カムカムエヴリバディ第6週ネタバレ,あらすじ「1948」

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第6週のネタバレ,あらすじを吹き出し形式、会話方式でお伝えしています。

カムカムエブリバディ第5週のあらすじで、雉真に居場所のなかった安子(上白石萌音)はるいと一緒に大阪に移り住んでいました。しかし、岡山に戻ってきました。

 

カムカムエブリバディ第6週のネタバレ,あらすじは安子とるいが岡山に戻ってくるところからはじまります。範囲でお伝えしていきます。カムカムエブリバディ第6週のタイトルは「1948」です。

カムカムエヴリバディネタバレ,あらすじ6週

ここからは、カムカムエブリバディ第6週のネタバレ,あらすじを吹き出し、会話形式で1話ごとにお伝えしていきます。

26話(12月6日)「岡山」

安子はるいを連れて雉真家に戻ってきました。美都里(YOU)も孫の顔に喜びます。

美都里
よう帰ってきてくれたねえ。

美都里は2人の帰りを受け入れてくれました。

 

そして、雉真家では女中・雪衣(岡田結実)も加わり千吉(段田安則)と美都里(YOU)、勇(村上虹郎)との新しい生活がスタートしました。

大阪で、苦労した日々から自由に暮らせるようになります。しかし、安子は大阪での暮らしを恋しく思うようになっていました。

 

自由に暮らせることに物足りなさを感じるようになっていたのです。

27話(12月7日)「水田屋とうふ」

大阪で仕事中にるいが負った額の怪我の治療費を稼ぐため安子は再びおはぎを売ろうと考えます。

きぬ
それなら、ウチで売りい。

安子は、親友のきぬ(小野花梨)の豆腐屋のスペースを借りて、おはぎを売ることになりました。

その日から、安子は連日、水田屋とうふに通うようになります。もちろん、るいも一緒についてきました。

 

しかし、そのことを知った千吉(段田安則)がそれを辞めるように注意します。るいを連れていって、また危険な目にあってはいけないと思ったからです。

それでも、安子はどうしてもおはぎを売りたかったので、るいを女中の雪衣(岡田結実)に託して水田屋とうふでおはぎを売るのでした。

28話(12月8日)「はじめての英会話」

ある日、商店街を歩いていると英語が聞こえてきました。話しかけられている女性は、言葉がまったくわからず、アメリカ人の将校に対してただただ謝っていました。

 

そのため、アメリカ人の将校も言葉が通じないので困り果てている様子でした。そこで、安子は思い切って話かけてみました。

安子
May I help you?

安子は、生まれて初めて生きた英語で外国人と話をしました。将校の人は、道に迷っていて行先を訪ねたかったのでした。

安子のおかげで、アメリカ人将校の人は行先にたどり着くことができました。

29話(12月9日)「きよしこの夜」

安子は、先日会ったアメリカ人将校と偶然再会しました。その日は12月25日です。

ロバート
私はロバート・ローズウッドです。アメリカ軍で中尉しています。

ロバートは、日本語を大学で学んでいるが慌てるとうまく話せなくなってしまいます。そして、ロバートはなぜ安子があんなに英語が上手なのか知りたいという。

安子
いえいえ、私はまだまだで・・・

すると、ロバートは安子を将校が集まるクラブ活動に案内しました。その日は、クリスマスです。そこで、「Silent Night」(きよしこの夜)の歌を聞きます。

安子は、シンガーが歌うその歌に引き込まれていきました。

30話(12月10日)「続ければ」

駐在していたアメリカ軍が岡山から撤退することが決まりました。そのため、ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)は安子に会って言います。

ロバート
英語の勉強、これからも続けてください。英語の勉強をずっと続ければ、あなたをきっと思いもよらない場所に連れていってくれます。
安子
うん。うん。

安子は、長かった戦争が本当に終わったことをうなずきながら実感したのでした。どこの国でも、往来できるようになる。そんな日がやってくることを安子は感じ取っていました。

カムカムエブリバディの第6週のネタバレ,あらすじはここまで。カムカムエブリバディの第7週以降のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

カムカムエヴリバディ第7週ネタバレ,あらすじ
カムカムエブリバディ公式ブックあコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です