カムカムエヴリバディ第49話(動画有)あらすじ「レコード」感想

このページは、NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)」第49話のネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話方式でお送りしています。

朝ドラの動画は、YouTubeなどをご紹介していましたが、違法アップロードなのですぐ消えます。また、ウイルスが入ったとの報告があったので、現在は安全なコチラを紹介しています。

カムカムエブリバディ49話見逃し配信はコチラ

カムカムエヴリバディ第49話あらすじ

カムカムエブリバディ第48話のあらすじで、るいは、ジョー(オダギリジョー)に母・安子(上白石萌音)と母へ捨てられたことを打ち明けました。

カムカムエブリバディ第49話のあらすじは、るいがレコードを購入するところからはじまります。カムカムエブリバディ第49話のタイトルは「レコード」です。

 

るいは、母・安子(上白石萌音)との過去を受け入れ、前を向いていくことを決めたので、レコードを買うことを決意します。

レコード屋にいって、るいは「On the sunny side of the street」を探します。

るい
確か、この辺りやったな。あった。

そういって、るいは「On the sunny side of the street」のレコードを買いました。

るい
レコードプレーヤーも買わんといけん。あった。これじゃ。うわ~。高け~。

るいは、レコードを買ったものの曲を聞くことができませんでした。それは、レコードを聴くためのプレーヤーが高額で、るいにはとても買えないものだったからです。

るいが困っているところに、ジョーが偶然やってきました。ジョーは、るいをジャズ喫茶「ナイト&デイ」に連れていきます。

 

幼いころに安子と聞いたルイ・アームストロングの歌声にるいは、涙を浮かべます。それから、仕事で再び、錠一郎の部屋に行きます。

るい
レどうぞ。
ジョー
これ。
るい
ありがとうございます。

そういって渡されたのは、ジャズの本でした。るいは、部屋でその本を読みます。

 

翌日、るいが仕事をしていると、そこに、西山(笑福亭笑瓶)がやってきます。

西山太
またも出てきた西山さん。るいちゃん。
るい
あいよ。
西山太
るいちゃんも、すっかり大阪人やな。貼ってくで。今度のは、すごいで。

その頃ベリー(市川実日子)は、ジョーを映画に誘いますが断れます。

ベリー
若大将シリーズの第4弾やで。ジョー、一緒に行かへん?
ジョー
トミーと行ったら?大学生の青春、僕はようわからんから。
ベリー
わからんから行くんやんか?なっ行こう。
ジョー
ごめん。また、セッション見に来て。

ジョーが部屋に帰った後に、支配人・小暮(近藤芳正)に言われます。

小暮
ベリーちゃん。押しが強すぎるんとちゃう?もっとこう、控えめな態度とってみるとかやな。
ベリー
そういう女、一番嫌い。私は、興味ありません。欲しい思ってません。そんな女に限って、気がついたら全部手に入れてるねん。
小暮
そうなん?
ベリー
そうえ。絶対、そうえ~。

そんな話をしているところに、るいが仕事でやってきます。

るい
こんにちは。ベリーさんもこんにちは。
小暮
なんか飲む?
るい
いえ、けっこうです。
小暮
そない言わんと。新しい紅茶仕入れたんよ。
るい
まだ、配達・・・
ベリー
それ~。それや、それや。その態度や。いえ、けっこうです。そない言うたら、相手がもういっぺんくるいうのがわかってるのや。控えめの皮をかぶった強欲のかたまりや。けどな、そんなしたたかな女に、私は負けへん。じっと待っとる暇なんか私にはないねん。

そういって、ベリーはいなくなります。

るい
なんの話でしょうか?
小暮
気にせんとき。ごめんな。悪い子じゃないねんけど。
るい
はい。わかっています。

その後、るいは二階のジョーのところにも配達に行きます。

るい
こんにちは。お洗濯物持ってきました。
ジョー
ありがとう。そこに置いておいて。こないだのジャズジャーナルどうやった。
るい
あの記事読みました。トランぺッターの日野てるまささんの。音楽は、いいですね。言葉がなくても、どこの国でも通じるから。
ジョー
今更?それがサッチモちゃんの名前の由来でしょ。
るい
それは?
ジョー
昨日思いついたフレーズ。吹いてみる?
るい
いえ、私は・・・
ジョー
はい。左手は、ここしっかり持って。小指ここかけて。しっかり支えて。唇にあてて

るいと錠一郎の2人の顔が接近したところ・・・

るい
配達行かんと。失礼します。

そういって、るいは走って帰りました。そして、るいは家で鏡の前にいました。思い出していたのは、額の傷です。カムカムエブリバディ第49話のあらすじはここまで。カムカムエブリバディ第50話のあらすじにつづく



カムカムエヴリバディ第49話感想

カムカムエブリバディ第49話のあらすじは、るいと錠一郎の関係がこれまで以上に接近するというストーリーでした。

見ていて、ちょっとベリーが可哀想になるぐらい2人はお似合いのカップルですね。仕事も慣れてきて、恋もしてる。

 

なんか、るいは充実してきたなあって思います。ただ、最後のシーン。どうしても額の傷が気になるんでしょうね。

片桐の時に、それがきっかけでうまくいかなかったので、余計にトラウマになっているのかなって思います。

 

お母さんとのこともあるし、あの傷は、るいを苦しめますね。でも、ジョーは傷なんか気にしない可能性もあります。

なので、なんとか額の傷のコンプレックスを克服してほしいなって思います。しかし、るいとベリーは対照的ですね。

 

ドラマだけでなく、一般の世界でもベリーぐらいぐいぐい行くと引いてしまいそうな気がします。多少、押しが強いぐらいがいいのはわかりますが。

ベリーは、ちょっと強引すぎるかなって。るいは、ぶりっ子しているわけでないけど、ベリーからするとぶりっ子に見えるんでしょうね。

 

このあたりは、和子(濱田マリ)が言うように、可愛らしいって部分だと思います。カムカムエブリバディ第49話の感想はここまで。カムカムエブリバディ第50話の感想につづく



あなたにおススメのページ

カムカムエブリバディ第50話のあらすじ
カムカムエブリバディ公式ブックあコチラ
カムカムエヴリバディネタバレ,キャスト総まとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。