MENU

わろてんか第7週ネタバレ・あらすじ「風鳥亭、羽ばたく」

わろてんかネタバレ7週

 

このページは、朝ドラわろてんか」の第7週「風鳥亭、羽ばたく」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

 

わろてんか第6週のネタバレ・あらすじで、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が鶴亀亭を藤岡家から借金をして購入します。

 

 

 

その続きとなる「わろてんか」7週ネタバレあらすじは、下記にのせています。わろてんか第7週全体のネタバレあらすじを開始します。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

 

 

わろてんか7週ネタバレの始まりです。タイトルは「風鳥亭、羽ばたく」になります。下記からわろてんかの7週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

わろてんか7週 ネタバレ・あらすじ

 

藤吉とてんは、寄席経営をスタートさせるために開店準備を始めます。開業準備には、万丈目吉蔵(藤井隆)やキース(大野拓朗)も手伝ってくれました。

 

 

 

藤吉は、プログラムを頭をひねって考えています。藤吉は古くから付き合いのある芸人たちに出演をお願いします。てんは、裏方を任されます。

 

 

 

寄席の名前は、北村亭にしようと思っていましたが啄子(鈴木京香)が藤岡屋にお金を借りているので、それを返済するまでの間は北村屋は名乗らせない。

 

 

 

そう反対したので、てんと藤吉で「風鳥亭」と決めました。風に乗った鳥のように、大阪中に笑いを届けたいという気持ちからつけた名前です。

 

 

 

余興の初日、客席はまずまず入っています。しかし、芸人たちはお客を笑わすことができません。トリをつとめた和泉家玄白の落語もダダ滑りでした。

 

 

 

2日目以降も客席を笑かす芸人は現れず、お客さんの心も冷えきっていました。また、トリを務める玄白は笑いのわからない客のところではできないと4日目からで寄席をすっぽかすようになりました。

 

 

 

そのため、キースがかわりに出演したりするのでした。そこに、偶然にも伊能栞(高橋一生)が寄席を見にやってきました。寄席が終わり帰り道で、てんが伊能に藤吉を紹介します。

 

 

 

伊能は、藤吉を飲みに誘います。伊能は薬の輸入する仕事を部下に任せ自分は写真を仕事としていました。そのため、藤吉の経営姿勢が頭にきました。

 

 

 

藤吉も伊能がいきなり自分を非難するものだから喧嘩になってしまいます。しかし、お互いが気持ちをぶつけあったことで隠し事なく話をすることができるようになります。

 

 

 

伊能は、藤吉を家に送りてんに「喜楽亭文鳥(笹野高史)に会ってみないか」と藤吉に伝えてほしいと伝言をします。文鳥は、落語家の重鎮で藤吉も憧れている人物の一人です。

 

 

 

 

大阪中に笑いを届ける夢

 

伊能は、幼いころから文鳥を知っておりつながりがあるので藤吉に伝言を残したのです。そして、伊能は藤吉と文鳥を会せてくれる機会をつくります。

 

 

 

藤吉は、文鳥に門下の噺家に風鳥亭に出てくれるように一言いってほしいと頭を下げます。しかし、文鳥は断ります。文鳥は、風鳥亭の色がなにかもわからない。

 

 

 

風鳥亭の色をしっかりと打ち出してからこないと、つて頼っても無理だと言われてしまいます。てんは、その話を聞いて直接、喜楽亭文鳥さんに出演をお願いしたらどうか。

 

 

 

そうするべきだと藤吉の後を押します。藤吉とてんは、再び文鳥を料亭に招いたのです。てんは、文鳥の好きなものをしっかりと把握してそれを用意します。

 

 

 

文鳥は、上機嫌になりますが文鳥に出演してほしいという話を藤吉がすると表情が一変します。それでも、藤吉はひるむことなく端席でも文鳥の落語をもっと広めたい。

 

 

 

そう熱い気持ちをぶつけると、1度だけという限定で出演してくれることを快諾してくれました。それを知った伊能は、その日にたくさんの新聞記者たちに声をかけました。

 

 

 

文鳥が出演することで、多くの新聞記者もくいついたのです。文鳥の落語は、多数の新聞記者も見守るなか大盛況のなか無事終了しました。

 

 

 

藤吉を取材する新聞記者たちの中に、歌人を目指して北村屋を去った杉田楓(岡本玲)の姿がありました。てんは、楓との再会を喜びます。

 

 

 

楓は、今は働きながら歌人になることを目指していると話しました。そして、楓の記事の影響もあり風鳥亭は大阪の寄席の中で話題になります。

 

 

 

その話題を聞きつけて、寺ギン(兵藤大樹)が風鳥亭専属で芸人を派遣する太夫元になりたいとやってきました。条件は、売上の7割を寺ギンに支払うことです。

 

 

 

とても厳しい条件になりますが、出演者探しで困ることがなくなるので藤吉は寺ギンと契約をしました。これで、出演者探しでこまることもないので二人は安心します。

 

 

 

そして、てんと藤吉は二人で笑いをもっと広めることを誓いあったのです。わろてんか第7週のネタバレ・あらすじはここまで。わろてんか第8週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

わろてんか第8週ネタバレ・あらすじ「笑売の道」

 

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

わろてんかの動画(見逃し配信)はコチラ

 

わろてんかのネタバレ・あらすじまとめはコチラ

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