カムカムエブリバディ第30話(動画有)あらすじ「きよしこの夜」感想

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第30話の動画・あらすじ・感想をまとめています。

朝ドラの動画は、Pandora、YouTubeでご案内していましたが、違法アップロードなのですぐ消えます。また、ウイルスが入ったとの報告があったので現在は安全なコチラをご紹介しています。

カムカムエブリバディ30話見逃し配信はコチラ

カムカムエヴリバディ第30話あらすじ

カムカムエブリバディ第29話のあらすじで、安子(上白石萌音)はアメリカ人将校・ロバート(村雨辰剛)にアメリカ人の社交場・クラブに連れていかれます。

カムカムエブリバディ第30話のあらすじは、アメリカ人将校・ロバートとクラブに行ったところからはじまります。カムカムエブリバディ第30話のタイトルは「きよしこの夜」です。

 

ロバートは安子を将校が集まるクラブ活動に案内しました。安子が踏み入れたその場は、安子がこれまで見たこともないような華やかな場所でした。

数年前までは、敵国であると思っていたアメリカの豊かさに、安子は圧倒され、驚くことの連続でした。その日は、クリスマスです。

ロバート
どうぞ、お入りください。
安子
アメリカ。これがアメリカなんですね。なんで私をここに連れてきたんですか。こねいに豊かな国と戦って稔さんが帰ってこないというのは、当然だって言うてるんですか。なんなんですか。

帰ろうとする安子に、アカペラコーラスの「Silent Night」(きよしこの夜)が聞こえてきます。安子は、帰りかけていましたが、思わず部屋に入ります。

ロバート
Silent Nightという歌です。クリスマスは、キリストの誕生日を祝う日です。そして、大切な人を想う日です。アメリカでも多くの人達が亡くなりました。私の妻も。亡くなった人たちが安らかに眠れるように、この聖なる夜に祈りたい。ここにいる人は、みんなそう思ってます。同じように愛する人を失ったあなたや、すべての日本人のためにも。

安子は、シンガーたち歌うその歌に引き込まれていき、涙をながしました。

 

その後に、定一(世良公則)たちのバンドが演奏します。

定一
なにがメリークリスマスじゃ。ええ気なもんじゃ。

そういった後に、ステージ横にはけた定一は、安子の言葉を思い浮かべていました。

安子
名前は、るい言います。稔さんがつけてくれました。どこの国とも自由に行き来できる。どこの国の音楽でも、自由に聴ける。自由に演奏できる。私たちの子どもには、そないな世界を生きてほしい。日向の道を歩いてほしい。

そして、ロバートと安子は、席につきます。

ロバート
妻とは、ハイスクールの同級生でした。ずっと、私の片想いでして何度もデートに誘ってフラれました。ある時、彼女に言われました。私の行く大学に合格したらデートしたげるって。私は勉強しました。それで必死に勉強して大学に合格しました。彼女は、言いました。バカ、本当にバカね。結婚しましょう。それで、すぐに結婚しました。学生のままで。
安子
素敵な人ですね。

ロバートは、妻に出会って日本語の勉強してここに来たことを打ち明けます。

ロバート
はい、素敵な人でした。とっても。彼女の弟が戦死しました。彼女はとても、悲しんで元々悪かった心臓を余計に悪くしました。それで・・・
安子
アイムソーリー。
ロバート
彼女を追いかけて入った大学では、日本学を専攻しました。理由はありませんでした。ただ、合格できればよかったから。そんな、ワイフに会ったから私は日本にいます。はじめは気が重かった。敵であった国のために働くなんて。でも、日本に来てすぐにどの気持ちは吹っ飛びました。この人たちの生活を良くしたい。心から思いました。そしてわかったのです。私にこの任務を与えたのは、上官ではなく亡き妻だと。彼女と出会わなければ、この国に来ることもなかった。あなたも同じではないですか。ご主人と出会ったから、ラジオで英語の勉強をした。ご主人と出会わなかったら英語の勉強をしなかった。

そして、定一はステージで「On the sunny side street」を歌い、安子はそれを聞いていました。

ロバート
あなたは、御主人が娘さんに日向の道を歩んでほしいと言いました。それは、きっと娘さんだけじゃなく、あなたにも望んでいた。そうではありませんか。

安子は、稔(松村北斗)とのことを思い出していました。カムカムエブリバディ第30話のあらすじはここまで。カムカムエブリバディ第31話のネタバレ,あらすじにつづく



カムカムエヴリバディ第30話感想

カムカムエブリバディ第30話のあらすじは、安子は「きよしこの夜」や「On the sunny side street」を聞きながら、泣きました。

安子は、きよしこの夜の歌が素敵で帰るのを辞めたんでしょうかね。なんで、ロバートが安子をここに連れてきたのか聞いていないと、普通帰りますよね。

 

なんなんですかって。でも、ロバートが言っていたように、ロバートは安子にも日向の道をって思ったから、連れてきたんだと思います。

安子は、その言葉で稔のことを思い出していました。ロバートのことを好きとかそういうのじゃなくて、奥さんをなくしていることもあり、同じ体験をした人だから話できたのかもしれません。

 

でも、あのタイミングで定一のバンドがステージにあがるとは思っていませんでした。しかも、「On the sunny side street」を歌っていました。

世良公則さんがキャスティングされているのは、このためかって思いました。やっぱり歌うまいし、かっこよかったです。

 

どうしても、あの感じはミュージシャンじゃないと出せないですよね。カムカムエブリバディ第30話の感想はここまで。カムカムエブリバディ第31話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ第31話のあらすじ
カムカムエブリバディ公式ブックあコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。