吉本せいはどんな人物だったの?

吉本せい
NHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」の主人公、藤岡てん(葵わかな)は、「吉本せい(旧姓林せい)」をモデル(モチーフ)にしています。吉本吉兵衛(泰三)と結婚し、吉本興業の創設者となった人物です。

吉本せいは、「女今太閤」、「女小林一茶」などと語り継がれる人物です。また、通天閣を買ったことでも有名です。吉本せいはどのような人物だったのでしょうか。

今回は、吉本興業を創設し、日本のお笑いを席巻するまでに成長させた吉本せいの生い立ちについて詳しく紹介していきます。

また、後半には朝ドラ「わろてんか」の吉本せいと藤岡てんの違いについてもみていきたいと思います。モデルと同様に描かれているのか。それとも、まったく異なるように描かれるのかをみていきます。

吉本せいはどんな人物なの?

吉本せいは、明治22年(1889年)12月5日兵庫県明石市に、父・林豊次郎、母・ちよとの間に三女として生まれました。林家は、明石藩松平家の下級藩士の家系でしたが、明治維新で商いを始めます。

豊次郎の代になると、綿や麻の着物を扱う太物屋を営んでいました。せいが10歳のとき大阪に移り、米穀商、金融業を営むようになります。小学校を卒業すると、せいは女中奉公に出されます。

愛嬌のよさと機転のよさから、主人に気に入られ、お稽古事をさせてもらう特別待遇を受けました。商売に向いていると見抜いた主人から、商いのイロハを叩き込まれます。

奉公が明けると、せいは家業を手伝うため実家に戻りますが、父・豊次郎は彼女の商才に驚いたといいます。せいは、近所でもちょっとした評判になっていました。そんなとき、せいに縁談が舞い込んできます。

近所の高級荒物問屋「箸吉(はしきち)」の当主、吉本吉兵衛から、息子の吉本泰三を紹介されたのです。父の豊次郎は、娘の商才を気に入り、婿を取って、実家の米穀屋を継がせる気でいました。

しかし、母のちよが反対します。二つ返事で縁談を引き受け、吉本泰三もせいを気に入ったことから、縁談が成立します。明治43年(1910年)4月、20歳の時に、籍に入ります。

しかし、吉本家に入ったせいを待ち受けていたのは、連日芸人遊びにうつつを抜かす夫と、姑となった出口ユキの嫁いびりでした。さらに、日露戦争が終わると景気が悪くなり、箸吉の経営も傾き始めます。

家業に専念するようにせいは何度も夫に訴え、頻繁に夫婦喧嘩をしました。店は2度の差し押さえを受け、店を再建しようとするも、廃業に追い込まれます。

廃業後、夫妻は大阪天満に引越し、針仕事で生計を立てていました。あるとき、吉本泰三が、天満宮の寄席の一つ、「第二文芸館」を買い取る約束をしてきます。

せいは資金を工面するために実家を頼りますが、吉本泰三とせいを勘当同然のように扱い、縁が切れてしまいます。結局、吉本せいの実家と金貸しから借金をして、大正元年(1912年)に「第二文芸館」を買い取りました。

しかし、芸人に支払う出演料が工面できません。当時、大阪の落語を牛耳っていたのは「桂派」でした。しかし、初代桂文枝の死後、桂派から「三友派」が分裂します。

「桂派」は本格的な落語を目指し通人向けの芸を披露し、「三友派」は音曲、曲芸、踊りなどを取り入れ、素人受けの芸風で競っていました。そこに、寄席経営に新たに参入した岡田政太郎が、「反対派」を立ち上げます。

本格的な芸も素人受けの芸も関係なく、ただ「オモロイ」と思う芸と芸人を舞台に上げ、安い入場料で客を集めて繁盛していました。吉本夫婦も「反対派」と連携し、岡田の経営する富貴亭から芸人を派遣してもらいました。

反対派の質の高い芸人を安い出演料で舞台に上げて、売り上げを折半するという方法で、「第二文芸館」の経営は波に乗っていきました。安く仕入れて高く売るという商売の基本は、その後の寄席経営の軸となります。

