カムカムエブリバディ第24話あらすじ「千吉の誘い」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」第23話のあらすじを吹き出し、会話形式でお伝えしています。

カムカムエブリバディ第23話のあらすじで、安子(上白石萌音)はるいと2人で暮らしながら、芋飴の注文を受け、カムカム英語を楽しみにしながら過ごしていました。

 

カムカムエブリバディ第24話のあらすじは、1948年(昭和23年)からはじまります。カムカムエブリバディ第24話のタイトルは「千吉の誘い」です。

カムカムエヴリバディ第24話あらすじ

昭和23年(1948)終戦から3年が経過していました。るいは、3歳になっていました。このころになると、お菓子の材料が徐々に手に入るようになっていました。

安子は、米や砂糖、小豆などお菓子の材料を手に入れ「おはぎ」や「まんじゅう」も作って売るようになっていました。

 

このころ、ラジオ英語講座「カムカム英語」は大人気番組になり、安子とるいの楽しみの一つになっていました。

安子は節約をしてラジオを購入し、毎日るいと一緒に「カムカム英語」を聞いていました。

 

1949年(昭和24)のある日、安子は大口の注文を受けました。毎朝、200個のおはぎを届けてほしいという注文が入ったのです。安子は、るいと一緒にリヤカーを引き、和菓子を届けに行きます。

安子
おおきに。ありがとうございます。

安子とるいの2人は、そんな慎ましい生活の中で幸せに暮らしていました。

 

安子がお菓子を売りながら、るいと慎ましく楽しい暮らしをしているところに千吉(段田安則)がやってきました。

千吉
るいと一緒に雉真家に戻ってきなさい。その方がるいのためにもいいだろう。
安子
すみません。るいと一緒に幸せに暮らしていますので、お許しください。

安子の居場所は、雉真にはないことを自分自身が一番わかっていました。そのため、千吉の申し出を安子はの固い決心で断りました。

 

カムカムエブリバディ第24話はここまで。カムカムエブリバディ第25話のあらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ第25話のあらすじ
カムカムエブリバディ第24話見逃し配信はコチラ
カムカムエブリバディ公式ブックはコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です