まんぷく第46話感想「突然の陣痛」あらすじ

このページは、朝ドラ「まんぷく」の46話あらすじ感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第46話のタイトルは「突然の陣痛」です。

 

まんぷく45話のあらすじで、鈴(松坂慶子)が家出しているのをみんなで探しますが萬平(長谷川博己)と福子(安藤サクラ)は克子(松下奈緒)の家に行っても居所がわからないまま泉大津に帰ります。

 

その続きとなるまんぷく第46話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、46話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「突然の陣痛」です。

 



 

まんぷく46話のあらすじ

泉大津に戻ったころに、克子の家に鈴がやってきました。鈴は、萬平や福子が来ていると思ったからここによらなかったという。鈴は、萬平や福子はこき使うし・・・タカ(岸井ゆきの)の方がいいといわれるし・・・と愚痴をこぼします。

 

克子は、さっそく福子に電話をかけます。福子は安心します。克子は鈴はすねているだけで、しばらくはこっちに泊まらせてあげるといいます。電話を切ったあとに、福子は萬平になにかおもいついたのではないか。

 

そう聞きます。一方、タカがまき割りをしているところを神部(瀬戸康史)が手伝います。その様子を見ていた社員が2人の関係は怪しいと広まります。

 

そのころ、忠彦(要潤)は鈴をモデルにして絵をかいています。忠彦は、上手に鈴をのせていきます。忠彦も頭にくることや腹立つこともある。でも、どんな人にも輝ける一瞬がある。鈴を輝いているとどんどんのせていきます。

 

すると、鈴は本当は申し訳ないと思っていると涙をながします。そんな鈴に忠彦はそっとハンカチを渡します。鈴の周りに悪い人はいないと忠彦は諭したのです。

 

萬平はそれからずっと新規事業のことを考えます。神部は、タカの洗濯を手伝うと従業員たちがおしかけてきます。タカを狙っているのか。そういって喧嘩になります。そこに福子が間が入って止めに入ります。すると、福子の陣痛が始まります。

 

慌てて萬平たちがかけより産婆さんを呼んでくるように指示をします。まんぷく46話のあらすじはここまで。まんぷく47話のあらすじにつづく。

 

まんぷく46話の感想

まんぷく46話のあらすじでは、鈴が克子の家にやってきたという回でしたね。また、神部がタカを狙っていると従業員と喧嘩になりそうなときに福子の陣痛がやってきたというストーリーでした。

 

鈴がついに出てきましたね。映画館に行ってたとかってありえんですよね。みんな心配してたのに、それを逆手にとって福子たちがいなくなってからくるってね。

 

しかし、忠彦があんなに上手に鈴をのせるとは思わなったですね。あんなに、かたくなだった鈴が自分も本当は悪いと思っているって打ち明けましたもん。克子みたいに攻め立てると本心を明かさないけど、忠彦みたいにされると心打ち明けてくれるんですよね。

 

鈴は意地になっていたし、もともと頑固やから余計にそんなところがあります。絵を描いてあげる中で忠彦の優しさを感じたかいでしたね。鈴の気持ちも少しは晴れてきたのかなって思います。

 

さて、もう一つ気になるのが神部と従業員たちですね。タカをめぐって喧嘩していました。男がたくさんで若い女が一人ですから、そりゃあ人気はでるのはわかるけど・・・喧嘩せんでもええのに。結局選ぶのは、タカですからね。

 

それでも、ほかの人からすると鈴に手を出すなって言われているってのもあるし、若いからってのがあったと思います。そのあたりのことを神部はなにも考えてないんだと思います。

 

気持ちに純粋なんですねきっと。神部については、忠彦がどのような印象をもっているのかってのも重要かなって思います。福子の陣痛もはじまったので、ストーリーがうごきだしましたね。今後が楽しみです。まんぷく46話の感想はここまで。まんぷく47話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第47話感想「立花源」

まんぷく あらすじ・ネタバレ・モデルまとめ

まんぷくの神部(瀬戸康史)のモデルはコチラ

タカちゃん(岸井ゆきの)の実在モデルはコチラ

鈴(松坂慶子)のモデルの先祖は源義経なの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)