まんぷく第43話感想「源義経」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の43話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第43話のタイトルは「源義経」です。

 

まんぷく42話のあらすじで、福子(安藤サクラ)は三田村会長(橋爪功)から3万円もの金額を投資してもらいました。また、福子のお腹にはたいぼうの赤ちゃんがいることが判明して萬平(長谷川博己)も鈴(松坂慶子)も大喜びします。

 

その続きとなるまんぷく第43話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、43話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「源義経」です。

 



 

まんぷく43話のあらすじ

昭和22年の春になりました。たちばな塩業は、順調になっていました。福子は臨月を迎えていました。家事はもうしなくていいと萬平がいうため、鈴がいっぱいいっぱいになります。

 

鈴のもとで働く赤津が足を怪我したので、鈴は大忙しです。萬平は三田村会長が投資してくれた3万円をどう使うか考えていました。福子は、新しいことを始めたらどうかとアドバイスします。

 

萬平は、新しいことをはじめるのに躊躇していましたが福子が冒険しているところをみてみたい。世の中の役にたつことをみてみたい。そう背中を押します。

 

萬平が考え事をしていると、鈴の話が聞こえません。しかし、神部(瀬戸康史)が仕事の話をしたらそれに応えます。鈴は、自分の話を無視したことに怒ります。私は武士の娘だといい、先祖をさかのぼると源義経だといいます。

 

それを萬平は、大笑いしてしまいます。そのタイミングで、世良(桐谷健太)から電話がかかってきます。世良は、投資した1500円はどうするのかと聞くための電話でした。

 

そして、福子が親友のハナ(呉城久美)のところに遊びに行っていたところを萬平が迎えにいくと、鈴がいなくなっていました。行方不明になったのです。まんぷく43話のあらすじはここまで。まんぷく44話のあらすじにつづく。

 




 

まんぷく43話の感想

まんぷく43話のあらすじでは、塩づくりが順調に進み始めてたちばな塩業がうまく周るようになりました。しかし、源義経の先祖であるという鈴を萬平が馬鹿にして笑ったことで鈴がいなくなる。そんなストーリーでした。

 

しかし、萬平と福子って普通逆なんですよね。男の人がいろんなことに手を出したがるけど、女の人が現状うまくいっているのだから新しいことを始めるのを止める。これが普通だと思うんです。

 

世良がいうように、会社を大きくしたらいいって延長線上で考えるのが女の人だと思うんです。それが福子と萬平は逆の発想なんですよね。それがこの夫婦の魅力なのかもしれませんね。

 

鈴は、怒って出ていってしまいましたね。萬平に源氏にさかのぼるっていって笑われたことに腹をたてたのだと思います。こうなると、面倒ですよね。福子が説得するしかないんでしょうけど、福子も身重ですからね。

 

なかなか現実的には対策しようがないと思うんですよね。この問題は、案外根が深いですよね。そもそも、鈴はどこに行っているのか気になりますね。克子(松下奈緒)のところぐらいしか行くあてもないと思うんですけどね。

 

萬平と鈴の関係が本格的に悪化しなければいいのですけどね。萬平も事業がうまくいきだして、鈴にたいしてちょっと笑いすぎましたよね。一応、あんなですけど義理の母ですからね。もっと、丁重に扱わないとあかんですよね。

 

神部の話を聞いて、鈴の話をスルーするのはさすがにあかんと思いました。それが面白いんですけどね。まんぷく43話の感想はここまで。まんぷく44話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第44話感想「ハハイエデ」あらすじ

まんぷく あらすじ・ネタバレ・モデルまとめ

鈴(松坂慶子)の実在モデルは武士の娘なの?

まんぷくの世良の実在モデルはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)