カムカムエブリバディ第34話(動画有)あらすじ「カムカム英語終了」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第34話の動画,あらすじ,感想をまとめています。

朝ドラの動画は、YouTubeやPandoraをご案内していましたが、違法アップロードなのですぐ消える。ウイルスが入ったとの報告があってから、安全なコチラを紹介しています。

カムカムエブリバディ34話見逃し配信はコチラ

カムカムエヴリバディ第34話あらすじ

カムカムエブリバディ第33話のあらすじで、勇(村上虹郎)は、千吉(段田安則)に安子(上白石萌音)と結婚するように言われます。

カムカムエブリバディ第34話のあらすじは、ラジオ番組「カムカム英語」が終了するところからはじまります。カムカムエブリバディ第34話のタイトルは「カムカム英語終了」です。

平川唯一
5年の間楽しみにしていただいたカムカム英語の旅はここで終わり。お元気で。さようなら。good night。

安子とるいの2人で暮らしていた大阪での生活以来、ずっと楽しみにしていたラジオ番組「カムカム英語」の放送が終了しました。

安子は、るいと暮らした幸せのシンボルであった「カムカム英語」が終了したことで、寂しさを感じていました。

安子
終わってしまったねえ。

安子は、大事なものをなくしてしまった気持ちになっていました。

 

4月、るいが小学校に入学します。そのため制服を着て、るいは大阪に行きます。。

千吉
るい、そろそろ行こうか。
安子
るい。高いものねだったらいけんよ。
千吉
なにをいよんや。わざわざ大阪まで行って、入学祝いを買うんじゃ。るい、欲しいもん買ってええぞ。

安子は、カムカム英語を歌いながら、飛びながら神社を歩いていると、ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)に会います。

ロバート
変わった歩き方をしていましたね。
安子
やっぱり見てたんですね。
ロバート
英語を教えてほしいとの依頼があるのです。手伝ってくれませんか。ただ、テキストを自分で作らなければならなくて、悩んでいました。あなたに手伝ってもらえれば、とても心強いのですが。
安子
カムカム英語が終わったんです。どねいしよと思っていたんですが、こねいして英語の道は続いていきんですね。。私で良かったら、お手伝いします。

安子は、再び英語とかかわれることを喜びます。

 

一方、雪衣(岡田結実)は、勇(村上虹郎)への気持ちを算太(濱田岳)に打ち明けます。

算太
雪衣ちゃん、そこの映画館、チャップリンがかかってるんじゃ。一緒に見にいかへん?
雪衣
仕事がありますので。すみません。あの算太さん。なんで、算太さんと安子さんはこの家におるんですか。安子さんは、亡くなった稔さんという人の奥さんじゃったら、大人しゅう家のことするだけが筋じゃ思います。勝手に、おはぎ売り歩いたり、こねいして、安子さんじゃなく私が算太さんの繕いして・・・納得いきません。
算太
それは、わしが・・・
雪衣
早う、この家を出ていった方がええんちゃいますか。安子さんも算太さんも、旦那さまの財産を狙っている思われても仕方なんいんじゃないですか。

それが聞こえた勇(村上虹郎)が怒ります。

何をいよるんじゃ。あんたに義姉さんの何がわかるんじゃ。義姉さんが、どねいな想いで兄さんと一緒になったか。るいを育ててきたか。義姉さんにとって、たちばながどねい大事な店じゃったか。なんもわからんくせに、余計な口出しするんじゃねえ。
雪衣
申し訳ありません。申し訳ありません。
算太
まあ、まあ、まあ、勇ちゃん。安子はともかく、わしがただの居候なのは、本当のことじゃ。勇ちゃん、雪衣ちゃんが、安子に出ていってほしい本当の理由は・・・
雪衣
やめてください。

るいは、千吉と一緒に大阪で病院に行きました。おでこの傷は、大きく残っていました。

千吉
先生、どねいでしょう。

大阪から帰った、るいはランドセルを千吉にプレゼントされます。

安子
こげいにたくさん、ありがとうございます。
千吉
るいは、わしの孫じゃ。これぐらい当たり前じゃろ。

その後、安子は英語教室に、るいを誘います。

安子
るい、春になったら英語教室に通おうか。

るいは喜び、ロバートのところに、安子と一緒に行きます。カムカムエブリバディ第34話のネタバレ,あらすじはここまで。カムカムエブリバディ第35話のネタバレ,あらすじにつづく



カムカムエヴリバディ第34話感想

カムカムエブリバディ第34話のあらすじで、カムカム英語が終了して安子は、ロバートと一緒に英語教室のテキストを作ることになりました。

でも、気になったのは、るいの額の大きな傷です。これは、この時代に簡単に消えるもんじゃないですよね。

 

普段は、前髪を作っているから気づきませんでしたが、すごく大きな傷跡になって残っていました。あの傷を見ると・・・複雑な気持ちになりますね。

安子とるいが一緒に暮らした、大阪での生活は楽しかった。でも、あれだけ大きな傷を作ってしまったというのは、母親からすると間違っていたのかなって思ってしまいます。

 

あと、雪衣。あんな言い方してどうしたいのかな。安子が出ていったからと言っても、勇は雪衣とは結婚にならん。

残念ながら、勇は雪衣のことが好きじゃないから、どうしようもないんやと思います。雪衣からすると、勇が安子の思っているところを見るのが嫌なのかな。

 

なんか、そんな気がしました。結局、勇と安子がくっつかない限り、誰も幸せになれない関係なんですよね。

算太⇒雪衣⇒勇⇒安子のことを想っているので、難しい。安子が勇を好きにならない限り、この関係は難しいんですよね。

 

でも、安子はロバートのことが好きになりそうな予感する。勇は、絶対にないんだと思います。るいのことを想ったら、勇と結婚が一番いいんですけどね・・・。

安子は、英語教室のテキスト作りに喜んでいますが、周囲は着々と動いています。雪衣が波乱を呼ぶのかな。カムカムエブリバディ第34話の感想はここまで。カムカムエブリバディ第35話の感想につづく。


あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ第35話のあらすじ
カムカムエブリバディ第7週のネタバレ,あらすじ
カムカムエブリバディ公式ブックあコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。