鈴木保奈美(藤岡しず/ふじおかしず役)

鈴木保奈美

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」の藤岡しず(ふじおかしず)を演じるキャスト鈴木保奈美(すずきほなみ)さんについて紹介します。

藤岡しずの実在モデルはコチラ

また、鈴木保奈美さんが演じる藤岡しずがどんな役どころで、見どころがどこにあるのかについても後半にお伝えしていきます。

少しだけ説明すると、藤岡しずはヒロイン・藤岡てん(葵わかな)の実母になります。てんのことを誰よりも愛している母になります。詳しい内容は後半で。

その前に、まずは鈴木保奈美さんがどんな女優なのか。これまでどんな作品にでてきているのか。代表作はどんなものがあるのかについてみていきます。








鈴木保奈美はどんな女優なの?

鈴木保奈美さんは1966年8月14日生まれの現在50歳です。出身は東京です。現在は、とんねるずの石橋貴明さんの奥さんであることも有名ですね。

1986年に女優デビューを果たしてからはその当時爆発的人気があったトレンディードラマの作品に数々出演し、女優鈴木保奈美としての人気と知名度を不動のものとしました。

一方でプライベートでは、鈴木保奈美さんは2度の結婚を経験しています。1度目は1994年にF1の解説者であった川井一仁さんと結婚し、およそ3年の結婚生活を経て離婚します。

その翌年、とんねるずの石橋貴明さんと結婚します。このとき妊娠3か月であったことから石橋貴明さんとの結婚を機に芸能界を一時引退します。

2008年に芸能界の復帰を徐々にはじめ2011年に放送された上野樹里さんが主演の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」にて主人公の母役として出演したことで本格的に女優としての復帰を果たします。

女優・鈴木保奈美さんといえばトレンディードラマの中でも圧倒的な人気を博した。「東京ラブストーリー」で演じた赤名リカとしてのイメージが26年たった今でも色濃く根付いています。

ゆえに鈴木保奈美さん自身の代表作ともいわれる作品です。一回の引退を経て復帰してから再び鈴木保奈美さんの演技の魅力を見せつけたのが2016年に公開された映画「カノン」です。

比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さん演じる三姉妹の母親役を演じました。アルコール依存症に陥りその症状の重さから記憶をなくしてしまった母親を演じました。

その演技はいい意味で東京ラブストーリーの赤名リカを払拭し、役どころゆえに複雑さを持ち合わせた圧倒的な演技であったとネット上で高評価な声が上がっていました。

鈴木保奈美さんは、大女優の一人ですがNHKについてはそれほどたくさん出ている印象がありません。大河ドラマは前述した「江~姫たちの戦国~」と「元禄繚乱」の2作品だけです。

また、朝ドラについても今回の「わろてんか」が「ノンちゃんの夢」依頼、2度目の出演になります。なので、朝ドラもかなり間が空いていますね。今後、もう少しNHKでも見たいですね。








わろてんかの藤岡しずの見どころ

わろてんかの中で、藤岡しずの役どころは主人公・てんのことを優しく見守る母になります。てんがよく笑うことや優しいところは、母のしずからきています。

しず自身は、料理が得意で「藤岡屋」を支える人物の一人です。ただ、少し面白いキャラクターになっています。ゆったりとしながら、うっかりしてしまう。

婿養子として儀兵衛(遠藤憲一)が藤岡屋に入っていますので、母のハツ(竹下景子)や店の人との間を取り持つ役割も担っています。家族や店の中の縁の下の力持ちの役割を果たしています。

なので、見どころとしては儀兵衛に対する接し方や子供たちとどのように接しているのか。そのあたりのところが一番の見どころになります。

やまとなでしこの女性として、藤岡家でどんな立ち居振る舞いをしているのか。てんとの関係に注目ですね。やまとなでしこなキャスト鈴木保奈美さんを選んでいるのはさすがだなって思います。







関連記事

林ちよ(吉本せいの母)はどんな人物だったの?

葵わかな(藤岡てん/ふじおかてん役)

遠藤憲一(藤岡儀兵衛/ふじおかぎへえ役)

千葉雄大(藤岡新一/ふじおかしんいち役)

堀田真由(藤岡りん/ふじおかりん役)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です