わろてんか第17週ネタバレ・あらすじ「ずっとわろてんか」

わろてんか17週
このページは、朝ドラわろてんか」の第17週「ずっとわろてんか」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

わろてんか第16週のネタバレ・あらすじで、団吾(波岡一喜)が風太(濱田岳)の反対をおしきり、依頼のあったラジオ出演を面白いと感じ落語を披露しました。

 

その続きとなる「わろてんか」17週ネタバレあらすじは、下記にのせています。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

わろてんか17週ネタバレの始まりです。タイトルは「ずっとわろてんか」になります。下記からわろてんかの17週のネタバレをお楽しみくださいね。

 



 

わろてんか17週 ネタバレ・あらすじ

てん(葵わかな)の看病のかいあって、藤吉(松坂桃李)は、仕事復帰するまで回復をします。そして、てんと一緒に東京に視察に訪れます。

 

東京で、再び仕事の意欲がわいてきた藤吉は将来の夢としてアメリカの笑いを見に行くことを望みます。そして、大阪に戻った際には万歳を100年続くように風太(濱田岳)とキース(大野拓朗)にはっぱをかけます。

 

一方、トキ(徳永えり)は風太の子供を妊娠します。その名前の命名をしてほしいと、風太は藤吉に頭を下げてお願いをします。また、新聞社の記者・楓(岡本玲)に万丈目(藤井隆)が取材されます。

 

藤吉は、てんに余興主として仕事をするように提案します。すると、てんは女性ならではの観点でなにかできないか考えるようになります。

 

子育ても一段落がついているので、てんも余興主として仕事をまい進していきます。一方、万丈目の新聞連載は好評で新しい才能を発揮することになりました。

 

そのころ、伊能(高橋一生)も活動写真から映画に転身しようとしていました。そのことを相談された藤吉は、伊能の背中を押すアドバイスをします。

 

また、キースとアサリ(前野朋哉)は、風太の指示で庶民のためのネタを考えるために銭湯に毎日通うことになりました。そして、どつきなしのしゃべりだけの万歳でいくことを決めます。

 

キースとアサリは、銭湯に通ったことで普通の生活の中の笑いをなんとか生み出そうとしますが、なかなかネタが思いつきません。

 




 

しゃべくり漫才の誕生

それを聞いたてんは、ネタなら万丈目にお願いしたら新しいものが生まれるのではないかとアドバイスします。ちょうどそのころ、啄子(鈴木京香)がアメリカから帰ってきました。

 

啄子は、成長している北村笑店に驚きます。そして、藤吉に今後のことを託しあることを告げます。そして、啄子は再びアメリカに飛び立ちました。

 

それから数日後、藤吉が再び倒れてしまいます。藤吉が床に伏せているときに、風太が新しい万歳をなんとしても藤吉に見せたい。新しい形を生み出したい。

 

そう話、キースとアサリにはやく仕上げるように命じます。とはいえ、台本は万丈目がつくるので、なかなか進まないことにいら立ちを感じています。

 

しかし、藤吉のためにとてんも一緒に新しい万歳の形ができることを手伝い万歳の完成を急ぎます。そんな藤吉のもとに伊能がやってきます。

 

藤吉は、伊能に北村笑店の役員になってほしいとお願いをします。今後、自分がいなくなった後に北村笑店のことが心配なのだと打ち明けたのです。

 

また、藤吉は伊能がてんのことをどう思っているのか確認します。伊能は、本当の気持ちを打ち明けませんが藤吉は伊能にならてんを任せてもいいと伝えるのでした。

 

それから数日後、キースとアサリの万歳が完成します。それをいち早く藤吉に見せたいと、みなで一緒にお披露目会を実施します。そこには、芸人に戻る気はないかと言われたリリコの姿もありました。

 

藤吉は、万歳をみて「しゃべくり漫才」と二人の万歳を命名します。その後、ほどなくして藤吉の体調は再び悪化します。そして、てんにこれまでのことを話します。

 

はじめてであったことから、これまでのことを振り返り藤吉がてんに秘めた思いを打ち明けたのでした。そして、藤吉はてんの腕の中で永遠の眠りについたのです。わろてんか17週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか18週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第18週ネタバレ・あらすじ「女余興師てん」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

わろてんかの原作はコチラ(楽天)

吉本せいの家系図と実在モデル一覧はコチラ!



まだ投稿がありません!

表示する記事がまだありません。