わろてんか第95話の感想・あらすじ「再び倒れる藤吉」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の95話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第95話のタイトルは「再び倒れる藤吉」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの94話のあらすじ感想で、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)は、啄子(鈴木京香)に会いお互いの近況を報告します。

 

その続きとなるわろてんか第95話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、95話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 



 

わろてんか95話のあらすじ

万丈目(藤井隆)のネタに目新しさがないと風太(濱田岳)が怒っています。すると、藤吉が漫才を取り入れたラジオをすると相撲を風太ととります。すると、藤吉はふらっときて倒れてしまいます。

 

病室で、てんは藤吉の手を握りしめていました。すると、藤吉は目を覚まします。医者は、いつどうなるかはわからないと言われてしまいます。藤吉は、泣かんといてやといいなぞかけをします。

 

風太は、芸人たちに新しい漫才を書き上げて社長を元気づけるようにはっぱをかけます。家に戻りたいと帰ってきた藤吉のところにリリコ(広瀬アリス)がやってきました。

 

藤吉は、リリコに風鳥亭の高座に上がってほしいと願いでるのでした。リリコは、藤吉にはじめて口説かれたと喜びます。そして、藤吉はリリコにもう一つ頼みがあるとおねがいをします。

 

リリコが帰った後に、藤吉はてんにお礼をいいます。そして、初めて会ったときのことを思い出して、苦労をかけたことを反省します。てんは、藤吉とずっと一緒に笑ってきたと手をとって話します。

 

小さい寄席から初めて北村笑店は、大阪一の寄席になった。そして、改めて気がついたと何かをいいかけると風太がやってきました。風太は、新しい漫才が完成した。

 

明後日に見ていただきたいと、てんと藤吉にお願いしにやってきたのです。わろてんか95話のあらすじはここまで。わろてんか96話のあらすじにつづく。




わろてんか95話の感想

わろてんか95話のあらすじは、藤吉が倒れていつどうなってもおかしくない状況まできてしまいました。脳の病気って倒れて一気に後遺症が残ったりしますからね。

 

いつどうなってもおかしくないような心の準備をしておくように医者に言われたてんですが、どんなこと準備したらいいんでしょうかね。死ぬ前にしっかりと一緒にいてあげてください。

 

そういうことの遠回しの言い方になるのでしょうか。私がもしそうやっていわれたら、ずっとつきっきりで一緒におるかなあ。そんなことを思いました。また、藤吉はリリコになにかお願いしてましたね。

 

てんのことを何かお願いしたのでしょうか?それが気になりました。後々でてくるのでしょうが、リリコに藤吉がお願いすることってあまりなかったのでちょっとびっくりしました。

 

風鳥亭にも上がってほしいって打ち明けましたしね。なので、今後リリコが風鳥亭の寄席に上がるのかどうかも気になるところですね。そして、念願の漫才が完成したようですね。

 

藤吉がはっぱをかけて、100年つづくような漫才をつくるっていう壮大なテーマでとりかかっていた風太。キース(大野拓朗)、アサリ(前野朋哉)と万丈目。

 

これまでは、ネタは本人がつくるものだと思っていたので台本をつくるっていうのはとても新鮮ですよね。案外、現在のM-1とかでも台本があったりして(笑)

 

いずれにしても、藤吉が望んだようなものが出来上がるといいですよね。楽しみです。わろてんか95話の感想はここまで。わろてんか96話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

わろてんか第96話の感想・あらすじ「伊能が結婚しない理由」

わろてんか第94話の感想・あらすじ「啄子がやってきた」

わろてんかのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

わろてんか第18週ネタバレ・あらすじ「女余興師てん」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)