MENU

わろてんか第10週ネタバレ・あらすじ「笑いの神様」

わろてんかネタバレ10週

 

このページは、朝ドラわろてんか」の第10週「笑いの神様」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

 

わろてんか第9週のネタバレ・あらすじで、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)の間に長男・隼也が出来ます。そして、藤吉が買いたかった2つ目の寄席を購入します。

 

 

 

その続きとなる「わろてんか」10週ネタバレあらすじは、下記にのせています。その前に、1話ごとの感想を掲載しますので興味があるあなたは先にご覧いただけたらと思います。

 

わろてんか第55話の感想「大看板」

 

わろてんか第56話の感想「ストライキ」

 

わろてんか第57話の感想「妻からの要求」

 

わろてんか第58話の感想「偽団吾」

 

わろてんか第59話の感想「一番弟子」

 

わろてんか第60話の感想「団真が逃げ出す」

 

 

わろてんか第10週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

 

 

わろてんか10週ネタバレの始まりです。タイトルは「笑いの神様」になります。下記からわろてんかの10週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

わろてんか10週 ネタバレ・あらすじ

 

大正5年秋、2つ目の寄席もオープンして北村笑店は順調に業績を伸ばしていきます。そして、世の中は第一次世界大戦の影響で好景気になっていました。

 

 

 

その勢いに乗り、藤吉は寄席をさらに増やそうと考えています。てんも忙しいために、隼也をベビーシッターに預けて仕事を行っていました。

 

 

 

その頃、藤吉はもう一つ考えていたことがありました。それは、月の井団吾(波岡一喜)を北村笑店の専属の芸人にしようとしていたのです。

 

 

 

月の井団吾は、落語会の風雲児と呼ばれもし契約をするのであれば契約金もとても高いです。藤吉は、借金をしたとしても月の井団吾と契約をしようと不退転の覚悟をもっていました。

 

 

 

てんは、心配していましたが藤吉は言い出したらきかずそのまま団吾と契約をしようと動き出します。しかし、それに対してこれまでに風鳥亭に出演していた芸人が反発をしたのです。

 

 

 

団吾に1万円の契約金を支払うのなら、自分たちにも支払うように抗議してきたのです。そこには、キース(大野拓朗)、アサリ(前野朋哉)、万丈目(藤井隆)らがハチマキを巻いて講義をしていたのです。

 

 

 

しかし、藤吉はそんな芸人たちに働きたくないなら風鳥亭に出なくていいとバッサリと切ります。その日、てんは寄席の前で倒れている女性をみかけ心配して声をかけます。

 

 

 

大阪に逃げてきた様子で、名前はお夕(中村ゆり)と言います。夫と一緒だったのですが、逃げるときにはぐれたのだ教えてくれます。お夕は、しばらく寄席の仕事を手伝ってくれることになります。

 

 

 

 

団吾となんとしても契約したい藤吉

 

一方の藤吉は足しげく団吾のもとに通いますが、契約の話まですることができていません。そんなある日、団吾が万々亭に来ていると聞き藤吉は慌てて万々亭に行きます。

 

 

 

しかし、万々亭にいたのは団吾ではなく団真(北村有起哉)でした。団真は、お夕の夫なのだという。団真は、団吾のふりをして寄席を回っていたのだと言います。

 

 

 

お夕が腕は確かなのだというので、風鳥亭で落語をやらせてみるとそれがすごく上手だったので藤吉はいい人材を見つけたと思い喜びます。しかし、そこに団吾がやってきたのです。

 

 

 

聴けば団真は、団吾の弟子なのだという。団真と団吾の父が、なんとお夕の父なのだと言います。団真がお夕の父の一番弟子だったのだが、お夕と駆け落ちしたことで破門になり団吾が後を継いでいるのだという。

 

 

 

団吾は、借金に追われており契約金が2万円、給料が500円であれば北村笑店と契約をしてもいいと言いかえっていきます。藤吉は、団吾を追い2万円の契約金と給料も約束します。

 

 

 

その際に、団吾は団真と一緒の高座には出ないので、団真を上げないことを約束します。翌日、キースや万丈目たちは風鳥亭にストライキで出ていません。

 

 

 

他の芸人たちも電車の事故でこれなくなり、寄席がまわらなくなっていました。困ったてんは、団真にお願いして話をしてもらうことになります。客席も吸い込まれるように見ていました。

 

 

 

しかし、どこかから団吾の偽物という声が上がったところで団真は怒って高座を途中でやめてしまいます。お夕がなんとか励まそうとしたのですが、団真はもう俺は終わっている。

 

 

 

お前の励ましがプレッシャーになる。団吾のところにでも行けと一方的にお夕を責めます。そして、藤吉も勝手に団真を上げたてんを怒ります。

 

 

 

こうして、二組の夫婦には亀裂が生じてしまっていたのです。わろてんか第10週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか第11週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

わろてんか第11週ネタバレ・あらすじ「われても末に逢わんとぞ」

 

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

 

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

わろてんかの原作はコチラ(楽天)

 

わろてんかのネタバレ・あらすじまとめはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 


わろてんか第10週ネタバレ・あらすじ「笑いの神様」記事一覧

このページは、朝ドラ「わろてんか」の55話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第55話のタイトルは「大看板」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの54話のあらすじ感想で、てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)はお互いが仲直りします。てんも藤吉を日本一の席主になってもらいたい。そう願うようになります。その続きとなるわろてんか第55話のあらす...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の56話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第56話のタイトルは「ストライキ」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの55話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)は落語会の風雲児の月の井団吾(波岡一喜)をなんとか自分のところと契約してもらえないかと考え始めます。その続きとなるわろてんか第56話のあらすじと感...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の57話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第57話のタイトルは「妻からの要求」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの56話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)は落語会の風雲児の月の井団吾(波岡一喜)と契約してもらえないかと行動し、ストライキを起こす芸人たちを無視します。その続きとなるわろてんか第57話...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の58話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第58話のタイトルは「偽団吾」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの57話のあらすじ感想で、漫々亭に団吾(波岡一喜)がいると聞きつけた藤吉(松坂桃李)が向かった先には、似てもにつかぬ人物がいました。それは、なんとお夕(中村ゆり)の夫だったのです。その続きとな...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の59話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第59話のタイトルは「一番弟子」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの58話のあらすじ感想で、団真(北村有起哉)が藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)に落語を見せているところに団吾(波岡一喜)がやってきます。すると、団真はそのままその場から走って逃げます。それ...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の60話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第60話のタイトルは「団真が逃げ出す」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの59話のあらすじ感想で、団吾(波岡一喜)が藤吉(松坂桃李)の寄席に上がるなら団真(北村有起哉)を上げないことを条件に出しました。その続きとなるわろてんか第60話のあらすじと感想をお伝...

このページの先頭へ