まんぷく第66話感想「有罪」

このページは、朝ドラ「まんぷく」の66話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。まんぷくの第66話のタイトルは「有罪」です。

 

まんぷく65話のあらすじで、ダネイホンの偽物が出てきましたが世良(桐谷健太)が相手を脅してその場は収まります。そして、福子(安藤サクラ)が第2子を妊娠したことを萬平(長谷川博己)に報告します。

 

その続きとなるまんぷく第66話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、66話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「まんぷく」のあらすじが気になる。もしくは、「まんぷく」の感想が読みたいというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。タイトルは「有罪」です。

 



 

まんぷく66話のあらすじ

萬平は子供ができたことでにやけて上京します。萬平は、一般の人に声をかけられダネイホンの萬平さんと言われ違いますと怒ります。支店にやってきた萬平は、近況を聞きます。みんな仕事を頑張っていると、世良もほめるほどです。

 

福子は、赤ちゃんがいることを克子(松下奈緒)たちに報告します。そこで、鈴(松坂慶子)がタカ(岸井ゆきの)に手紙で神部(瀬戸康史)とやりとりしていると言われ神部の話になります。鈴は神部が泥棒だったと子供たちにいいます。

 

東京組は、社長が来たのでみんなで食事をします。神部が時々行く食堂にいきます。食堂の店員を見てみんな美人だと話で盛り上がります。しかし、食堂の女性は神部のことがきになっている様子です。

 

その晩、萬平は福子に電話をします。萬平は列車でみた富士山を見て、お腹の子供も含めて4人で登ろうと約束します。そうして、電話を切ります。

 

そして、夜も10時が過ぎているのに会社に電話がかかってきます。萬平が電話にでます。翌朝、大阪のたちばな栄養食品の電話が鳴ります。神部からの電話で、萬平が進駐軍に逮捕されたと連絡です。

 

福子が電話をとり事情を聴きますが、脱税だという。後程、一緒に行っていた真一(大谷亮平)から電話がかかります。奨学金が給料にあたると所得税法に問われたのだという。

 

あれは、奨学金で真一も萬平もそう主張していますが、聞き入れてくれないのだという。そして、翌日萬平は起訴され有罪になり重労働4年、罰金7万円だという。まんぷく66話のあらすじはここまで。まんぷく67話のあらすじにつづく。

 

 

 

まんぷく66話の感想

まんぷく66話のあらすじでは、これまでうまくいっていたことが一転して萬平は逮捕され有罪になってしまいます。あまりの突然のことで、周囲もみんな驚き悲しむというストーリーでしたね。

 

しかし、萬平はよく逮捕されますよね。いつも、貧乏くじをひくというかうまくいきはじめると逮捕されてしまいます。おかみに目を付けられているのかなって思ってしまいます。

 

あいつは絶対悪いことをしてるって。しかも、今回はもう有無も言わさず起訴され裁判にかけられ刑務所行きになってしまいました。しかも4年って期間もあります。

 

また、7万円という罰金も支払える金額ではないため・・・どうするんやろって思いますね。福子のお腹に子供もできて、ダネイホンも順調に行って幸せの絶頂やったのに・・・。

 

なんで、きちんとした取り調べをすることなく裁判にかけられたんだろ?なんか、その疑問だけが残りますね。もうなにも聞き入れてくれない。そんな感じでしたね。

 

しかし、福子は心配でしょうね。逮捕されたこともわけわからないけど、有罪なって4年間刑務所って意味わからないですもんね。あまりに突然すぎてショックで流産とかしなければいいですけど・・・。

 

進駐軍での逮捕なので、日本の法律も関係ないし・・・今後どうなってしまうんだろ?そんなことを感じました。少しでもはやく出所できればいいんですけどね。福子も会社も萬平がいなくなり心配です。まんぷく66話の感想はここまで。まんぷく67話の感想につづく。

 



 

あなたにおすすめのページ

まんぷく第67話感想「弁護士」

まんぷく 12週のネタバレ・あらすじはコチラ

安藤仁子の人生はどんなものだったの?

萬平(長谷川博己)モデル・安藤百福の人生まとめ

まんぷくのキャスト一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)