わろてんか第86話の感想・あらすじ「プロポーズ大作戦」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の86話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第86話のタイトルは「プロポーズ大作戦」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの85話のあらすじ感想で、志乃が東京に帰るお別れ会で伊能(高橋一生)と和解をはたし東京に帰りました。また、風太(濱田岳)が東京から戻ってきました。

 

その続きとなるわろてんか第86話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、86話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。




わろてんか86話のあらすじ

元号が昭和となり、ラジオ放送が始まります。そのため、大阪ではちょっとしたラジオ体操ブームがやってきます。てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)の家も新しく改築されてガスと水道が通っています。

 

風太は、藤吉に番組表を見せます。万歳が多くなっているので、藤吉は落語がないことに怒ります。しかし、風太は万歳のブームにのりもっと万歳に力を入れるべきだという。藤吉は、自分の目の黒いうちは落語は譲れないと風太の意見に反対します。

 

一方、隼也は15歳になり中学生でしたがテストでわざと0点をとって帰ります。そのことで、学校の先生から電話がかかってきます。隼也は、勉強しても意味ない。寄席の後を継ぐって決まっている。

 

本当は会社なんて継ぎたくない。そういって藤吉と喧嘩になります。トキ(徳永えり)は風太に弁当を渡します。その二人の様子を見ていたキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)を見られていました。

 

花をプレゼントしてメリーミイとプロポーズしたらどうか。そうキースとアサリが焚きつけます。すると、風太はトキに花とドーナツをプレゼントしてメリーミイいいます。しかし、英語が通じずにうまくいきません。

 

トキには英語がわからなかったのです。その晩、藤吉が書籍を片付けていると急に倒れてしまいます。急いで病院に行った藤吉は、脳卒中と診断されます。意識の回復を待つしかない。

 

もし、意識が戻っても麻痺が残るかもしれないと言われてしまいます。わろてんか86話のあらすじはここまで。わろてんか87話のあらすじにつづく。

 



 

わろてんか86話の感想

わろてんか86話のあらすじは、盛沢山の内容でしたね。風太がトキにプロポーズするという内容やってんけど、キースとアサリにたきつけられてやったもののうまくいかへんかってんな。

 

やっぱり、トキに英語なんか通じるわけないよね。そもそもこの時代は、付き合うとかってなくていきなり結婚なんかな?そんなことを感じてしまいました。ただ、今後風太はやりにくいですね。

 

なんか、キースとアサリがいいふらしそうで。ただ、トキと風太がいい関係なのはみんなが知っていることなので、あんまり冷やかされたりなんてことはないと思いますけどね。

 

風太は、今後どのような行動にでるのかというのが楽しみですね。また、別の機会にプロポーズをするのでしょうか。その時は、キースやアサリがいてへん方がいいですね。

 

さて、もう一つは藤吉と隼也が喧嘩したところ。私は、隼也の気持ちがすごくわかるなあ。学校行っていた時に、それが将来のなんに役立つのかさっぱりわからなかったですからね。

 

そんなことを自分も親に話してました。なんで勉強なんてしなあかんの?今でも、学校で習った勉強が役に立ったと思っていないので・・・。読み書きと計算ぐらいはできなあかんとは思いますけど。

 

それ以上のことって、学校で学ぶことは人間関係だけのうような気がします。大学まで行っていていうのも親不孝な気がしますけどね。ただ、藤吉が倒れたのは気になりますね。

 

特に、隼也は喧嘩したところだったので気になるでしょうね。このまま意識回復しなかったら一生後悔するでしょうから、てんもそうですが隼也のためにも元気になってほしいな。

 

そんなことを思いました。しかし、脳卒中はちょっと厳しいですね。わろてんか86話の感想はここまで。わろてんか87話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

わろてんか第87話の感想・あらすじ「てんの涙」

わろてんか第85話の感想・あらすじ「初めての笑顔」

わろてんか第16週ネタバレ・あらすじ「笑いの新時代」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)