カムカムエブリバディ第27話あらすじ「水田屋とうふ」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第27話のネタバレ,あらすじを吹き出し、会話方式でお伝えしています。

カムカムエブリバディ第26話のあらすじで、安子(上白石萌音)とるいは岡山に戻ってきて新しい暮しをスタートさせました。

 

カムカムエブリバディ第27話のあらすじは、安子がおはぎを再び売り始めるところからはじまります。カムカムエブリバディ第27話のタイトルは「水田屋とうふ」です。

カムカムエヴリバディ第27話あらすじ

大阪で仕事中にるいが負った額の怪我の治療費を稼ぐため安子は再びおはぎを売ろうと考えます。

きぬ
それなら、ウチで売りい。

安子は、親友のきぬ(小野花梨)の豆腐屋のスペースを借りて、おはぎを売ることになりました。

その日から、安子は連日、水田屋とうふに通うようになります。もちろん、るいも一緒についてきました。

 

しかし、そのことを知った千吉(段田安則)がそれを辞めるように注意します。るいを連れていって、また危険な目にあってはいけないと思ったからです。

それでも、安子はどうしてもおはぎを売りたかったので、るいを女中の雪衣(岡田結実)に託して水田屋とうふでおはぎを売るのでした。

 

カムカムエブリバディ第27話のネタバレ,あらすじはここまで。カムカムエブリバディ第28話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ第28話のあらすじ
カムカムエブリバディ第27話見逃し配信はコチラ
カムカムエブリバディ公式ブックはコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です