 

世良については、割りと早い段階でわかってよかったですね。もっと早めに専売局に連絡しとけばよかったですよね。最初に塩が茶色いからって言われたときに、どれくらい白くすればいいのかを確認にいけば一発でわかったのにって思いました。

 

ただやみくもに白くてきれいな塩っていわれても専売局の判断がわからなければ、修正の方法がないのでまずは専売局に品質の確認をするのが最も早い段階でわかったのかなって思います。

 

それでも、すべてを専売局に収めてないってことがわかったのでよかったですね。今後、世良を萬平がどうするのかってことは考えないといけないですね。友達だからこそ、今後はお互いにしっかりとビジネスをしてほしいなって思います。

 

それにしても、福子は機転がききますよね。真一に一緒に説得に行ってもらうっていうのはなかなかおもいつかないですよね。萬平が行くよりも絶対にそっちの方が効果がある。

 

福子もそう思って真一にお願いしたんでしょうね。真一が今、どうしているのかも気になっていたので足を運んでみたんでしょうね。こういった気配りができるところが福子は上手なんですよね。

 

萬平に対してもそう。鈴との間をうまくとりもちながら支える。本当にすばらしいですね。ただ、真一との浮気を疑われてしまう原因になりましたけど。萬平は、世良のこともありますし心がもやもやしているでしょうね。

 

この萬平の気持ちはいつ晴れることになるのでしょうか。福子は、聞かれたら普通に真一さんにお願いしたのよって言っておわりのような気がしますが・・・萬平が聞くところがちょっと面白かったりします。まんぷく41話の感想はここまで。まんぷく42話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第42話感想「三田村会長からの投資」

まんぷく ネタバレ・あらすじまとめ

まんぷくの真一(大谷亮平)モデルはコチラ

忠彦のモデル有元一雄は画家として成功したの?

タカ(岸井ゆきの)モデル/東冨巨代はどんな人なの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)