わろてんか第96話の感想・あらすじ「伊能が結婚しない理由」

このページは、朝ドラ「わろてんか」の96話あらすじ感想についてお伝えしていきます。わろてんかの第96話のタイトルは「伊能が結婚しない理由」です。わろてんかのあらすじと感想を知りたいあなたのために書いています。

 

わろてんかの95話のあらすじ感想で、啄子(鈴木京香)がアメリカに帰った後に藤吉(松坂桃李)が再び倒れてしまいます。その後、意識を取り戻しました。

 

その続きとなるわろてんか第96話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、96話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 




わろてんか96話のあらすじ

伊能が藤吉が寝ている部屋にやってきます。藤吉は、伊能に北村笑店の役員になってほしいとお願いをします。伊能は、それを考えておくと答えます。

 

そして、藤吉は伊能にてん(葵わかな)のことをどう思っているのか聞きます。伊能は濁しますが、てん以上の女性に会ってないから結婚していないと打ち明けます。

 

そのうえで、てんと藤吉は伊能の同志なのだという。藤吉は、これからも頼むと伊能にお願いするのでした。翌日、風太(濱田岳)らが音頭をとって完成させた新しい漫才をお披露目します。

 

リリコ(広瀬アリス)や伊能もそこには来ています。キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)がどつかない漫才を披露します。集まった北村笑店のメンバーは大笑いします。

 

藤吉は、二人の新しい漫才にこんな漫才みたことないと感心します。2人を褒めた藤吉は、「しゃべくり漫才」で天下とるようにいうのでした。キースとアサリもそのことを喜びます。

 

藤吉は、万丈目(藤井隆)にもよい台本をつくってくれたお礼をいいます。今後も台本をつくってほしいというのでした。藤吉は、風太にもお礼をいいます。

 

しゃべくり漫才が今後、100年続くように見張ってほしいと話したのです。わろてんか96話のあらすじはここまで。わろてんか97話のあらすじにつづく。

 



 

わろてんか96話の感想

わろてんか96話のあらすじは、藤吉がいろんな人にお礼をいう回でしたね。しかも、しゃべくり漫才が完成した回でもありましたね。しかし、すごいですよね。

 

漫才をしゃべくりにしたのは、この時代だったんですね。もともとは、どつきだったり踊ったりみたない感じだったのをしゃべくりだけにしたってのは当時は画期的だったんでしょうね。

 

実話に基づいている話なので、このあたりは見ていてすごく楽しいですよね。吉本興業の歴史を見ているみたいで。しかし、もう一つ驚いたのは伊能に藤吉がお願いしたことです。

 

伊能は、どちらかというと女っけがないですよね。リリコとくっつくのかなって思っていましたが、なかなかそこもくっつかない。でも、やっぱりてんと比較してしまっているのかもしれませんね。

 

いろんな出会う女性のことを。別に付き合ったりしていたわけではないんですけどね。本当は、お見合いで結婚する仲だったはずですけど。そんな伊能にストレートに聞いた藤吉はすごいなって。

 

自分の命がもう長くないということに気づいていたのかもしれませんね。だからこそ、伊能に役員になってほしいとか、頼むってお願いしたのかもしれませんね。

 

藤吉のことについては、不安しかないですよね。もう、いつ亡くなってもおかしくない。それでも、しゃべくり漫才を最後に見えたことが本望かもしれませんね。わろてんか96話の感想はここまで。わろてんか97話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

わろてんか第95話の感想・あらすじ「再び倒れる藤吉」

わろてんか第18週ネタバレ・あらすじ「女余興師てん」

わろてんか ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)