MENU

わろてんか第6週ネタバレ・あらすじ「ふたりの夢の寄席」

わろてんかネタバレ6週

 

このページは、朝ドラわろてんか」の第6週「ふたりの夢の寄席」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

 

わろてんか第5週のネタバレ・あらすじで、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は新しい商いとして寄席を経営しようとします。

 

 

 

しかし、それに啄子(鈴木京香)は大きく反対します。その続きとなる「わろてんか」6週ネタバレあらすじは、下記にのせています。その前に、1話ごとの感想を先にのせていますので興味があるあなたはご覧ください。

 

わろてんか第31話の感想「日本一の席主」

 

わろてんか第32話の感想「縁の下の力持ち」

 

わろてんか第33話の感想「藤吉の優しさ」

 

わろてんか第34話の感想「鶴亀亭」

 

わろてんか第35話の感想「思い出の寄席」

 

わろてんか第36話の感想「生涯忘れない雪の華」

 

 

わろてんか第6週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

 

 

わろてんか6週ネタバレの始まりです。タイトルは「ふたりの夢の寄席」になります。下記からわろてんかの6週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

わろてんか6週 ネタバレ・あらすじ

 

啄子の反対をてんが押し切りますが、一月の間に目途が立たなければ寄席経営をやめるという約束をします。しかし、資金があまりない二人はなかなか寄席を見つけることができません。

 

 

 

そのまま、年が明けて諦めてきた矢先に古い寄席を見つけます。数年前に潰れていたにもかかわらず、その寄席はそのままになっていました。それを藤吉は気に入ります。

 

 

 

さっそく持ち主の亀井庄助(内場勝則)にお願いしようとしますが、門前払いされてしまいます。藤吉は、なんとか売ってもらおうと何度もその小屋に通い続けるのでした。

 

 

 

啄子もじっとしているわけではなく、野菜の商いを始めたのですが腰を痛めたために藤吉が変わりに野菜を売ります。てんは、昼間は万々亭で働き夜は内職をします。

 

 

 

その中で、時間があればてんも亀井のとろこを訪れます。やがて、亀井の心が少しずつほぐれてきて藤吉に寄席がどんなだったかについても話してくれるようになります。

 

 

 

しかし、ある日藤吉は亀井に寄席を壊して土地を売ろうと思っているのだと言われます。亀井が営んでいた寄席は、鶴亀亭といい亀井の亀と亡くなった奥さんの鶴子の鶴をとった名前をつけていたのだという。

 

 

 

鶴亀亭は軌道に乗ったことをいいことに、妻の鶴子にまかせっきりで亀井は遊んで毎日を過ごすようになって働き蜂の鶴子が先に亡くなってしまったのだと教えてくれます。

 

 

 

中心で盛り立てていた鶴子が亡くなった寄席は、一気に客足が減って潰れてしまったのだという。てんは、本当は亀井は寄席を続けたいのではないか。

 

 

 

自分から寄席をつぶして土地を売りたいと思っていないのではないかと感じ、翌日も亀井のところを訪れます。すると、亀井は何度も何度も通ってくれたてんと藤吉に寄席を譲った方がいいのではないか。

 

 

 

そう思うようになり、譲ってくれることになりました。藤吉とてんは、そのことに大喜びします。夢の寄席が自分たちのものになると二人は嬉しくなったのです。

 

 

 

 

寄席を購入するための壁

 

二人の喜びもつかの間、啄子は約束の1月を過ぎているという理由で反対します。翌朝、てんと藤吉が起きると啄子の姿がありませんでした。啄子は、二人が買おうと思っている寄席を見に行っていたのです。

 

 

 

啄子は、偶然にも藤吉が幼い頃、夫を探しに鶴亀亭を訪れたことがあったのです。そして、鶴亀亭に二人を助けてもらったことがあったので、てんと藤吉が寄席を買うことを認めてくれました。

 

 

 

ところが、芸人を派遣する寺ギン(兵藤大樹)が借金のかたに鶴亀亭を差押えようとしていました。借金の支払い期限は、3日後です。3日後に500円を用意しなければ寄席は寺ギンのものになってしまいます。

 

 

 

しかし、当時の500円は大金でてんや藤吉がポンと出せる金額ではありませんでした。そこで、てんは駆け落ちして以来二度と帰らないと決めていた藤岡家にお金の用立てをお願いしに行きます。

 

 

 

儀兵衛(遠藤憲一)の答えはNOでした。そこに、藤吉がやってきます。藤吉は、寄席はまた別のところを探せばある。だから、てんに約束を破るような真似をするなと叱ります。

 

 

 

その様子を見ていた祖母・ハツ(竹下景子)が藤吉の真摯な対応を見て高い帯留めをてんに差し出します。それを見た儀兵衛は、しず(鈴木保奈美)に500円の用意をするように言います。

 

 

 

てんは、その後二人で儀兵衛と散歩をして話をします。儀兵衛は、寄席でいつか自分を笑わせてくれというのでした。てんは、はいと返事をします。

 

 

 

外は寒く、雪花が散っていました。こうして、てんと藤吉は夢に見ていた寄席を手に入れることができたのです。わろてんか第6週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか第7週のネタバレ・あらすじにつづく

 

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

わろてんか第7週ネタバレ・あらすじ「風鳥亭、羽ばたく」

 

わろてんかの原作はコチラ(楽天)

 

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

 

わろてんかのネタバレ・あらすじまとめはコチラ

 

 

 

 

 


わろてんか第6週ネタバレ・あらすじ「ふたりの夢の寄席」記事一覧

このページは、朝ドラ「わろてんか」の31話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第31話のタイトルは「日本一の席主」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの30話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は寄席の購入を啄子(鈴木京香)に伝えると大反対されます。その続きとなるわろてんか第31話のあらすじと感想をお伝えしていきます。...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の32話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第32話のタイトルは「縁の下の力持ち」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの31話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は寄席の購入のために端席のひとつがきになります。その続きとなるわろてんか第32話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の33話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第33話のタイトルは「藤吉の優しさ」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの32話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)がリリコ(広瀬アリス)の部屋に夜遅くいかれ泣きつかれてしまいました。その続きとなるわろてんか第33話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の34話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第34話のタイトルは「鶴亀亭」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの33話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)は亀井(内場勝則)のところに足繁く通って寄席を売ってほしいと伝えます。その続きとなるわろてんか第34話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、3...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の35話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第35話のタイトルは「思い出の寄席」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの34話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、亀井(内場勝則)に頭を下げた結果として、寄席の中を見せてくれました。その続きとなるわろてんか第35話のあらすじと感想をお伝...

このページは、朝ドラ「わろてんか」の36話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第36話のタイトルは「生涯忘れない雪の華」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。わろてんかの35話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、亀井(内場勝則)に500円を3日以内に支払いしないと寄席が買えなくなりました。その続きとなるわろてんか第36話のあら...

このページの先頭へ