前田旺志郎(キース・幼少期)

前田旺志郎

このページは、2017年後半の朝ドラ「わろてんか」でキース幼少期を演じるキャストの前田旺志郎(まえだおうしろう)さんについて紹介します。

また、前田旺志郎さんが演じるキースの幼少期がどんな役どころになるのか。見どころがいったいどこにあるのかについて、後半にお伝していきます。

少しだけ解説すると、キースは現在のしゃべくり漫才の原型をつくる人物になります。その幼少期は嫌なやつ?詳しくは後半をご覧くださいね。

その前に、まずは前田旺志郎さんがどんな俳優なのか。どんな芸能活動をしてきているのか。出演作品など具体的にみていきますね。







前田旺志郎はどんな芸能人なの?

前田旺志郎さんは2000年12月7日生まれの現在16歳です。大阪府出身で、現在は俳優中心に活動しています。俳優の他にもタレントやお笑い芸人としても活動しています。

お笑い芸人としては、兄の前田航基さんとともにコンビを組み「まえだまえだ」として活動しています。どちらかというと「まえだまえだ」としての知名度の方が高いと思います。

「まえだまえだ」といえば2007年のM-1グランプリにて準決勝に、当時6歳で史上最年少出場を果たしました。当時の人気ぶりは凄まじく、子供らしく元気いっぱいに壇上に出ていました。

大人顔負けのツッコミやボケをかまして、お茶の間を賑やかにしてくれました。学校との両立のため、しばらくテレビの出演をひかえていたのか、少し見ないうちに、気が付けば大人びた顔立ちになって俳優として活動されていました。

俳優としてここ最近注目を集めた作品が2017年1月より放送された、松たか子主演ドラマ「カルテット」です。この作品で前田旺志郎さんは第3話に主人公の父親の親戚の少年として出演しました。

突如あらわれた謎の少年で物語に良いアクセントを加え話の内容に引き込ませてくれました。視聴者からの演技は好評で、久々に観た前田旺志郎さんの姿に、親のような気持ちで成長を感じながら見ている人が多かったです。

学業に専念しながらの芸能活動となりますので目覚ましい活躍はまだなかなか見ることはできませんが、学業が落ち着いて俳優業に専念できる時が来れば、今以上に活躍することは間違いないでしょう。

すでに演技派であると高評価を得ているので、ドラマなどで引っ張りだこになるかもしれません。私以外にもいらっしゃると思いますが、個人的にいつか兄と共に成長した「まえだまえだ」のコントを見てみたいなとも思います。

学業との両立をしながらの活動は大変だと思いますが、俳優としてこれからもっともっと頑張っていってほしいなと思います。わろてんかでは、重要なキースの幼少期を演じます。








わろてんかのキースの幼少期

前田旺志郎さんが「わろてんか」の中で演じるキースは、藤吉(松坂桃李)やリリコ(広瀬アリス)と一緒に育った旅芸人になります。幼いころから芸人として活動していました。

藤吉とてん(新井美羽)が初めて出会ったのも、その幼少期になります。その時に藤吉と一緒にいたのがキースの幼少期になるんですね。なので、幼いころからてんとも知った仲です。

キースの幼少期の見どころとしては、てんと藤吉との関係ですね。ここが一番気になります。やがては、てんや藤吉が経営する寄席に出演してくれるようになりますが、最初の出会いがどんなものなのか。

それが幼少期としては一番の見どころになると思います。また、個人的な興味としては幼いころからあの丸眼鏡をかけているのかな?っていう楽しみはあります。

メガネ芸で有名なキースの幼少期にメガネをかけているのかも注目したいです。また、まえだまえだの弟・前田旺志郎さんがキャストということで演技も期待したいですね。

もう16歳になっていますので、キースのどこまでの幼少期を演じることになるのか。わろてんかの中でとても大切な役どころになってくるので楽しみですね。







関連記事

大野拓朗(キース役)

新井美羽(藤岡てん/幼少期・子役)

前野朋哉(アサリ役)

広瀬アリス(秦野リリコ/はたのりりこ役)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です