新井美羽(藤岡てん/幼少期・子役)

新井美羽

このページは、2017年後期の朝ドラ「わろてんか」の主人公・藤岡てんの幼少期のキャスト子役新井美羽(あらいみう)ちゃんについて紹介します。

また、新井美羽ちゃんが演じる幼少期の藤岡てんの見どころについてはどこにあるのか。そのことについても後半に詳しくみていきたいと思います。

少しだけ説明すると、幼少期の藤岡てんはとにかくよく笑う女の子です。しかし、その笑顔が災いを起こしてしまうのです。詳しくは後半をご覧くださいね。

その前に、子役の新井美羽ちゃんがこれまでどんな活躍をしてきたのか。どんな作品に出演しているのか。くわしくみていきます。








新井美羽はどんな子役なの?

新井美羽ちゃんは2006年9月17日生まれの現在10歳の子役です。出身地などはおそらく身元安全のためで公開されていません。

子役として3歳から活動していて次世代の芦田愛菜ちゃんと呼ばれているほどの、子役さながらの実力と人気を持っています。

趣味・特技ともにダンスだそうでほかにも英語や歌も好きだそうで、これからの芸能活動において極めていくと役にたつ特技と趣味なのかもしれません。

また新井美羽ちゃんには4歳下の妹の流月ちゃんがいます。流月ちゃんも子役として活動しており、いつか姉妹共演が無いだろうかと楽しみにしている方もいます。

そんな新井美羽ちゃん子役として活動を始めてから今まで、映画に2本、テレビドラマ20本、CM13本に出演していて、ほかにもカタログや雑誌などにも出ています。

この活躍ぶりから次世代の芦田愛菜ちゃんと呼ばれていることに深く頷けます。なかでも新井美羽ちゃんが最近注目を集めた作品が大河ドラマ「おんな城主直虎」です。

この作品の中で新井美羽ちゃんは柴咲コウ演じる主人公の幼少期を1話~4話にて演じました。劇中の新井美羽ちゃんの演技を見た視聴者からNHK宛に多くの好評意見が届いています。

実際に、「おんな城主直虎」を私もずっとみていますが、見入れば見入るほど引き込まれてしまい登場最後の話では寂しくなってしままうほどでした。それぐらい直虎の幼少期はよかったですね。

また、笑顔も複雑なシーンでの表情づくりも絶妙で10歳とは思えない演技力に驚きました。まだ、10歳で多くの大人を魅了した新井美羽ちゃんが成長してこれからどのような演技を魅せてくれるのかが楽しみですよね。

学校生活と両立していくのは難しかもしれませんが頑張ってほしいなって思います。大河ドラマに朝ドラにと大活躍の新井美羽ちゃんに今後も注目していきたいと思います。







わろてんかの幼少期・藤岡てんの見どころ

わろてんかで新井美羽ちゃんが演じるのは主人公・藤岡てんの幼少期になります。藤岡てんの子供時代はとにかくよく笑う笑い上戸になります。

しかし、父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)の商談の際にてんがわらっていたことでうまくいきませんでした。その影響を受けて、てんには笑いが禁止されるのです。

なので、親に反発しつつもいうことを聴かなければならない。そんな状況に陥ってしまいます。この少しはねっかえり娘を演じるなら、新井美羽ちゃんはぴったりのキャストだなって思います。

おんな城主直虎でもそうですが、とにかく自由奔放の子供時代は演技が上手です。なので、見どころとしては新井美羽ちゃんの演技が大きな見どころになると思います。

また、許嫁・伊能栞(高橋一生)と将来結婚する北村藤吉(松坂桃李)との出会いと関係についても大きな見どころになるのかなって思います。

厳しい父と祖母・ハツ(竹下景子)にどんな叱られかたをするのかというのも楽しみな点になります。いずれにしても、「わろてんか」の子役キャスト新井美羽ちゃんということで楽しみが増えました。








関連記事

葵わかな(藤岡てん/ふじおかてん役)

千葉雄大(藤岡新一/ふじおかしんいち役)

鈴木保奈美(藤岡しず/ふじおかしず役)

竹下景子(藤岡ハツ/ふじおかはつ役)

遠藤憲一(藤岡儀兵衛/ふじおかぎへえ役)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)