エール第91話あらすじ「岩城の死」感想

今回は、NHKの朝ドラ「エール」の第91話を吹き出し形式のあらすじでお伝えいたします。また、後半には第91話の感想をお伝えいたします。

エール90話のあらすじでは、裕一(窪田正孝)が戦争に人々を送り込むような音楽を作っていたことに責任を感じて、曲を作れなくなりました。

 

エール91話のあらすじは、音(二階堂ふみ)が岩城(吉原光夫)のお見舞いに行くところから始まります。エール91話のタイトルは「岩城の死」です。

エールあらすじ91話

終戦から3ヶ月裕一は曲を作ることができませんでした。そこに音が挨拶をします。

裕一さん、しばらくの間よろしくお願いいたします。
裕一
うん。

裕一のことを心配していた音は、鉄男(中村蒼)に様子を見てもらうようにお願いしていました。鉄男は、バンブーでその話をします。

心配ね。なにかきっかけが必要ね。鉄男くんは作詞家に戻ったんでしょ?
鉄男
いや、新聞社やら作詞家やらその時に合わせて、せっそうがないというか。恥ずかしい。
いや、たくましいよ。しなやかに揺れて倒れない。
鉄男
お二人といると、元気がでます。

その頃、豊橋では光子(薬師丸ひろ子)が今後のことを考えていました。

光子
岩城さんのためにも、ここ再建しないと。
五郎
はい。とはいえ、何をしたらいいのか。僕には。
光子
なんかないかな?ほかに皮を使う仕事。

その頃、裕一の家に池田(北村有起哉)がやってきていました。

池田
かわいい娘さんですね。お家が華やかになる。お名前は?
華です。
池田
はな?植物の方のはな?まさか・・・鼻じゃないですよね。
裕一
ご用件は?
池田
ラジオドラマやりませんか?私の書いたドラマに先生の音楽を添えてもらいたい。
裕一
申し訳ないが、他をあたってください。
池田
先生は、もう書かないとか書けないという噂は聞いています。しかし、ただの噂なので私は来ました。私は、先生の愛国の花が大好きです。いつかこの人と仕事をしたいとずっと思っていました。この先の物語に先生が必要なんです。どうか。

そう言って話ます。それを聞いていた華が裕一に言います。

いい話、やるの?やるよね。
裕一
音楽は、もういいかな。
今のお父さん見たら、弘哉くんどう思うのかな。お父さんの曲聞きたいって、きっと思ってるよ。

その頃、音は岩城のところに到着しました。光子は、医者から心の準備をしておくように言われました。そして、音と再会します。

全部、なくなってしまったんだね。
光子
命が助かっただけで、よかったわ。それに私たちの想い出はここにある。裕一さんと華は元気?
二人とも大切な人を亡くしてしまって。華は、それでも前を向こうとしているけど、裕一さんは曲を書けんの。
光子
そう。帰った方がいい。側におるだけでいいの。

そして、五郎(岡部大)が新しい商売を思いつきます。野球のグローブです。

光子
岩城さん、五郎ちゃんが新しい商売を考えついてくれました。

しかし、岩城に反応はありませんでした。そして、音は汽車に乗って東京に帰ります。光子が付き添いをしていると、岩城が突然口を開きました。

岩城
おかみさん、長い間ありがとうございました。

そう言って、逝きました。そして、岩城の遺影に手を合わせます。

光子
ありがとうございました。みとってくださいね。3人で必ず立ち直ります。

吟(松井玲奈)が帰らなかったのは、智彦(奥野瑛太)の就職が決まらなかったためです。智彦は、くず鉄集めの仕事を断りました。

裕一の家の外では、近所で悪口を言われていました。エール第91話のあらすじはここまで。エール92話のあらすじにつづく。

エール91話の感想

エール91話のあらすじは、あちこちに話が飛ぶ内容でしたね。裕一は、相変わらず曲が書けない状況が続いていますが、依頼はある。

音は、岩城を心配して豊橋にいったん帰りましたね。でも、音が東京に戻ってすぐに岩城は亡くなりました。でも、岩城はずっとかっこよかったですね。

 

光子の夫が亡くなった時だけ、辞めようとしてちょっとって思うことありましたけど、五郎を一人前に育て、ずっと光子の元で仕事をしてきました。

一つのことをずっと続ける職人ってすごいと思います。やがて、それができなくなる時代が来ることもありますが、それでもずっと同じことを続けるってだけで私は尊敬してしまいます。

 

どうしても、岩城さんは怖いってイメージがありますが心の奥底はすごく優しい男なんだと思います。だから、五郎に厳しく指導したんだと思います。

自分の後をしっかりと継いでほしかったから。しかし、五郎はよく考えましたね。グローブってあまり作ってるところなかったんじゃないかなって思います。

 

野球って、戦後に大きく発展したイメージがあるので先見の目があるんでしょうね。裕一は、池田の話に乗ることになるんでしょうか。

華の言葉が裕一に届いてくれればいいんですけどね。曲が書けないってのは気になりますね。裕一は、仮に曲を書かずにいるのであれば何かを始めないといけないのでしょうけど。

 

そのあたりのことは、何か考えているのでしょうか。気になります。エール第91話の感想はここまで。エール第92話の感想につづく

あなたにおススメのページ

エール第92話あらすじ「人生を変える仕事」
エール19週のネタバレあらすじはコチラ
エールの裕一のモデルはどんな人なの?
エール あらすじ,キャスト総まとめ!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です