エール第113話あらすじ「軽い女になる」感想

このページは、NHKの朝ドラ「エール」第113話のあらすじと感想を書いています。あらすじについては、吹き出し会話方式なので読みやすくなっています。

エール112話のあらすじで、音(二階堂ふみ)が華(古川琴音)にお見合いの興味がないか聞きました。

 

エール113話のあらすじは、その続きから始まります。エール113話のタイトルは「軽い女になる」です。

エール113話のあらすじ

お見合いって、興味あるかしら?

そう言って、お見合い写真を見せます。

大学卒業されて、大手証券会社の営業マン。これからは、経済の時代よ。将来有望よ。
そんな情報どこで仕入れたの?
美容院の雑誌で。お母さんも株始めようかしら。
やめて。
会うだけあってみない?
心配しないで。自分で見つけるから。

そう言って、部屋に帰った華は過去の恋のことを思い出していました。華は、野球をやっていた渉(伊藤あさひ)にフラれた時のことを思い出します。

君は、いい人だ。だけど、僕には重い。ごめん。

翌日も仕事を頑張るところに、ボカビリー歌手のアキラにチャチャ入れられます。それが華は、少しずつ気になってきます。

裕一は、池田(北村有起哉)がヘッドハンティングされた会社に行きました。

池田
これかいた。
裕一
ミュージカルですか?いきなりですか?

そして、豪華なキャスティングみて驚きます。

池田
頼んだぞ。
裕一
はい。

裕一は、ミュージカルに向け32段の譜面を書きました。西洋音楽を学んできた裕一にとって、それは念願の譜面でした。その頃、音は御手洗(古川雄輝)のところでタロット占いを受けていました。

御手洗
裕一さんは、今が一番いい期間ね。華ちゃんは、運命の出会いがあるかも。
まったく、その気配がないんですけど。
御手洗
そう?もう会ってる人よ。

ロカビリー歌手のアキラは、病院の中でおばあちゃんの誕生日のためにハッピバスデーの歌を歌っていました。

やめてください。ここは、ステージじゃないのよ。

患者さんが、誕生日だから歌ってくれた事情を説明します。

楽器を使った歌は、他の患者さんの迷惑になります。今日は、認めますが今後はおやめください。

華は、アキラに強く言ったことを悩んでいました。そこで、先輩の看護婦に真面目で優しいから重いと言われます。そして、先輩の看護婦はプロポーズされたから仕事をやめるという。

その瞬間、看護婦で独身最年長になりました。そして、早退します。

ただいま。
今日、早いのね。
早退した。
なら、遊んでくればいいのに。
そうよね。遊んでない。私。母さん、私、お見合いしてみようかな。
こないだの方でいいの?
なんでもいい。

そして、音と裕一がお見合いの話をしているところに、華がやってきます。

お母さん、これ捨てて。渉さんへのプレゼント。お母さん、お見合いやっぱりやめる。
裕一
うん。それがいい。慌てることは、ないよ。
自分を変えたいの。私、重い女は卒業する。軽い女になる。

華がいなくなったあとに、音が漏らします。

その決意が重いのよ。

エール第113話のあらすじはここまで。エール第114話のあらすじにつづく。

エール113話感想

エール113話のあらすじは、華の相手がいないってことの物語でしたね。高校時代に好きだった渉くんにフラれていたんですね。付き合ってたけど、重いって言われて。

なんだろ。なんか、エールの趣旨が変化してきたような感じでした。なんか、スピンオフを見ているような感じです。

 

でも、なんか面白いって感じです。軽い女になるっていうと、尻の軽い女ってイメージやけど・・・そういうことじゃないのかな?

まあ、御手洗ティーチャーがすでに出会ってるって言っていたとおり、ボカビリー歌手のアキラと最終的にはくっつく可能性が高いとは思いますけど。

 

華からすると、独身最年長の看護婦っていうのが相当ショックだったのかな。その状態でも、彼氏がいればそんなことはないんだろうけど・・・恋もしてない。

だから、急に慌てだしたのかなって思います。素敵な人ができれば、いいんやけど・・・どうなんだろ。軽くなったら変な人しか寄ってこない気がするけど・・・。

 

華からすると、お見合いってどこか重い感じだから受けるのやめたのかな。音からすると、相手がわからないうちは心配ですよね。

軽い女になる編が楽しみですね。エール113話の感想はここまで。エール114話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

エール第114話「運命の人、見つかりました」感想
エール最終週ネタバレあらすじ「エール」
エール あらすじ,キャスト総まとめ!
エールの裕一のモデルはどんな人なの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です