わろてんか第79話の感想・あらすじ「素足」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の79話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第79話のタイトルは「素足」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの78話のあらすじ感想で、てん(葵わかな)が甘いことをいう安来節乙女組のメンバーをしかり、リリコ(広瀬アリス)に教えて欲しいと願いでます。

 

その続きとなるわろてんか第79話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、79話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか79話のあらすじ

安来節乙女組のメンバーは、着物の裾を上げるという秘策を考えます。リリコは、それを聞いておもろい。ふくらはぎを出すなんて若い乙女組のメンバーしかできひん。

 

そういって、みなで裾をたくし上げて踊ることを決めました。そして、ついに初高座の日がやってきました。藤吉(松坂桃李)は、手に人を書いて呑み込むという緊張しない方法を乙女組のメンバーに教えます。

 

風太(濱田岳)はトキ(徳永えり)との関係をなんとか修復しようとします。風太は、まだキース(大野拓朗)と一緒にトキが活動写真に行ったことを嫉妬しています。

 

しかし、トキはキースが人生に悩んでいたので相談にのってあげたお礼だという。安来節乙女組の披露の日、客席は満員。素足を見せて踊る姿に観客は喜びます。

 

高座は大盛況のまま終わっていきます。大成功したことを風太も満足します。てんも藤吉もそのことを喜びます。リリコも外で感慨深げにしています。

 

リリコに戻ってきてもいいという藤吉にたいして、リリコは中途半端にするわけにはあかんと女優を頑張ることを宣言します。その晩、乙女組のメンバーと打ち上げをします。

 

乙女組のメンバーは、一人ひとり今後の夢を語ります。仲たがいしていたことが嘘のように一致団結しています。風太も夢を語ると、藤吉も日本一の笑いの殿堂にすることだと宣言します。

 

そして、キースが世界一の芸人になることだといいキースはアメリカにいきを決意したことを打ち明けます。それを聞いた相方のアサリ(前野朋哉)が怒ります。わろてんか79話のあらすじはここまで。わろてんか80話のあらすじにつづく。




わろてんか79話の感想

わろてんか79話のあらすじは、ついに安来節乙女組のメンバーが高座にたつという回でしたね。また、最近気になっていたキースがなにを考えているのかわかる回でもありました。

 

しかし、当時は素足をだすっていうのがまだ恥ずかしい時代だったんですね。なので、それだけで大きな話題になったんですね。でも、そのアイデアを考えたのがリリコでなく乙女組のメンバーだったのが凄いですね。

 

ようやく芸人らしくなってきたというところでしょうか。お客を喜ばすことを考えるようになったら、立派な芸人ですからね。どんな方法であれ、お客を喜ばす方法を考えるということはプロになったということですね。

 

なんか一つ足りないって言われてたのが、そんなところで発揮されるとは思いもしませんでした。でも、大盛況だったので安心しました。特に風太とリリコは指導していたから特別でしょうね。

 

自分のことのようにうれしかったんだと思いますね。それにしても、風太はトキのことが好きなのにどうしてストレートに聞かないんやろ?いっつもあんなに強がっているくせにこういうん弱いねんな。

 

相談というのも、キースがアメリカ行くのを悩んでいたってことなんでしょうね。アサリが話したように英語どないすんねんってのは本当にそれ。相方としてはいきなりおらんなる。

 

しかも、行先がアメリカってなるとかなりショックですよね。最近うまく行き始めたところですからね。そういった意味では、残されたアサリの方が心配かも。一癖ありますからね。アサリって。

 

今後、キースとアサリのコンビはどないなっていくんやろか。気になりますね。わろてんか79話の感想はここまで。わろてんか80話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第80話の感想・あらすじ「関東大震災」

わろてんか第78話の感想・あらすじ「厳しい指導」

わろてんか第15週ネタバレ・あらすじ「泣いたらあかん」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)