MENU

わろてんか第5週ネタバレ・あらすじ「笑いを商売に」

わろてんかネタバレ5週

 

このページは、朝ドラわろてんか」の第5週「笑いを商売に」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

 

わろてんか第4週のネタバレ・あらすじで、てん(葵わかな)の恋のライバル楓(岡本玲)が北村屋からいなくなりました。

 

 

 

しかし、それで結婚できるわけではないと啄子(鈴木京香)は釘を刺されます。その続きとなる「わろてんか」5週ネタバレあらすじは、下記にのせています。

 

 

 

わろてんか第5週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

 

 

わろてんか5週ネタバレの始まりです。タイトルは「笑いを商売に」になります。下記からわろてんかの5週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

わろてんか5週 ネタバレ・あらすじ

 

藤吉が北村屋で真剣に働き出していましたが、啄子(鈴木京香)は藤吉に店の帳簿を見せていませんでした。しかし、状態を知りたい藤吉がこっそり見ると大きな借金経営だったのです。

 

 

 

啄子にその借金の理由を聞いても教えてくれません。そのため、もし藤吉が店を立て直せたらてんを嫁と認めてほしいとお願いしたのです。その後、藤吉はひっしに仕事を頑張ります。

 

 

 

しかし、北村屋では事件が起こりました。それは、番頭をしていた又八がライバル店の店の婿に入ることになってしまったのです。そんな又八にも今までお世話になったと退職金を支払います。

 

 

 

藤吉は、そのことに激怒します。ライバルになる相手に退職金をたくさん支払っていったい何をしているのか。そう啄子を問い詰めると、啄子はなぜ借金が残っているのか藤吉に説明します。

 

 

 

それは、亡くなった藤吉の父親が妾につかって借金をしてできたお金だという。それを啄子が返済し続けていたのである。それを聴いた藤吉はなんとしても再生する決意をします。

 

 

 

しかし、その後お客を抜かれてどんどん北村屋は厳しくなっていきます。孤軍奮闘で啄子が頑張っていたのですが、腰を痛めてしまい身動きをとるのも難しくなってしまいます。

 

 

 

そして、藤吉はどこに行っているのかもわからず毎晩のように遅く帰るようになります。遂には、帰ってこなくなり不安になった使用人たちはてんとトキ(徳永えり)以外いなくなってしまいました。

 

 

 

藤吉はというと、リリコ(広瀬アリス)のところに通っていました。藤吉は、必死にいいわけをします。藤吉はなんとかしようと考え、キース(大野拓朗)から聞いた儲け話に乗ったのだがうまくいっていないのだという。

 

 

 

なんと、藤吉はパーマの機械を1000台以上の仕入れをしてしまっています。しかも、啄子に内緒で北村屋の土地を担保にして借りていたのです。そのため、キースの隣の家のリリコの部屋でキースを待っていたのです。

 

 

 

てんもキースを待つと言いリリコのところにで待ちます。すると、キースと一緒に啄子がやってきました。啄子のところに高利貸しがやってきたので、藤吉に事情を聴きにやってきたのです。

 

 

 

 

店を売却し寄席経営へ

 

藤吉は、店の土地を担保にお金を借りたことを啄子に話すと、怒り近くの道具にあったナイフを藤吉に向けました。それを万丈目吉蔵(藤井隆)が演劇のようにナイフを止めます。

 

 

 

それで騒ぎが終わります。てんは、藤吉が結んだパーマ機の契約書をもって伊能栞(高橋一生)のところに行きます。伊能は、契約書はきちんとしたものになているので訴えたとしても勝てないと言われます。

 

 

 

てんは、伊能にお礼を言い店に戻っていきます。店に戻ると、藤吉のもとに高利貸しがやってきて利息が返済できないなら家を差押えると言います。それをなんとか啄子と藤吉の芝居で追い返します。

 

 

 

てんと藤吉は、もうどうにもならないと店を手放すことを覚悟します。そして、最後に残った米をすべて売ろうとします。お米は、キースがお詫びの印にすべてを買ってくれました。

 

 

 

その後、キースと一緒に芸人仲間と話をしていると久しぶりに藤吉が笑顔になっているのをてんが見ます。それを見て少し安心した矢先に、藤吉はてんに京都の実家に帰るように諭します。

 

 

 

しかし、てんは怒ります。てんは、京都の家を出たときに何があろうと藤吉についていくと決めた。だから、これからもどんなことがあってもついていくと言い切るのです。

 

 

 

そして、これを機会に二人で寄席の経営をやってみないかとてんが藤吉に提案しました。藤吉は、てんに言われて寄席経営で夢を追いかけることを決めたのです。

 

 

 

その後、店と土地を売却して啄子が借金のすべてを返済します。そして、啄子はてんがいう寄席経営に反対します。しかし、啄子の反対にもてんの意思は固いものがありました。

 

 

 

女中のトキには、京都の実家に帰るように言います。てんと藤吉、そして啄子は多くの芸人が住む貧しい長屋でした。わろてんか第5週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか第6週のネタバレ・あらすじにつづく

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

わろてんか第6週ネタバレ・あらすじ「ふたりの夢の寄席」

 

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

 

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

わろてんかのネタバレ・あらすじまとめはコチラ

 

 

 

 

 


このページの先頭へ