MENU

わろてんか第24週ネタバレ・あらすじ「見果てぬ夢」

わろてんか24週

 

このページは、朝ドラわろてんか」の第24週「見果てぬ夢」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

 

わろてんか第23週のネタバレ・あらすじで、てん(葵わかな)が北村笑点の芸人たちを危険な戦地への派遣第2弾を行うことを決意してみんなに伝えました。

 

 

 

その続きとなる「わろてんか」24週ネタバレあらすじは、下記にのせています。わろてんか第24週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

 

 

わろてんか24週ネタバレの始まりです。タイトルは「見果てぬ夢」になります。下記からわろてんかの24週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

わろてんか24週 ネタバレ・あらすじ

 

2度目の慰問を終えた後に、「わろてんか隊」は国外だけでなく国内でも依頼を受けていくようになりました。そこで、キース(大野拓朗)・アサリ(前野朋哉)のコンビやリリコ・シローなどの芸は拍手喝采浴びていました。

 

 

 

国内の慰問は、亀井(内場勝則)が団長となって全国を飛び回っていました。ちょうどその頃、北村笑点に新しい動きがありました。それは、伊能(高橋一生)の会社で「主演映画」をとることになったのです。

 

 

 

伊能が得意とする恋愛映画で、アサリの出番がないことにアサリはむくれます。しかし、アサリは風太(濱田岳)に伊能の力借りなくても自分らで映画作ったらどうかと冗談っぽく話すと風太がそれにのってきます。

 

 

 

その頃、てん(葵わかな)は勲章を国からもらうような話がやってきました。国の要請を受けて慰問を繰り返したことがおかみに評価されたのです。勲章を受けた日に風太は泣き、伊能はお祝いの電話をくれました。

 

 

 

そこでも、てんは謙虚にみなさんのおかげだというのでした。新聞には、おんな太閤・てんが勲章を受けると記事にされます。てんは、藤吉(松坂桃李)が勲章を受けるならいいが自分には・・・と戸惑うのでした。

 

 

 

一方、キース主演の映画が戦争の影響もあり検閲に引っかかり伊能は国から呼び出されていくつもの箇所に修正が入ります。それも、作品の肝になる部分の修正なのでとても受け入れられない内容になっています。

 

 

 

伊能の得意とする西洋の自由恋愛そのものが検閲にかかってしまっていたのです。キースは、その話を聞いてショックを受けますが納得のいかないものを高座に上げるわけにはいかないと中止に理解をしめします。

 

 

 

しかし、伊能の会社はそれがきっかけでその後の作品もすべて検閲にかかってしまい損失がどんどん膨らんでいってしまいます。伊能の会社の役員たちは伊能が独断で進めてきたことに異を唱えはじめます。その結果、伊能は自分の会社を解任という形でおわれることになってしまいました。

 

 

 

 

通天閣を買おうと考えるてん

 

一方、北村笑点の商いは相変わらず上り調子のままですすみます。そんな中で、通天閣が売りに出されているのを知った風太はてんに通天閣を買わないかとくいついていきます。てんは、役員会を開いて決めようと急がないように命じます。

 

 

 

てんは、伊能の意見を聞きたかったのです。しかし、伊能に電話してもつながらず・・・会社に行ってもいない。連絡がとれない状況がつづく中で毎月行われている役員会に伊能が出席することはありませんでした。

 

 

 

てんや風太は伊能のことを心配して探します。てんが伊能の会社に行くと、伊能が役員を解任された事実を知ります。その後、しばらく伊能がどこにいるかさえわからない状況の中で、風太がうどんを食べていると偶然に再会します。

 

 

 

伊能は、なんとか映画を続けようと東京にまでお願いしに行っていたのだという。しかし、その話もうまくいかなかったのだと打ち明けます。そして、心配しているてんのところに風太と一緒に伊能が行きます。

 

 

 

伊能は、北村笑点の役員も辞任したいとてんに話します。しかし、てんは苦しい時は一緒に乗り越えましょうといい・・・風太が北村笑点で映画を作る話があるので手伝ってほしいとお願いします。

 

 

 

しかし、伊能は映画の手伝いをすることはできないと断ります。その日は、風太のところに泊まった伊能ですが酒を酌み交わしても相変わらず口は重いままでした。翌日、てんが伊能が大切にしていたチラシを見せます。

 

 

 

それを見た瞬間に伊能が饒舌に話はじめました。そして、それは北村笑点に映画製作部門が誕生した瞬間になりました。それまで、拒否していた伊能が映画製作に協力してくれることになったのです。

 

 

 

お笑い忠臣蔵

 

映画を北村笑点で作ることになったのはよかったのですが、検閲が厳しいためにどんな内容にするのかが問題になります。脚本を担当する楓(岡本玲)は、恋愛ものをしたいと話します。しかし、ただの恋愛ものでは通らない。

 

 

 

そこで、てんが出したアイデアが忠臣蔵です。忠義がテーマになった時代劇なので、そこに恋愛やお笑いの要素を入れていったらいいのではないかと考えたのです。そして、お笑い忠臣蔵の脚本が出来上がります。

 

 

 

伊能がチェックして、これなら検閲が通るかもというものにして提出します。すると、恋愛とは関係のない史実の部分の修正が入っただけで、「お笑い忠臣蔵」の映画の脚本がほぼ認められたのです。

 

 

 

しかし、アサリと歌子(枝元萌)がどのように検閲を通り抜けたのかという話をしているところを東京の映画制作会社の新世紀キネマの工藤が聞いていたのです。その翌日、北村笑点の映画は保留になってしまったのです。

 

 

 

工藤が検閲官に告げ口をしたからです。翌日、伊能のもとに工藤がやってきて伊能がかかわる作品は日の目をみないと言い放ちます。その様子を見ていたてんは、翌日検閲官のところに確かめにいきました。

 

 

 

なぜ、急にダメになったのか確認しても答えてくれません。検閲官は、脚本を見ていい作品であるというのですが、その口は重たく理由を教えてくれることはありませんでした。

 

 

 

それから数日後です。てんが通天閣を買おうとしていることを新聞社が記事にして、売名。黒い噂などのゴシップの見出しとして新聞に載せたのです。その記事がのってから、キースたちの漫才やリリコ・シローの高座も拍手がまばらになりました。

 

 

 

それでもてんは、仏壇の藤吉に手を合わせて伊能を守ることを約束したのでした。ちょうどその時、伊能は風鳥亭に辞表をおいていなくなるのでした。わろてんか24週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか25週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

わろてんか第25週ネタバレ・あらすじ「さらば北村笑点」

 

わろてんか第23週ネタバレ・あらすじ「わろてんか隊がゆく」

 

吉本せいの家系図と実在モデル一覧はコチラ!

 

わろてんかの原作はコチラ(楽天)

 

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

 

 

 

 

 


このページの先頭へ