 




 

吉本せいの頑張りで吉本興業は大きく

また、客が捨てていったみかんの皮を漢方の原材料として薬屋に売ったり、熱い夏には、氷の上に冷やし飴の瓶を並べてごろごろと転がし客の興味を引かせるなど、さまざまな工夫をして収益を上げました。

大正2年(1913年)には、笠屋町に吉本興業部を設立し、対抗する派閥の吸収・買収に乗り出します。明治末期から落語の人気は衰えており、落ち目となった金沢亭を吉本せいは手に入れます。金沢亭は桂派の牙城でした。

夫婦は「第二文芸館」を「花月亭」と改め、買収した寄席を「○○花月」という名前で統一し、チェーン展開を進めていきます。また、三友派の本丸であった紅梅亭では、真打の桂春団治が人気を独り占めしていました。

しかし春団治には巨額の借金がありました。そこへ、吉本せいが借金を肩代わりする条件として吉本の専属になることを打診します。春団治は承諾し、贔屓にしていた客が吉本に流れたことで、三友派も吸収されます。

こうして大正11年(1922年)には、吉本興業部は大阪を制覇しただけではなく、近畿一帯、東海、関東にも寄席を持つ王国を築きました。寄席経営に乗り出してわずか10年足らずのことです。

大正12年(1923年)には、待望の跡継ぎが生まれますが、翌年、吉本泰三が37歳の若さで他界します。その後の吉本興業の経営は、せいと、実弟の林正之助が引き継ぎ、切り盛りしていきます。

吉本せいは、何が客に受けるかを見抜く、一種のプロデューサーのような資質も備えていました。大正期の落語の不振から、三流の寄席で流行っていた島根県の「安来節」に着目し、新しい人材を発掘してブームを起こします。

また、夫の死後、伝統芸能であった万歳を現在の漫才の形にして普及させました。吉本せいは非常に商才と商魂に溢れた人物でした。

若いときには吉本泰三の道楽遊びに振り回され、多くの苦労をしましたが、さまざまな工夫やアイデアで経営を軌道に乗せる辣腕経営者でした。また、吉本せい自身もお笑いが好きで、真に「オモロイ」ことを追求しました。

落語中心の寄席に、さまざまな芸を取り入れ、今も多くの人に愛されるお笑いを作り上げた人物でもあったのです。いずれにしても、日本の笑いの発展に大きく貢献した人物なのではないでしょうか。

吉本せいと藤岡てんの違い

吉本せいさんをモデルにしている藤岡てんですが、描かれている模様を見るとかなり脚色が強いかなあという印象があります。吉本せいさんが言われた「女今太閤」、「女小林一茶」というのとはちょっと違うなって思います。

吉本吉兵衛のモデルになっている北村藤吉(松坂桃李)が夫婦間でかなり力をもっているように描かれていますが、そのあたりはもう少し吉本せいさんの方が強かったのではないかなあって感じがいます。

同じだなあって思うところは、桂春団治をモチーフにしている喜楽亭文鳥(笹野高史)をなんとか引き抜いてきたところや吉本で横山エンタツをモチーフにしているキース(大野拓朗)を雇ったところ。

この2人が大きな活躍をするようなところは同様に描かれています。ただ、やはり朝ドラということもある反社会的勢力と吉本興業との関係。興行をする上で、切っても切れない関係のところは描かれていません。

また、かなり早くに亡くなった吉本吉兵衛ですがここはそんなに早く死なないようになっています。なので、NHKが公表しているようにモデルではなくモチーフというのが適切なのかなと思います。

そうはいっても、基本的なストーリーについてはある程度似せてきているエピソードがたくさんあります。なので、吉本せいさんがどんな人物だったかをより詳しく知るということで「わろてんか」も楽しめるのではないでしょうか。



関連記事

吉本吉兵衛(泰三)はどんな人物だったの?

葵わかな(藤岡てん/ふじおかてん役)

林正之助(吉本せいの弟)はどんな社長だったの?

林弘高(吉本せいの弟)はどんな人物だったの?

吉本せいの家系図と実在モデル一覧はコチラ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)