わろてんか第80話の感想・あらすじ「関東大震災」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の80話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第80話のタイトルは「関東大震災」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの79話のあらすじ感想で、てん(葵わかな)や風太(濱田岳)が育てた安来節乙女組のメンバーが高座に上がり大盛況になりました。

 

その続きとなるわろてんか第80話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、80話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。




わろてんか80話のあらすじ

藤吉(松坂桃李)は、日本一の笑いの殿堂を作るために東京に足しげく通います。隼也と漫才のように掛け合いをしながら、東京に行く藤吉。

 

トキ(徳永えり)が風太(濱田岳)に昨日ボウリングに連れていってくれる約束だったと皮肉をいいます。すると、風太がしどろもどろになりながらも煮え切らない感じです。

 

また、アサリ(前野朋哉)はキース(大野拓朗)がいなくなってからというもの3人も相方を変えているという。そして、その日も相方をクビだと怒っているところをみんながなだめています。

 

万丈目(藤井隆)が新しいネタを考えています。歌子(枝元萌)がそのネタを見て、逆のことをやって歌子をどつこうと考えるのはあかんといいます。

 

藤吉は、東京の師匠のところに挨拶まわりをしていると・・・なんとキースに偶然にも再会をします。キースは、浅草の小料理屋さんに住み込みながら芸人をしているという。

 

藤吉は、キースにその気になったら戻ってくるように言います。しかし、キースは今は帰れないという。その晩、大阪でも揺れるほどの関東大震災が起きます。

 

てんは、藤吉が東京にいることを心配します。そこに、藤吉が無事戻ってきて安堵します。しかし、キースが東京にいるといい心配します。わろてんか80話のあらすじはここまで。わろてんか81話のあらすじにつづく。

 



 

わろてんか80話の感想

わろてんか80話のあらすじは、小休止のような回でしたね。どちらかというと、静かな回でしたね。唯一動きがあったのは、藤吉が東京進出を目指していたことでしょうか。

 

あと、2年も先に進んでいたのにはちょっと驚きましたね。しかし、アサリはダメですね。アサリはなんちゅうかしんぼうが足りないんやと思います。なので、あんなにいつも怒っているねんな。

 

相方をころころ変えるってそういうことやと思います。また、キースが東京にいてましたね。アメリカいったんちゃうの?って思いましたけど・・・やっぱり英語の壁は高いですよね。

 

なら、なんで大阪やなく東京なんやろ?って思いになりますが・・・東京で一旗あてたろって思ったんかもしれへんね。ただ、やっぱりアサリと一緒でないとキースもおもろないからな。

 

東京で売れっ子になるのは、大阪以上に厳しいやろからどうするんやろ?って思いになりますね。しかも、そんな矢先に関東大震災で大きな地震が起きます。

 

キースがどんな状態なのかきになりますよね。アサリと今後もう一回、コンビ組むのかなとかって期待してしまいますね。どうしても、2人はセットなんですよね。

 

それにしても、最近岩さんみいひんなったけど・・・大丈夫なんやろか?元気しているんかな?わろてんか80話の感想はここまで。わろてんか81話の感想につづく




あなたにおススメのページ

わろてんか第81話の感想・あらすじ「キースが大阪へ」

わろてんか第79話の感想・あらすじ「素足」

わろてんか第15週ネタバレ・あらすじ「泣いたらあかん」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)